CONTRIBUTOR

Erin Hale

I cover the internet in Southeast Asia.

I write about Cambodia for international news outlets, but like all young journalists I started out on the social media desk. I want to see what online trends, particularly in politics and dissent, will happen next in Southeast Asia.

  • インスタグラム大国「マレーシア」 ネット人口の7割が利用中

    東南アジアで人気のSNSといえばフェイスブックだったが、2016年にはインスタグラムが大きく追い上げた。インスタグラムの世界の月間アクティブユーザーは6億人に達しているが、増加したユーザーの大部分を東南アジアの人々が占めている。調査会社Kantar TNSのレポートによると、フィリピンでは2015年 ...

  • ドゥテルテ大統領の暴言で振り返る2016年 「売春婦の息子」を連発

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領の奔放な言動は、今年6月30日の就任から各国のニュースを騒がしてきた。前ダバオ市長の彼は選挙遊説で、麻薬取引と麻薬使用者を撲滅すると宣言し、超法規的措置も厭わない姿勢を見せた。その公約は人権団体を恐怖に陥れたが、数百万人のフィリピン人は彼を支持し、大統領に選出し ...

  • タイの「トンデモ国王」即位 ネットの言論規制もさらに強化か

    タイ議会は12月1日、ワチラロンコン皇太子の王位継承を承認した。プミポン前国王の逝去後1か月、ようやく空白の王位が埋まることになる。プミポン前国王はタイ国民の深い敬愛を集めてきたが、新国王には様々な評判がある。特に広く知られているのが、2009年に王室パーティーで当時3人目の妻を、大勢の前で裸にした ...

  • ドゥテルテ大統領がまたもや暴言 英国記者を会見で罵倒

    一時は暴言を封印したと伝えられたフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が、またもや記者会見の席上で騒動を起こした。11月23日の会見でドゥテルテは英国「チャンネル4」のニュース記者、ジョナサン・ミラーを口汚く罵った。ドゥテルテはフィリピンで蔓延するドラッグの密売に対し、超法規的取り締まりを進め、これ ...

  • 「殺人ピエロ」がアジアに拡大 シンガポールの19歳、警察に連行

    シンガポールでデザインを学ぶ19歳の学生、ジョエル・ウォンはハロウィンの悪ふざけが原因で、警察のお世話になった。ハロウィンを控えたある日、ウォンは殺人ピエロのコスチュームで街に出かけ、動画を撮影した。その結果、6時間に渡り警察から尋問を受けることになったのだ。ピエロに扮した人物が人々を恐怖に陥れる映 ...