CONTRIBUTOR

Janet Burns

I write about tech, media, culture, and science.

I'm a freelance writer covering tech, media, and various other topics, and my background includes the areas of writing, editing, and education. My work has been published by mental_floss, AlterNet, The Atlantic's CityLab, Salon, and PSFK, among others. I received a Bachelor of Arts degree from the University of British Columbia and a Master of Arts degree from California State University, East Bay. To see more of my published work, check out my online portfolio at janetburns.contently.com.

  • 10ドルの「スマホ型オブジェクト」で脱スマホ中毒 米TV番組で話題に

    先日、米国のバラエティ番組で注目を浴びたのが、スマホの形をした何の役にも立たない長方形のプラスチックの物体「ノーフォン」だ。ノーフォン社の幹部は4月8日、“米国版マネーの虎”として知られる「シャークタンク」に出演し、売り込みを行った。この番組に偽スマホメーカーが登場したのは初 ...

  • 3Dプリンター製の卵巣で妊娠・出産、米でマウス実験成功

    特定の原因による不妊は今後、治療可能になるかもしれない。3Dプリンターで作成した「人工卵巣」で妊娠・出産、授乳が可能なことが、実験用マウスで確認された。ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部の研究チームが4月1日から開催された米国内分泌学会で発表した研究結果によると、卵巣を摘出したマウスで実施した ...

  • 子供服キュレーションサービス、Kidbox 一箱98ドルで衣類を宅配

    子供服に特化したキュレーションサービス、Kidboxが3月29日に始動した。同社のサービスは多忙な親たちが、子供の服選びにかける手間と費用を軽減するものだが、もっと大きなゴールも見据えている。1箱98ドルのブランド衣料が詰まったKidboxが1つ売れる度に、恵まれない子供らに新品の衣類が寄贈されるの ...

  • 全てを「まる見え」にするVRポルノ 市場規模は1000億円

    仮想現実(VR)動画製作会社のバドインクVR(BadoinkVR)は、動画サイトPornhubと連携し、VRヘッドセットで見るアダルトコンテンツの無料配信を始めた。「コンテンツは360度パノラマビューで視聴でき、豪華な室内で会ったこともない美女とセックスしている感覚を味わえる」という。Pornhub ...

  • ドミノ・ピザの宅配ロボ オーストラリアの軍事企業が開発

    オーストラリアのドミノ・ピザが3月17日、宅配用ロボットを公開した。同社が「世界初の業務用自動運転ピザ宅配車」と豪語するこの宅配ロボットは、DRU(Domino’s Robotic Unit)との愛称がつけられており、軍事ロボットのスタートアップ企業Marathon Roboticsと共 ...

  • 女性のための「超ハイテク」バイブレーター ライオネスの実力

    スタートアップ企業、ライオネス社(Lioness Inc.)はテクノロジーを用い、女性たちに至上の快楽を提供することを目指している。同社の製品のアイデアの源には、彼女たち自身がセックスについて学びたいという欲求があった。ライオネス社CEOのリズ・クリンガー(Liz Klinger)は「Berkele ...

  • 世界のロボット産業 3年後には15兆円規模に成長

    調査会社のIDCは、ロボット産業の動向を予測したレポート「世界の商用ロボット購買動向(Worldwide Commercial Robotics Spending Guide)」を発表した。IDCは、ロボティクスにIoT、認知システム、次世代セキュリティ、ARVR(拡張現実仮想現実)、3Dプリンティ ...

  • 仮想現実(VR)は「うつ病」治療に有効 英研究者ら発表

    仮想現実(VR)をうつ病の治療に活用する初めての研究報告が、精神分野の国際誌『ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・サイカイアトリー・オープン』に掲載された。過度に自分を責める傾向がある人々が、“VRセラピー”を施されることで精神状態の好転につながるという。ユニバーシティ・カレッ ...

  • ロボットに対する米高齢者の意識調査 自律型には拒否感

    米ペンシルベニア州の高齢者を対象にした調査の結果、多くの人が一定の作業を行うロボットに好感を抱く一方で、自立型アンドロイドには不快感を持っていることが分かった。ペンシルベニア州立大学のシャイアム・サンダー特別教授が率いる研究チームは先ごろ、州内にある高齢者施設で65~95歳の45人を対象とした聞き取 ...

  • 全ての子供に「自分みたいな人形」を 英#ToyLikeMeが資金調達

    ジャーナリストでクリエイティブ・コンサルタントのレベッカ・アトキンソンは昨年、数えきれないほどある自分の子供たちのおもちゃの中に、障害のある子供の姿をした人形がないことに気が付いた。調べてみると、そうした子どもの姿をした人形は、基本的に存在していないことが分かった。英ガーディアン紙への寄稿によれば、 ...

  • ウェアラブルで「失恋」も検知できる未来がやって来る

    今から40年ほど前、「ムードリング」という指輪が登場。着用する人の心理状況によって石の色が変わると話題を呼んだが、今度はウェアラブル端末により、ユーザーの感情をシェアする動きが活発になっている。こうしたデバイスはデータに基づき、「ムードリング」よりはるかに正しく心理状況を検知することができそうだ。1 ...

  • シンガポール発 最先端の人型ロボット「ナディーン」に見るロボットとの生活

    先日、シンガポールの南洋理工大学(NTU)に新たなスタッフとして迎えられたのは、ナディア・タルマン教授にそっくりの人型ロボット「ナディーン」だ。ナディーンは握手をしたり、一度会った人を認識したりできるだけでなく、性格や感情もあるなど、まさに最先端をいくアンドロイドだ。NTUにおけるメディアイノベーシ ...