CONTRIBUTOR

Coco Feng

I write about entrepreneurship in China's booming tech industry.

I am a journalist in Hong Kong and Beijing who has been tracking the tech industry in China for years. I enjoy talking with young entrepreneurs, whose experiences and challenges have shown the ups and downs of the whole industry. My stories have also appeared in the SCMP, FT Chinese, The Huffington Post, and Quartz. I have a masters degree in journalism from The University of Hong Kong.

  • ドローンで出前を実現 食品デリバリー「フードパンダ」の野望

    あと数か月もすれば、あなたが注文した料理が交通渋滞のせいで遅れることは無くなるかもしれない。なぜならドローンでの出前が現実のものになるからだ。世界最大の食品宅配サイト「フードパンダ(Foodpanda)」CEOのラルフ・ウェンツェルは、「ドローン配達の技術的な課題は数ヶ月には解決される見通しだ」と語 ...

  • 中国の「アダルトグッズ王」46歳が歩んだ道のり 

    ウー・ジェンワンは1994年、中国南東部の温州市でアダルトグッズショップをオープンした。現地の人達はそこで初めてバイブレーターやダッチワイフを目にしたはずだ。当時の中国は今より保守的で、中国人の初体験の平均年齢は米国より5歳遅い22.4歳だった。「この20年で中国人もセックスに対してだいぶオープンに ...

  • 中国製いびき防止ガジェット、39ドル アプリで睡眠記録も管理

    一見、Bluetoothイヤホンのように見えるこの製品は、実はイヤホンではない。これは、いびきに悩む人が耳に装着すると、いびきを検知した際、音や振動を発していびきを抑制する「いびき防止ガジェット」だ。「Snore Circle」というこの製品は、中国深圳市を本拠とするテクノロジーのスタートアップ、V ...

  • 「ラブホテル」ブームが中国で始動 市場規模は1.2兆円

    「カップルのムードや親密さに合わせて部屋の照明と温度を調整できるんだ」――中国最大のアダルトグッズのEコマースサイトを運営する、春水堂のリン・ドーガン(藺徳剛)CEOは、建設中のラブホテルについてそう述べた。中国で最初のアダルトグッズ販売サイトを立ち上げた同社は2002年に設立。以来、急成長を遂げ、 ...

  • 「水中ドローン」でダイバー気分 水深100メートルで撮影可能

    未来のドローンは空高く飛ぶだけではなく、水中を進むようになるだろう。中国のメーカーDeepfarは、水深100メートルまで潜ることができ、バッテリーが2時間持続する新製品「White Shark(ホワイトシャーク)」を発表した。このカテゴリの製品は従来、ROV(遠隔操作無人探査機)と呼ばれてきたが、 ...