Forbes Staff

Kathryn Dill

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆

2013年のForbes入社以来、Forbes 400およびWorld’s Billionaires Listに名を連ねる富豪たちに関する記事を執筆し、現在はThe Careers Beatを担当。過去にはChicago Daily HeraldおよびChicago Tribuneでライターを務め、景気後退がイリノイ州北部の小さな町に住む人々の生活に及ぼす影響ついて、記事を数多く執筆する。ボストンカレッジでEnglish and American Studiesを学んだのち、ニューヨーク大学にてBusiness and Economic Reportingの修士学位を取得。ニューヨーク大学在学中にはInc.comにてライターを担当。
Email: kdill@forbes.com.

  • 長期休暇で「ゆっくり休む」ための11カ条

    有給休暇は社員の当然の権利のはずなのに、なぜそれを存分に活用することができないのだろう 求人情報サイト「グラスドア」の調査によると、アメリカでは25%の社員しか有給休暇を取っておらず、その半分以上が休暇中も仕事をしているという。 日々の忙しさを考えると、なかなか長期休暇の取得に踏み切れないのは理解で ...

  • エンジニア志望学生の人気企業 世界15社ランキング

    コンサルティング会社のUniversumは経営学とエンジニアリングを学ぶ世界の学生が就職したい企業のランキングを発表した。同社は世界トップ12の経済大国(アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、日本、中国、インド、オーストラリア)の学生24万人にヒアリングを行った。 ...

  • プレゼンを成功させるための7つの法則

    おそろしく退屈なプレゼンに閉口した経験は誰にでもあるだろう。似たようなパワーポイントのスライドの連続と、意味のない資料、そして質疑応答の時間の張り詰めた居心地の悪い沈黙。 ひどいプレゼンがどんなものか身に沁みているはずなのに、いざ自分がやる立場になると、きっとあなたも同じようなことをしでかしているは ...

  • ティム・クック、オバマ、グーグルCEOらの「卒業式スピーチ」

    米国の大学では毎年春、各界の著名人らが卒業生向けのスピーチを行う。今年の傾向として挙げられるのは「世界に変革を」というお決まりのメッセージに加え、前世代の失敗に取り組むことを激励するリーダーが多かったことだ。 「2016年、私たちはスーパーマンやスーパーウーマンが窮状を救ってくれるのを、じっと待って ...

  • 米国流「オフィスから定時で帰る」ための8カ条

    『上位10%の人は知っている、仕事がうまくいく方法』の著者、ジュリー・モーゲンスターン氏は次のように述べる。 「現代の企業は常に雇用数を減らそうとしています。我々は物事が急激に変化する時代に生きています。だからこそ、業務時間が足りないという現状を自覚する必要があるのです。そうすれば、今まで見えてこな ...

  • 米国の大学生が選ぶ「働きたい企業」トップ15社

    調査会社のユニバーサム(Universum)は、社会に飛び立とうとしている米国の大学生に人気の企業リストを作成した。 調査は366の大学で82,000人以上の学部生を対象に実施。学生らは230社のリストの中から働きたいと思う企業を選び、そこに応募する意欲があるかを回答した。このランキングでは、そのう ...

  • 2015年度 世界最有力ブランド 一位はLEGO社

    世界で最もパワフルなブランドを育てるには何が必要なのか。今年、そのヒントを与えてくれるのは、色とりどりのプラスチックブロックの会社だ。 英ブランドコンサルタント会社のブランド・ファイナンスは毎年「世界で最もパワフルなブランドランキング」を発表している。 同社は、マーケティング投資状況や顧客や従業員の ...