CONTRIBUTOR

平本 督太郎

金沢工業大学専任講師。一般社団法人BoP Global Network Japan代表理事。

慶応義塾大学環境情報学部卒。同大学大学院政策メディア研究科修士課程、メディアデザイン研究科博士課程修了。野村総合研究所入社、2016年度末まで経営コンサルタントとして、貧困等のグローバルイシューを解決するビジネスであるBoPビジネスやアフリカビジネス推進支援、経営改革支援全般に従事。BoP Global Network 日本代表、BoP Global Network Japan創設者兼代表。2008年より宮城大学事業構想学部非常勤講師、2012年より明治大学経営学部特別招聘教授(3年間)。2016年より現職。著書に「BoPビジネス3.0」(英治出版)など。

  • 環境保全と経済成長が両立、フロムファーイーストのビジネスモデル

    前回に続き、今回もBoPビジネス3.0の萌芽事例である日本企業を紹介する。今回紹介するのは、大阪に本社を構えるフロムファーイーストという会社である。フロムファーイーストは、2003年に設立されたベンチャー企業。「美容室向け/一般向け美容商品の製造販売」を事業として推進しており、オーガニックココナッツ ...

  • 「静脈産業」パイオニア、会宝産業の挑戦

    前回紹介したBoPビジネス3.0は、世界においても事例数が限られており、これからその増加が望まれるビジネスモデルである。しかし、すでに日本企業でもその萌芽事例ともいえるビジネスを展開している企業がある。そのうちの一社が、金沢に本社を構える会宝産業だ。会宝産業は、日本を代表する自動車リサイクル企業。テ ...

  • 日本におけるBoPビジネスのブームと現状、BoP1.0からBoP3.0へ

    BoPビジネス。2009~2011年ころ、日本各地で関連するイベントがおこなわれるとともに、TVや新聞等、多くのメディアにおいて、新興国における新たなビジネスチャンスとして取り扱われていたため、名前くらいは聞いたことがあるのではないだろうか。BoPとは、Base of the Pyramidの略称で ...