CONTRIBUTOR

CJ Arlotta

I cover end-of-life care and dabble in the culture of medicine.

I cover all aspects of end-of-life care and dabble in the culture of medicine for Forbes. I’ve also worked in politics at both the state and local level. If you're looking for someone new to stalk on Twitter, feel free to follow me @cjarlotta.

  • 電子たばこが体に及ぼす影響 医師たちの見解は

    電子たばこが使用者にどのような影響を及ぼすのかが、まだ分からないという人もいるだろう。医師たちの元には、患者から電子たばこについての質問が数多く寄せられている。そして新たな研究によれば、それに対する回答は医師によって大きく異なる。スタンフォード大学医科大学院の研究チームの調査で、2011年7月から2 ...

  • 痛み緩和にはカイロプラティックも有効、鎮痛剤以外の選択肢を呼びかけ

    米国ではオピオイド系鎮痛薬の乱用が問題となっており、政府当局が対処を試みている。こうしたなか、処方薬以外での対応を推奨する団体は、代替手段による痛みの管理を訴えるキャンペーンを行っている。米国カイロプラクティック協会(ACA)のメンバーのロバート・ヘイデン博士は、次のように語る。「オピオイド系鎮痛薬 ...

  • 大麻の長期使用で「脳が報酬に反応しにくくなる」、米研究結果

    米国医学会雑誌(JAMA Psychiatry)に発表された新たな研究報告によれば、娯楽目的の大麻を長期間使用すると、金銭的見返りなど報酬に対する脳の反応が損なわれる可能性がある。ミシガン大学の研究チームが実施したこの研究では、20代前半の108人の分析を行った。研究に参加したこれらの人々の75%は ...

  • フロリダ州、規制によりオピオイド鎮痛薬の処方傾向に変化

    フロリダ州では、オピオイド鎮痛薬の処方数を制限するためにつくられた法律が、同州の処方傾向に影響を及ぼしているようだ。医学雑誌Drug and Alcohol Dependenceに掲載された新たな研究報告によれば、2011年に同州でこれらの法律が施行されて以降、「高リスク処方者」(つまり最もオピオイ ...

  • プリンスは依存症患者たちを救えるか──その死から学べること

    オピオイド系鎮痛剤の乱用が年々増加するなか、残念ながら米国では人気ミュージシャン、プリンスと同じ原因で死亡することがまったく珍しいものではなくなっている。多くの家族や友人たちは愛する人を失った悲しみに加え、鎮痛剤への依存症を不名誉な事と決めつける人たちから不当な扱いを受けてきた。プリンスの死から私た ...

  • 鎮痛薬「プレガバリン」の服用で、先天異常の発生率上昇の可能性

    痛みや不安を軽減する目的で一般的に処方されている薬が、新生児の先天異常につながる可能性があるという。これは、米国神経学会の機関誌「Neurology」で発表された研究報告が指摘したものだ。同研究では、妊娠中に神経や筋肉の痛みを治療するのに使われる薬プレガバリン(商品名リリカ)を使用することでもたらさ ...