CONTRIBUTOR

Arlene Weintraub

I cover the science and business behind drug development and health.

I am a science journalist and author who specializes in covering healthcare, pharmaceuticals and biotechnology. I am the author of Heal: The Vital Role of Dogs in the Search for Cancer Cures (ECW Press 2015) and Selling the Fountain of Youth (Basic Books 2010). My freelance pieces have been published in the New York Times, US News & World Report, More, New Scientist, Entrepreneur.com and other media outlets, and I’m the editor of FierceAnimalHealth. I was previously a senior health writer based out of the New York City headquarters of BusinessWeek, where I wrote hundreds of articles that explored both the science and business of health. Read more about me, Heal and Fountain of Youth at arleneweintraub.com.

  • 医療AIの課題 バイアスのないアルゴリズムはつくれるか?

    人工知能(AI)は病院やヘルスケア団体に活用され始めている。CTスキャンの解析から、どの患者が治療中に最も衰弱しやすいかを予測することまで、AI技術はあらゆることに使われているのだ。アルゴリズムを走らせるための情報源は電子カルテだ。これらのアルゴリズムは、医師が腫瘍の変異具合をもとに最適ながん治療を ...

  • 「タバコの葉」でつくるインフルワクチン、2020年発売目指す

    米国で過去最多の感染者を記録したインフルエンザシーズンが到来する前の2017年9月、カナダのバイオテクノロジー企業「メディカゴ(Medicago)」は、タバコを使ってつくるインフルエンザワクチンについて、臨床試験の第3段階目を始めたところだった。彼らは、その珍しい製造手法によってつくられたワクチンが ...

  • マイクロソフト創業者2人が認知症研究に私財を投じる理由

    米マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツは11月13日、認知症研究基金(Dementia Discovery Fund)に私財5000万ドル(約56億8000万円)を投資する考えを明らかにした。2年前に設立された同基金は、アルツハイマー型認知症や、加齢に伴い発症するその他の病気の治療法の開 ...

  • 選挙でトランプ支持した米医師、多くがオバマケア撤廃に「反対」

    昨年行われた米国の大統領選でドナルド・トランプ候補(当時)に投票した医師のうち、同国の「医療費負担適正化法(Affordable Care Act、ACA)」、いわゆる「オバマケア」の全面撤廃に賛成する人は37.9%にとどまることが分かった。この結果は、米ジョンズ・ホプキンス大学医学部が実施した調査 ...

  • 増えるがんサバイバーの「高齢化と併存症」、米が直面する新たな課題

    革新的ながん研究の支援を目的とする慈善プログラム「The Stand Up to Cancer(SU2C、スタンド・アップ・トゥ・カンサー)」は8年前の立ち上げからこれまでに、3億7,000万ドル(約376億5,140万円)を複数のがん研究プロジェクトに提供してきた。がん研究がこうした団体による資金 ...

  • 氷バケツ運動で「難病研究に大成果」は誤報 科学報道の課題浮き彫りに

    「アイス・バケツ・チャレンジ」がソーシャルメディアで大流行してから2年。この運動は、難病である筋萎縮性側索硬化症(ALS)の新治療法発見に向けた研究に1億ドル(約100億円)以上の寄付をもたらした。メディア各社は先月、この寄付金が「ブレークスルー(突破口)」となる発見につながったと報じた。この情報の ...