Forbes Staff

Lauren Gensler

金融市場に関する記事を中心に執筆

Forbes Market Deskのライターとして、市場関連のニュース、投資、個人財務についての記事を中心に執筆。Forbes入社以前は、貯蓄および預金に関する記事をMoney magazineに数多く寄せるほか、CNNMoney、スタートアップのニュースサイトKickerにも一時的に在籍。
Email: lgensler@forbes.com.

  • ディズニーにとって好材料の映画の大ヒットは不安材料でもある?

    ディズニーは、映画部門では大成功の歴史がある。最近では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』と『ズートピア』が高い興行収入をあげたし、その前には『アナと雪の女王』がメガヒットを記録した。だがウォール街の一部アナリストたちは、映画の公開というものが本質的に一定したものではないことと、それがディズニーの決 ...

  • 業績好調のシェイクシャック、新店舗開設を加速へ

    米ハンバーガーブランド、シェイクシャックの業績が好調だ。ニューヨークに拠点を置く同社は5月12日、第1四半期(1-3月期)の決算を発表、アナリスト予想を上回る増収増益となったことを明らかにした。同期の既存店売上高は、前年同期比9.9%増を記録した。利益は150万ドル(1億6,315万ドル)。1株利益 ...

  • イーロン・マスクの太陽光発電業者ソーラーシティー、Q1は増収減益

    電気自動車メーカー、テスラ・モーターズの創業者イーロン・マスクが会長を務める太陽光発電事業者の米ソーラーシティーは5月9日、2016年第1四半期(1-3月期)の決算を発表。損失が予想を上回ったことを明らかにした。イーロン・マスクのいとこにあたるリンドン・ライブCEOが2006年に創業したソーラーシテ ...

  • 客足を増やすための「クーポン戦略」は、正しい選択なのか?

    客足を取り戻すための努力を続ける米チポトレ・メキシカン・グリルでは、特定の言葉が頻繁に使われるようになった。「BOGO(Buy-One-Get-One、一つ買えばもう一つもらえる)」、「Freebie(フリービー、無料のブリトー)」、「ダイレクトメール」などだ。米国内の各地の店舗で昨年発生した大腸菌 ...

  • ネットフリックスが既存会員の月額料金も値上げへ 投資家から懸念の声

    オンライン動画大手のネットフリックス(Netflix)が既存会員に対する値上げに踏み切ろうとしており、ウォール街はこれが会員の減少と同社の成長減速につながるのではないかと懸念している。同社は5月から、既存会員についても月額9.99ドル(約1,079円)の料金プランを適用する。これまで月額7.99ドル ...

  • 米サーフ系ブランドPacSunが破産申請、衣料チェーンの倒産相次ぐ

    米国の若者の間で高い人気を誇ったサーフ系ブランド、パシフィック・サンウェア(PacSun、パックサン)が先ごろ、米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請した。カリフォルニア州に拠点を置く同社は今後、債権者である投資会社のゴールデンゲート・キャピタルなどの協力を得て、経営再建を目指す。 ...

  • 米テック系3社Q1業績、モルガン・スタンレーが増益を予想

    米企業の決算発表シーズンがまたやってくる。投資家たちは全体として、かなり悲惨な業績を知らされだろうと身構えている。米調査会社ファクトセット(FactSet)によれば、S&P500種採用企業は2016年第1四半期、前年比では2009年以来最大の下げ幅となる9.1%の減益が予想されている。だが、 ...

  • 遺伝子組換トウモロコシにも厳しい環境、米モンサント25%減益

    種子・除草剤開発の最大手、米モンサントは先ごろ、2015年12月~16年2月期(第2四半期)の純利益が25%減少したと発表した。商品価格の急落であおりを受けた農家が支出を控えたことが影響したほか、ドル高と競合他社との価格競争が利益を押し下げた。当期純利益は10億6,300万ドル(約1,156億円)で ...

  • ディズニーCOO退任で次期CEO選びはどうなる?

    ウォルト・ディズニーが4月4日、トーマス・スタッグス最高執行責任者(COO)の退任を発表し投資家たちを驚かせた。次期CEOの候補者を失ったことで、誰が同社の後継者となるのか先行きが不透明になった。過去にも後継者選びで手間取ったことのある同社。ボブ・アイガーCEOが2018年に退任予定であるため、スダ ...

  • 強気の米クリスピー・クリーム、原油価格で打撃も事業拡大を継続へ

    ノースカロライナ州に1937年、小規模の店舗をオープンさせたクリスピー・クリーム・ドーナツは、上場を果たした翌年の2001年以降、積極的に国際事業を拡大してきた。現在営業している約1,100店舗のうち約75%は、米国以外にある。その同社が直面しているのが、世界的に影響が広がる原油価格の大幅な下落だ。 ...

  • ナイキが第3四半期の決算発表、「安定してバランスの良い」成長

    米スポーツ用品大手ナイキは3月22日、2015年12月から2016年2月まで(第3四半期)の決算を発表、前年同期比20%の増益を記録したことを明らかにした。増益幅はアナリスト予想を上回ったものの、ドル高の影響で売上高が市場予想を下回ったことを受け、同社の株価はこの日の時間外取引で2%以上下落した。 ...

  • 米シェイク・シャック、業績好調も成長減速を予想

    米高級ハンバーガーチェーンのシェイク・シャックは3月7日、好調な2015年第4四半期の業績を発表した。売上高も利益も、アナリスト予想を上回る結果だった。しかし、それでも投資家らを満足させるのに十分な結果ではなかったようだ。同社株は同日、時間外取引で7%下落した。ニューヨークを拠点にダニー・マイヤーが ...

  • マイナス金利は有効なのか? BISのエコノミストらが懸念

    欧州と日本で導入されたマイナス金利の実効性について、疑問が上がっている。スイス、スウェーデン、デンマークといったユーロ圏と日本の中央銀行は、より多くのマネーが経済に注入されることを期待し、マイナス金利にかじを切った。しかし、これは未知の領域と言える試みであり、果たして思惑通りの効果が発揮できるかとの ...

  • クチコミサイトの米アンジーズ・リスト、サービス無料化へ

    ユーザー投稿型の地元業者の評価サイトを運営する米アンジーズ・リストが近く、「有料の壁」を破ることになった。同社は現在、利用者から会費を徴収した上でさまざまな商品やサービスの評価、ランキング情報などをインターネット上で提供しているが、これらを無料化する方針だ。ユーザーは自宅の配管や電気の工事、塗装が必 ...

  • 苦戦のアバクロ、想定外の売上回復で株価急騰

    アバクロンビー&フィッチは第4四半期(11月~1月期)決算で、既存店売上高が約3年ぶりにプラスとなり、復活を印象付けた。Hollister(ホリスター)ブランドの好調で、既存店売上高は前年同期から1%プラスとなった。アナリスト予想は0.1%マイナスだった。プロモーション費用を抑えたことが寄与 ...

  • 苦戦続くオーガニック食品、ホールフーズ 株価は45%下落

    オーガニック食材を扱う米国の高級スーパーチェーン、ホールフーズの株価は2月10日、時間外取引で一時上昇した。売上高と利益が共にウォールストリートの予想を上回ったからだ。第1四半期の調整後1株当たり利益は46セントでアナリストの予想の40セントを上回った。売上高は3%上昇し48億3,000万ドル(約5 ...

  • スター・ウォーズで最高益を達成 米ディズニー

    米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは2015年10~12月、四半期としては過去最高の純利益を記録した。同社が9日に発表した同期の決算によると、『スター・ウォーズフォースの覚醒』のヒットが増益に大きく貢献し、スポーツ専門チャンネル「ESPN」の不振を相殺した。ディズニーの同期の純利益は前年同期比 ...

  • 米株式市場「2016年初のIPO企業」がようやく登場

    米国ではバイオテック系企業2社が2月3日にナスダックで新規上場し、2016年に入ってから初めてのIPOとなった。がん治療薬を開発する中国のベイジーン社(BeiGene)はIPO価格24ドルを18%上回る価格で初日の取引を終えた。また、ビル・ゲイツも出資した遺伝子の編集を行う企業、エディタス・メディシ ...

  • GoPro、最悪の決算 財務責任者の辞任を発表 

    ウェアラブルカメラの米GoProの苦境がさらに鮮明になった。昨年発売したHero4 Sessionカメラの売上は思うように伸びず、先日の四半期決算は最悪の数字となった。暗澹たる業績見通しと共に、GoProは最高財務責任者(CFO)の辞任についても報告した。GoProの売上高は4億3,660万ドル(約 ...

  • スター・ウォーズ効果でエレクトロニック・アーツ社が好決算

    予想されてはいたが、スター・ウォーズファンが、大手ゲームソフトメーカー、エレクトロニック・アーツ(EA)に多大なる恩恵をもたらしていることは確実だ。EAは、同社が発売した『スター・ウォーズ・バトルフロント』の人気を追い風に、第3四半期(10-12月)の決算報告で予想を上回る売上高を計上。『スター・ウ ...