CONTRIBUTOR

大越 裕

神戸市在住のライター。

茨城県生まれ。出版社での勤務を経て、2011年に独立。起業家や小説家のインタビュー、大学研究者のサイエンス記事を多数執筆。「何かを作る人」に興味がある。理系ライターズ「チーム・パスカル」の一員。http://teampascal.jimdo.com/

  • 茶道や陶芸、海外富裕層に「体験」を提供するインバウンドビジネス

    土地やモノではなく、その地域にしかない「体験」を味わうサービスを始めたベンチャー企業が、2014年創業の「TOKI」だ。外国人の富裕層旅行客を対象に、「本格茶寮での茶道体験」「ミシュラン店での懐石料理づくり」「親子3、4世代の職人に学ぶ江戸切子づくり」「魯山人の窯で行う陶芸づくり」「日本刀の刀鍛冶の ...

  • 「使われていない駐車場」が価値を生む

    個人宅や企業が所有する「使われていない駐車場」に目をつけ、2014年に「一日単位で予約できる格安駐車場」のサービスを始めたのが大阪本社のIT企業「akippa」だ。社名と同じ名前の駐車場予約サービス「akippa」は、スマホひとつで誰でも予約でき、保有する駐車場の貸し出し登録も簡単に行える。渋谷や六 ...

  • 「眠れる場所」が地域活性化の処方箋 スペースマーケット

    東京湾に浮かぶ唯一の無人島、猿島。横須賀の三笠公園から船で10分で行けるこの島は、夏はバーベキューや海水浴を楽しむ人々で賑わう人気の観光スポットだ。海と森の豊かな自然とともに、江戸時代から太平洋戦争の末期までに造られたレンガ積みのトンネルや砲台など、歴史的な遺構が多数あることでも知られている。その猿 ...