FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • ウーバー、自動運転「停止命令」に反発 赤信号無視も問題化

    サンフランシスコで自動運転車の公道テストを開始したウーバーは、カリフォルニア州運輸局(Department of Motor Vehicles、 以下DMV)からの中止要請を無視してテストを続行する意向を表明した。自動運転車の公道テストを行うためには、DMVから許可を得た上で150ドルの費用を支払う ...

  • アップル、自動運転のカギを握る「業界歴30年」の元GM社員

    自動車メーカーやテクノロジー企業が自動運転車の開発にしのぎを削る中、アップルに関しては、その取組みが依然としてベールに包まれている。しかし、アップルが国家道路交通安全局(NHTSA)に提出した書簡によって、自動車メーカーのビッグスリー の元幹部で、業界キャリアが30年に及ぶベテランが同社の自動運車開 ...

  • アップル「自動運転」報道の謎 マクラーレン買収説は消滅か

    自動運転車の開発ガイドラインに関し、アップルが当局に書簡を送ったことが明らかになった。これにより「アップルが自動運転車開発に意欲を見せた」と喜ぶ声もあるが、実際は何一つ、具体的な進展が見えないのが現実だ。CEOのティム・クックが言う“クリスマス・イブ”状態が続いているだけだ。 ...

  • フォルクスワーゲンがウーバーに対抗 ベルリンに新会社Moia

    フォルクスワーゲンはドイツ・ベルリンにモビリティサービス企業のMoia社を設立。ライドシェア事業に参入し、2025年までにこの分野で世界有数の企業に成長させると宣言した。同社のアナウンスはGMやフォードらがウーバーに対抗し、相次いで競合ビジネスの立ち上げを宣言した流れに続くもの。Moiaは「来年1月 ...

  • 自動運転フル稼働に必須の「レベル5」までの遠い道のり

    自動運転車の開発にあたるメーカー各社は、これまでに巨額の投資を行い、地球規模のパートナーシップを締結してきた。グーグル、Drive.ai、フォード、ゼネラルモーターズ、トヨタ、NuTonomy、バイドゥ、デルファイは、合計で何百万マイルものテスト走行を実施している。最先端テクノロジーを用いれば、数か ...

  • トヨタ社長「142億キロの試験走行」で自動運転実現を宣言

    トヨタは、他の多くの自動車メーカーと同様に交通事故の削減を目指して自動運転車の開発を進めている。自動運転車の実現には、さらなる技術革新が必要だ。「自動運転システムの信頼性を担保するためには、かなりの量の公道走行やバーチャルなテストを実施しなければならない」とトヨタの豊田章男社長は10月1日のパリモー ...

  • テスラ追撃狙う「ファラデー」 韓国LGからバッテリー調達

    米ロサンゼルスに本拠を置くEVメーカー、ファラデー・フューチャーは韓国LG化学とリチウムイオンバッテリーの供給に関し、提携を結んだ。声明で両社は「業界最高レベルの高エネルギー密度バッテリーの開発を進める」と述べた。イーロン・マスク率いるテスラのライバルとも言われるファラデー社は、中国のオンライン動画 ...

  • テスラ、出荷台数で最高記録 「黒字化達成」へ期待高まる

    テスラは10月2日、今年第3四半期の出荷台数を発表。同社の7~9月期の出荷台数が四半期あたり過去最高の2万4,500台に達し、前年同期から2倍以上の伸びとなったと発表した。5月の死亡事故の発生以来、苦難が相次いだ同社に明るい光が差した形だ。第3四半期にテスラは約1万5,800台のセダン「モデルS」と ...

  • 自動運転「エンジニア育成学校」が開設 卒業後はベンツに勤務の道も

    かつてグーグルで自動運転車の開発責任者を務めたセバスチャン・スランは、メルセデス・ベンツやNvidiaらと連携し、自動運転向けテクノロジーを開発するエンジニアの育成を開始した。スランがグーグルを退職後、2012年に立ち上げたオンライン教育プラットフォームUdacityは、自動運転関連テクノロジーの習 ...

  • 米フォードがカーシェア事業を強化 乗り合いバス企業を買収

    モビリティの未来を見据える自動車メーカー、米フォードは乗り合いシャトルバスやバイクシェアサービスのスタートアップ企業を買収する動きを見せている。フォードは子会社のフォード・スマート・モビリティを通じ、サンフランシスコを手始めに、今後18ヶ月間で全米5都市にモビリティの新サービスを拡大していく。9月9 ...

  • 米Nvidia、自動運転車開発で中国バイドゥと提携 AI学習を強化

    自動運転車分野への進出を狙うグラフィックチップメーカー米Nvidiaが、中国のバイドゥと提携し、AIを利用した自動運転車向けのマッピングシステムを開発する。Nvidia のジェンスン・ファンCEOは北京で行われたバイドゥ世界大会(Baidu World Conference)で、同社が開発した自動運 ...

  • アウディ、自動運転分野で大きくリード 「信号の待ち時間」を運転者に通知

    ドイツの高級車メーカー「アウディ」は、車両が信号機と通信してドライバーに赤信号が青に変わるまでの時間を通知するサービスを米国でスタートする。フォルクスワーゲン傘下のアウディオブアメリカ(Audi of America)によると、新技術が搭載されるのは、クロスオーバーSUVの「Q7」、「A4」、「A4 ...

  • グーグルの自動運転「責任者辞任」の舞台裏 商用化は進むのか 

    グーグルの自動運転車プロジェクトで最高技術責任者(CTO)を長年務めたクリス・アームソンが退任することが明らかになり、経営陣との確執が原因ではないかと憶測を呼んでいる。自動運転車の開発はグーグルの親会社、アルファベットの先端技術開発部門である「X」(旧「Google X」)が進めているプロジェクトの ...

  • アップルが取得した「謎」の自動車特許は連結式バス?

    アップルCEOのティム・クックが自動車ビジネスへの参入をほのめかし、アップルカーに関して様々な憶測が飛び交う中、同社が車両に関する特許を初めて取得したことが明らかになった。しかし、その内容は一部で噂されたような近未来的なデザインとは程遠いものだった。このニュースを最初に報じたのはアップル製品の特許情 ...

  • 長距離トラックを自動運転化するOtto社 元グーグル社員2名が起業

    自動運転カーの開発に取り組むグーグルは、自動車メーカーやテック企業との競争で火花を散らしている。しかし2020年の実用化というグーグルのタイムテーブルは、同社の元エンジニア2人にとって、遅すぎるものだった。グーグルマップの元製品責任者リオー・ロンと、グーグルの自動運転車部門の元技術責任者アンソニー・ ...

  • ハイパーループ・ワン、初の工場設立 2017年のプロトタイプ完成目指す

    イーロン・マスクが発案した次世代型超高速交通機関を実現するために設立された「ハイパーループ・ワン(Hyperloop One)」が、ラスベガスに初めての工場「ハイパーループ・ワン・メタルワークス」を設立した。2017年に完成予定のプロトタイプ“Devloop”で使用する金属製 ...