CONTRIBUTOR

Julie Weed

I cover the legal marijuana industry and its entrepreneurs

Author of the best-selling All I Really Need to Know in Business I Learned at Microsoft. I now write about the marijuana industry and, yes, Weed is my real last name. I've written about 100 articles for The New York Times, as well as articles and cover stories for Inc. magazine, Entrepreneur, Fast Company and others. Check out my other articles at www.julieweed.net

  • 大麻起業家に銀行口座を、シカゴのバンカーが生んだ新サービス

    米国で大麻関連のビジネスを行う起業家が直面する難題の一つが、銀行口座を開けないことだ。州レベルで大麻が解禁されていても、連邦政府レベルでは大麻は違法状態にあるため、銀行に口座を持つことが出来ない。ワシントン州では今年10億ドルが大麻関連ビジネスで生み出されたが、その受け皿となる金融サービスはあまりに ...

  • 学問として「大麻」を教える米国の大学、各地で新コース開講

    新学期の始まりとともに、米国各地の大学で大麻について学ぶコースが開講されている。卒業単位に含まれる正規の授業はもちろん、社会人向けの講座もあり、学問の分野も生物学、医学、法学など多岐にわたる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校では、ジェフ・M・チェン博士率いる40名のチームが大麻研究センターの開設に向 ...

  • 米ラスベガスで大麻解禁 「大麻フレンドリー」なホテルも登場

    7月1日の午前0時過ぎ、米ネバダ州ラスベガスの嗜好用大麻販売店「Shango Premium」がオープンした。この店で最初に大麻を購入したのはネバダ州上院議員のTick Segerblomだった。彼は自分の苗字と同じ名を持つ大麻の品種、Segerblom Hazeを巻いたジョイントを手にした。カジノ ...

  • 消費者の「ライト志向」に応える合法大麻業界、最新トレンド

    嗜好用大麻が合法化された米カリフォルニア州やコロラド州では、エディブルと呼ばれる大麻クッキーやキャンディー、チョコレート等の市場が伸びている。エディブルの摂取にあたり標準的な摂取量は、向精神成分のTHCの量が10ミリグラム程度とされている。製品のラベルにはTHC量が記載され、ユーザーは摂りすぎを防ぐ ...

  • トランプ政権に脅える米「大麻業界」 新司法長官は合法化反対

    トランプ次期米大統領が、強硬な大麻反対論者であるアラバマ州のジェフ・セッションズ上院議員を司法長官に指名したことで、米国の大麻ビジネス界に不安が広がっている。トランプ自身はこれまで医療大麻の解禁、そして大麻の合法化を各州が決定することについて肯定的な姿勢を見せてきた。しかし、セッションズ上院議員が大 ...

  • 大麻解禁で税収1千億円へ カリフォルニア州、11月に住民投票

    米カリフォルニア州ホーソン市の元市長、クリス・ブラウンは大麻からの税収を見込む小都市と、大麻産業をつなぐ役割を果たそうとしている。カリフォルニア州では今年11月8日、大統領選挙と同時に嗜好大麻の解禁に向けた住民投票が行なわれる。そこには大きなビジネスチャンスが広がっている。嗜好目的の大麻解禁により、 ...

  • 大麻もスマートに吸う、「電子大麻」デバイス150ドルで発売へ

    エンジニアのマイケル・ブルク(Michael Bourque)は、大麻の摂取をもっとスマートに行なう方法を考えた。そして仲間とともに新たなデバイスを開発した。ブルクが声をかけたのは、コーヒーメーカーのキューリグの元副社長、デイブ・マンリーと、テック系企業元幹部のジェームズ・ウィノカーだ。3人が目指し ...

  • 米国で急成長の「大麻ツーリズム」 富裕な団塊世代が殺到中

    嗜好用大麻が解禁された米コロラド州とワシントン州で、旅行者が様々な方法で大麻を楽しめる「大麻ツーリズム」が盛り上がりを見せている。両州で嗜好用大麻の販売・購入と使用が合法化されてから約2年。解禁以来、州外から訪れる観光客が急増している。だが、公共スペースでの大麻使用は未だに違法であり、ホテルやレスト ...

  • ダメ。大麻への偏見 スヌープ・ドッグが動画で呼びかけ

    昨年秋、起業家としても知られるラッパーのスヌープ・ドッグはニュースメディア、「メリー・ジェーン」を立ち上げた。そこでスヌープは「大麻に対する新たな考え方を広めるのに役立つ文化、ニュース、動画、食、スタイルに関するリソース」を提供している。そのメリー・ジェーンが3月31日、ビジネスで成功した大麻使用者 ...