CONTRIBUTOR

川村 雄介

川村雄介の飛耳長目

1953年、神奈川県生まれ。大和証券入社、シンジケート部長などを経て長崎大学経済学部教授に。現職は大和総研副理事長。クールジャパン機構社外取締役を兼務。政府審議会委員も多数兼任。『最新証券市場』など著書多数。

  • 人口63万人のシアトルが成長した理由[川村雄介の飛耳長目]

    シアトルは世界でも有数の清澄な美しい都市である。アラスカに通じるオーロラ街道の橋を降りてユニオン湖沿いを数分走ると、ガラスを多用した瀟洒なビルが目に入る。ワシントン大学ロースクール、名称をWilliam GatesHallという。マイクロソフトのビル・ゲイツ氏らが寄贈した高価な建物だ。ゲイツ氏はシア ...

  • TPPと山田長政の時代[川村雄介の飛耳長目]

    狭い長崎湾の沖合にゆるりと錨を下ろした朱印船から、次々に絢爛華麗な荷が運び出されていた。波止場で待ち構えた無数の人馬の群れが、荷駄を積んで西方の飽の浦(あくのうら)の館に向かう。彼らを見つめる群衆は、やがて上陸した蓮の花のような美貌の若い女性の姿に息をのんだ。安南(アンナン)国王阮福源の娘、王加久( ...