Forbes Staff

Kathryn Dill

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆

2013年のForbes入社以来、Forbes 400およびWorld’s Billionaires Listに名を連ねる富豪たちに関する記事を執筆し、現在はThe Careers Beatを担当。過去にはChicago Daily HeraldおよびChicago Tribuneでライターを務め、景気後退がイリノイ州北部の小さな町に住む人々の生活に及ぼす影響ついて、記事を数多く執筆する。ボストンカレッジでEnglish and American Studiesを学んだのち、ニューヨーク大学にてBusiness and Economic Reportingの修士学位を取得。ニューヨーク大学在学中にはInc.comにてライターを担当。
Email: kdill@forbes.com.

  • 世界最有力ブランドは「ディズニー」、英コンサル調査結果

    世界一有名なネズミが、カラフルなブロックで知られるレゴから王座を奪った──ブランドコンサルティング会社の英ブランド・ファイナンスは先ごろ、「世界で最も有力なブランドランキング」を発表した。同社はあいまいになり得る「ブランド」という言葉を、「マーケティング関連の無形資産であり、商品やサービス、組織、ま ...

  • 欧米に「男女の賃金格差はない」?矛盾する調査結果が判明

    男女の賃金格差に関する問題を伝えるニュースは、耳にしない日がないほどだ。だが、米キャリア情報サイト「グラスドア(Glassdoor)」が先ごろ発表したデータによると、労働者のおよそ7割が、賃金格差はないと考えていることが分かった。調査はカナダとスイス、独、仏、蘭、英、米でフルタイムまたはパートタイム ...

  • シリコンバレーやオーランドが好調、米新規雇用

    雇用に改善がみられる米国で、昨年末までの1年間の各都市の雇用情勢には、大きなばらつきがあったことが確認された。求人求職サイトのキャリアビルダー(CareerBuilder)と雇用市場分析サービスのEMSIは先ごろ、全米150都市の各産業を対象とした2014~15年の雇用創出の状況に関する調査を実施、 ...

  • 米IT企業の給料、10都市ランキング 平均年収は1200万円以上

    テック系人材にとって、シリコンバレーは依然として成功者の町だ。転職情報サイトDice.comは、テック系人材の報酬額を調査し、毎年ランキングを作成している。調査開始から11年目の2015年に、テック業界の年棒は前年比7.7%アップと、これまでで最も高い上げ幅を見せた。全米7つの大都市では、平均年収は ...

  • 働きがいのある会社2016 グーグルは首位陥落で8位。1位は初登場のAirbnb

    給与比較・求人検索サイトのGlassdoorは毎年12月、来たる年に最も働きがいのある会社を発表している。最も働きがいのある会社を判断するため、Glassdoorは2013年11月13日から2014年11月2日までに従業員によって提供された会社のレビューを検討。各従業員は全体的な満足度、CEOのリー ...

  • 2016年版 働くのに最も幸せな会社

    求人サイトCareerBlissは、毎年働くのに最も幸せな会社を決めるためにワークライフバランス、従業員の上司と同僚との関係、職場環境、仕事の資源、報酬、専門的能力開発の機会や企業文化など働く上での幸福度に影響する8つの要因を分析する。従業員が各要因にどれくらいの力点を置いているかも考慮される。今年 ...

  • 米、従業員に愛される小売業ランキング 1位はスタバ

    キャリア支援サイトのCareerBlissは「従業員が幸せな小売業ランキング」を発表した。さまざまな企業で働く人々から寄せられた声をま とめたもので、調査項目にはワークライフバランス、経営方針、報酬、福利厚生、仕事内容、安全性、職場の雰囲気や環境などが含まれている。1 位に輝いたのはスターバックスだ ...

  • 雇用が拡大している全米の都市と州トップ10

    今年、求職者にとって全米平均よりも優しい都市と州が判明した。今回リスト入りしたのは、今年第3・四半期までに非農業部門の雇用者数が増えた上位10都市と州。アリゾナ州立大学W.P.キャリー・ビジネススクールのリー・マクフェターズ教授による米労働省労働統計局が発表する雇用統計の分析で明らかになった。予想で ...

  • 実は悲観的なZ世代 デジタルネイティブ層の5つの特徴

    世界の労働市場に「Z世代」が参入し始めた。Z世代の定義は様々だが、ミレニアル世代よりも若い、1990年代半ば~2000年代初頭に生まれた“デジタルネイティブ”たちがこう呼ばれている。彼らは学業や仕事、職業に関する将来の目標について、どのように考えているのだろうか。そこで、Z世 ...

  • 「米国人が好きなブランド」 4位にネットフリックス

    ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は「アメリカ人が好きなブランド」ランキング」を発表した。1位に立ったのはこの種のランキングの常連、アップルだが、3位にウォルマート、4位にネットフリックス、6位にサムスンがランクインしている。 今回の調査は消費者らにアンケート形式で行われ、様々なブランド ...

  • 上司との関係を良くする5つの方法

    仕事の成果が上がるかどうかは、上司と部下の関係がうまくいっているか否かにかかっている。「お互いのことをよく理解しているかどうかが結局は大切なのです」と、企業向け人材開発プログラムで知られるデール・カーネギー社のピエラ・パラッツォーロは語る。 互いに理解しあう良い関係を作るにはどうすればいいのか。ここ ...

  • ワーク・ライフ・バランスに優れた職業ランキング

    求人情報サイトGlassdoorは「ワーク・ライフ・バランスに優れた職業ランキング」を発表した。選定にあたっては同社のアンケート結果を参考にし、Glassdoorのサイトで200件以上の求人件数がある職業を対象とした。テック系の職種が多くを占めるが、リクルート関連や教員などもあり、仕事と家庭の両立が ...

  • 秋にこそ、ビジネスマンが実践したい6つの事柄

    秋が深まってくると、一年もいよいよ終わりに近づく。秋は、今年のうちにどれだけのことができるかを考えるのにいい季節だ。転職や昇進を考えているなら、今の時期に活動をしておいた方がいいだろう。 LinkdInのキャリアエキスパートのニコール・ウィリアムズは「秋は自分の現在地を確認して、手薄なところや今後の ...

  • 職探しにもインスタグラムを活用? 米、人材企業の最新リポート

    なかなかいい人材に巡り会えないと嘆く採用担当者は多い。だが、そのために必要な努力を彼らは本当にしているのだろうか 人材サービス企業大手のマンパワーが200人あまりの求職者に実施したアンケートの結果を見ると、ウェブ時代の採用活動の最新トレンドが浮かび上がってきた。有能な人材を効率的に獲得するための5つ ...

  • 朝から全開で仕事するための8つの方法

    主人公が朝、寝過ごしてしまう。――そんなシーンから始まる映画のなんと多いことか。 そう、朝の時間は大切だ。目覚めた直後の時間をどう使うかで、その日の過ごし方が決まるといっても過言ではない。 朝をいかに有効に使うかについてネット上にも様々な意見やアドバイスが溢れている。目を覚ましたはずなのにうっかり二 ...

  • 誰もが働きたい投資銀行 世界10社ランキング

    人材あっせん会社Vaultは「誰もが働きたい投資銀行、10社ランキング」を発表した。この調査はVault社が約3,000人を調査して作成。回答者は各社を10段階で評価するとともに、企業文化、収入、全体的な満足度、職業訓練、ワーク・ライフ・バランス、勤務時間、文化的な多様性といった様々な角度から会社生 ...

  • 長期休暇から戻る時の5つの心がけ

    Rawpixel Bigstock 休暇を終えて出社する時は誰しも意欲満々だ。リフレッシュした頭で新たなプロジェクトに取り組もうと燃えている。だが往々にして、出社後の数時間(場合によっては数日間)は、山のようなメールへの対処と不在中に溜まってしまった業務の遅れを取り戻すことに追われる羽目になる。 休 ...

  • 米ビール業界の経済インパクトは31兆円 GDPの1.5%を突破

    酷暑が続く中、アメリカのビール業界はさらなる成長を遂げている。業界団体「ビア・インスティテュート」と「ビール卸売業協会(National Beer Wholesalers Association)」は先週、「アメリカビール白書(Beer Servers America)」と題した報告書を発表した。そ ...

  • 米国で最も稼ぐ医師たち 上位15分野の年収

    医師といえば最も高収入の職業の一つにあげられる。しかし、専門性によって支払われる報酬も求められる能力も大きく異なり、最先端の分野では特に高額な報酬を受け取る例もある。 以下に現在最も需要のある高収入の専門医をリストアップした。データは医療関係の人材派遣機関AMN Healthcareに所属する、コン ...

  • 米国で年収10万ドル以上の「意外な仕事」

    アメリカで年収10万ドル(約1230万円)を稼ぐ人は全労働者の5%程度というデータがあるが、そんな人物は大企業の役員室にしかいないと思い込むのは間違いだ。フォーブスは米国労働統計局が発表した800以上の職業の賃金を網羅したデータ「The Occupational Employment and Wag ...