CONTRIBUTOR

Jeena Cho

I cover mental health, mindfulness and work-life integration.

I am a recovering lawyer, public speaker and an author who specializes in covering how the mind can be trained for optimal performance in the workplace. I’m intensely curious about what makes people and teams resilient. I enjoy studying and writing about how a person can maintain her physical, emotional, and psychological well-being through practical, daily practices. I am the author of The Anxious Lawyer, An 8-Week Guide to a Joyful and Satisfying Law Practice Through Mindfulness and Meditation (Ankerwycke, 2016). I have been trained in Mindfulness Based Stress Reduction at El Camino Hospital, Compassion Cultivation Training at Stanford University, in addition to various workshops at Esalen Institute, and Insight Retreat Center. I frequently lead workshops on mindfulness, meditation, work-life integration, mental wellbeing and resiliency. Read more about me, at jeenacho.com.

  • 休暇中に感じるストレスを吹き飛ばす5つの簡単な方法

    年末年始の休暇中には、招かざる客が訪れることもある。ストレスや不安、気分の落ち込みなどだ。色々とストレスを感じることもある時期だが、それでも休暇中は「陽気に過ごしたい」「幸せを感じたい」など、前向きな気持ちでいたいと思うものだ。対策を講じるための、簡単な方法を紹介する。休暇中のストレス対策1. 呼吸 ...

  • ストレスを軽減する「マインドフルネス」、多くが実践する理由と効果とは

    私たちの非常に多くが、どうすることもできないほどの慢性的なストレスに直面している。例えば米国の弁護士の間では、アルコール依存症や薬物乱用に陥る人の割合が憂慮すべき水準に達しているという。また、不安神経症になる人が相当に多いことも分かっている。ストレス対処法や不安の解消方法としての「マインドフルネス( ...

  • うつ病、アルコール依存症に次いで3番目に多い精神障害SAD

    社会不安障害(SAD)を抱えて生きるのは大変だ。大半の人にとっては当たり前の社会交流がきっかけで強い不安を感じたり、自信を喪失したり、後ろ向きな思考回路に陥ってしまったりする。だが幸運なことに、SADは治療が可能だ。認知行動療法(CBT)の臨床心理学者で、不眠症と不安神経症が専門のスティーブ・オーマ ...

  • 適度の飲酒も健康に悪い? 過去の研究結果に疑問が浮上

    「少量の飲酒は健康に良いのか」という問題に関連してここ数年のうちに発表された研究結果の間には、あまりに大きな違いがある。一部の研究結果は、適度の飲酒をする人はまったく飲まない人に比べ、心臓疾患やアルツハイマー病などのリスクが少なく、寿命が延びる可能性があると指摘している。また、飲酒の習慣がない患者に ...

  • アリアナ・ハフィントンに学ぶ「睡眠の力」 習慣化ですべてが変わる?

    世界で最も影響力のある女性のひとり、アリアナ・ハフィントンは、私たち人間にとって根本的に重要なものであるにもかかわらず、軽んじられたり、見過ごされたりしていることをとても大切にしている──毎日の睡眠だ。彼女が睡眠の重要性に気付いたきっかけは何だったのだろうか。ニュースサイト「ハフィントン・ポスト」の ...

  • 「薬なしで痛みは減らせる」、整形外科医が勧めるマインドフルネスとは

    米食品医薬品局(FDA)は先ごろ、オピオイド系鎮痛剤の一部に新たな警告ラベルの貼付を義務付ける方針を発表した。米紙ニューヨーク・タイムズによると、「これらの鎮痛剤の過剰摂取による死者は、自動車事故による死者数を上回った」という。痛みの治療については医師も患者も同様に、より多くの人たちがホリスティック ...