FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • 元ウーバー幹部が「AI宗教」を設立 税金対策との見方も

    グーグルから自動運転関連の機密資料を盗み出した容疑で告発された元ウーバー幹部、アンソニー・レバンドウスキーが、新興宗教団体を設立していたことが明らかになった。「Way of the Future(未来の道)」と呼ばれるこの団体は、人工知能(AI)が作り出す神を崇拝し、社会の発展に貢献することを目的に ...

  • トヨタが自動運転で提携のスタートアップ「Luminar」を率いる22歳

    現在22歳のオースティン・ラッセルが立ち上げたLiDARメーカーの「Luminar Technologies(以下、Luminar)」はトヨタの研究部門と提携し、自動運転テクノロジーの開発を行っている。Luminarはシリコンバレーのポートラバレーに拠点を構え、トヨタ・リサーチ・インスティチュート( ...

  • アジア版ウーバーが自動運転に大型出資、シンガポールで導入へ

    Drive.aiはシリコンバレーで2年前に設立された若い企業ながら、自動運転分野の最注目企業の一つとなった。同社は9月7日に配車サービス大手の米リフトと提携を発表した。そのDrive.aiがアジアでウーバーの最大の競合とされるGrabタクシーと提携し、自動運転テクノロジーをシンガポールに投入する。D ...

  • グーグルは「1200億円以上」を自動運転に投資 裁判資料で判明

    アルファベット傘下の「ウェイモ(Waymo)」が自動運転技術の盗用でウーバーを提訴している裁判で、新たな事実が浮き彫りになった。テクノロジーサイト「IEEE Spectrum」が裁判資料を詳細に調べた結果、ウェイモのシニア・フィナンシャルアナリスト、Shawn Bananzadehの証言記録が見つか ...

  • テスラが待望のEV大型トラック発表へ 「驚異的性能」とマスク

    テスラはEV(電気自動車)のラインナップに新たにトラックを加えることを明らかにした。イーロン・マスクがかねてより言及していたことがいよいよ現実のものとなる。マスクは9月13日、テスラにとってこれまでで最大にして最高額のEVとなるセミトレーラー・トラックを、来月ロサンゼルス郊外で披露するとツイートした ...

  • 自動運転の未来を担う「ベロダイン」 テスラ社員らを引き抜き

    自動運転車向けセンサー「LiDAR」のトップメーカーであるベロダインは、2018年から年間100万台のLiDARを生産する予定だ。大量生産に対応する「メガファクトリー」の稼働に備え、同社は業界のベテラン2名を採用した。一人は、元ヒュンダイモーターアメリカのMircea Graduで、品質管理担当のシ ...

  • イスラエルのLiDARメーカー「イノヴィズ」 70億円を資金調達

    イスラエルのスタートアップ企業「イノヴィズ・テクノロジーズ(Innoviz Technologies)」は6500万ドル(約70億円)の資金調達を行ったと発表した。出資元は世界トップレベルの自動車部品メーカーであるデルファイとマグナの2社だ。イノヴィズは今回の調達資金により、自動運転車向けの低コスト ...

  • 中国テンセントらが100億円出資の「空飛ぶタクシー」Liliumの野望

    ドイツのスタートアップ企業「Lilium Aviation」は世界初の、垂直離着陸が可能な小型電動飛行機のテスト飛行を成功させた。Liliumが生み出した飛行機はヘリコプターよりも小型で騒音の少ない “空飛ぶタクシー”的サービスの実現を目指している。Liliumは今年4月、ド ...

  • フォードの「次世代モビリティ」戦略 デリバリーにも進出へ

    今から1年前、フォードは自動運転車による配車サービスを2021年までに開始すると宣言した。5月に新CEOに就任したジム・ハケットはさらに野心的な目標を掲げ、オンデマンドのデリバリーサービスも立ち上げ、モビリティ事業の早期収益化を目指す考えを表明した。「我々は新事業の立ち上げに際し、人とモノの両方を運 ...

  • GMが狙うシリコンバレーの頭脳 現役幹部が語る才能発掘の舞台裏

    8月の初め、マウンテンビューで開催された「500 Startups」主催のピッチコンテストに、GMのエンジニアリング部門の幹部が数人参加した。彼らの目的は、有望なスタートアップを発掘して育成することだ。GMは昨年末から500 Startupsの「Demo Day」のスポンサーになっている。同社は他の ...

  • イーロン・マスク、ツイッターで「躁うつ」を告白 業界に波紋

    イーロン・マスクはドナルド・トランプと同様に、現在の心境をツイッターで赤裸々に語ることで有名だ。そのマスクが7月30日朝にツイッター上に投稿した内容が、関係者らの間に波紋を広げている。ツイートでマスクは自身が「躁うつ的な気質を持っている」と告白したのだ。テスラの新型セダン、モデル3の納品は7月28日 ...

  • 元テスラ社員が創業の「電気バス」プロテラ 新工場で増産体制

    ドナルド・トランプは今年6月、地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」からの離脱を宣言したが、カリフォルニア州では現在もなお、CO2の排出削減に向けた動きが続いている。カリフォルニア州本拠の電気バスメーカー、プロテラは排気ガスを全く出さない電気バス「Catalyst」を製造する。同社は先日、ロサンゼ ...

  • ハイパーループ「NYで承認」 イーロン・マスクが謎のツイート

    イーロン・マスクは7月20日朝、ツイッターでワシントンDCとニューヨークをわずか29分間でつなぐハイパーループ計画が「政府からの承認を得た」と発言した。マスクのツイートによると、地下空間を高速で移動するハイパーループは、フィラデルフィアやボルチモア等の都市にも駅を設置するという。この交通システムはボ ...

  • バイドゥ、自動運転でマイクロソフトと提携 「世界50社連合」強化

    中国バイドゥ(百度)は今年4月に自動運転関連のソフトウェア開発をオープンソース化する「アポロ」プロジェクトを始動した。その後、7月5日にはドイツの自動車部品メーカーのボッシュやコンチネンタルやZFらも参加。半導体メーカーのエヌビディア(Nvidia)やLiDARメーカーのベロダイン(Velodyne ...

  • テスラ、21世紀フォックスCEOらを新取締役に任命

    テスラは取締役会に新たに2名を迎え入れた。出版社のジョンソン・パブリッシング(JPC)のトップを務めるリンダ・ジョンソン・ライスと21世紀フォックスCEOのジェームズ・マードックらが役員に加わる。テスラにはここ一年、役員会メンバーの多様性を欠いているとの批判を受けており、著名な黒人女性エグゼクティブ ...

  • シンガポールの自動運転企業nuTonomyが語る「ローカライズ」という課題

    自動運転テクノロジーの分野ではグーグル傘下のWaymoやウーバーらが激戦を開始している。しかし、この2社が米国市場で覇権争いを行っている最中に、シンガポールで急浮上したのがnuTonomyという企業だ。nuTonomyは米国のボストンでウーバーの競合のLyftやフランスのプジョーと、テストプログラム ...

  • トヨタがシリコンバレーにVC設立 1億ドルで自動運転を加速

    トヨタは7月11日、米シリコンバレーにスタートアップ育成に特化したファンド「トヨタAIベンチャーズ」を設立すると宣言した。手始めに1億ドルの資金をスタートアップ育成に投入していく。初回の投資先はイスラエル本拠のIntuition Robotics、英国のSlamCore、シリコンバレーのNautoと ...

  • バイドゥが自動運転「50社連合」始動 NVIDIAやボッシュも参加

    中国バイドゥ(百度)は今年4月に自動運転関連のソフトウェア開発をオープンソース化する「アポロ」プロジェクトを始動した。そして今回、そのアポロに十数社に及ぶ中国企業と海外の自動車部品メーカーやテック系企業が参加すすることが分かった。この発表は7月5日、北京で開催されたバイドゥ主催のAI開発者会議「Ba ...

  • スタンフォード大学発の自動運転企業「Drive.ai」 海外展開を始動

    自動運転技術の開発競争が激化する中、カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くDrive.aiが、シリーズBラウンドで5000万ドル(約56億円)を調達したことを明らかにした。今回の調達を機に、著名なAI研究者であるAndrew Ngが同社の取締役に就任する。Drive.aiの共同創業者兼CEOの ...

  • 米国で期待の「電気バス」プロテラ 200億円を資金調達

    電気バスメーカーのプロテラは6月13日、5500万ドル(約61億円)のシリーズ6資金調達を実施したと発表した。元テスラ社員のライアン・ポップルが率いる同社は、今年1月にも1億4000万ドル(約154億円)のシリーズ5調達を果たしたばかりだった。今年に入ってからの資金調達額は合計で200億円以上に達す ...