Forbes Staff

Kathleen Chaykowski

ソーシャルメディアとデジタルメディアを中心に、テクノロジーに関する記事を執筆

サンフランシスコ在住。Forbes Tech Teamの一員として、ソーシャルメディアとデジタルメディアの分野における革新的技術と、それに携わる人々や企業に関する記事を中心に執筆。過去にはニューヨークでThe Wall Street Journalのライターおよびプロデューサーを担当。サンフランシスコとニューヨークでBloomsberg Newsに記事を寄せ、また南アフリカのヨハネスブルグでWSJの記事執筆を担当している。大学時代にはThe Standard Dailyにて、編集および記事執筆を経験。
Email: kchaykowski@forbes.com.
Twitter: @kchaykowski

  • リンクトイン スマートな職探し「Job Seeker」機能を拡大

    6月13日、マイクロソフトに262億ドル(約2兆8000億円)で買収されたと発表したリンクトイン。同社はそれに先立つ6月7日、ユーザーが自分に適した職を探すための新ツールを複数リリースした。有料プラン「Job Seeker」の利用者を対象にした新機能は、ユーザーのスキルや職歴を踏まえ、ポジションにエ ...

  • 次世代のウェブは「音声操作」が制す 著名アナリスト、メアリー・ミーカーの予言

    米国の著名アナリスト、メアリー・ミーカーが発表した2016年のインターネット・トレンド報告書は、価値あるデータの宝庫だ。ベンチャーキャピタルKPCBのパートナーであるミーカーは6月1日、Recode主催のコード・カンファレンスで報告書を発表した。その中から特筆すべき4つのトレンドを下記に挙げる。1. ...

  • インスタグラムが「ビジネスプロフィール」導入 広告利用をさらに促進

    インスタグラムはモバイル広告の主要プレイヤーとしての地位を固めるため、また新たなステップに踏み出した。5月31日、同社は広告展開を行なう企業向けの新機能、「インスタグラム・ビジネスツール」を発表。この機能で企業らは、広告のエンゲージメントやパフォーマンスを簡単に分析でき、効率的な広告運用を行える。同 ...

  • SNS運用を丸投げする会社は潰れる 「ソーシャルの掟」著者の視点

    10年前にグーグルがビジネスに革新をもたらしたように、ソーシャルメディアが今日のビジネスのあり方を大きく変えている。企業がソーシャルメディアを最大限活用するためには、社内の全員がソーシャルメディアをよく理解し、積極的に関与する必要がある。しかし、多くの企業がこれを実践できていないとソーシャルビジネス ...

  • フェイスブック、動画広告事業を拡大 外部サイトに提供開始 

    フェイスブックが動画広告事業をさらに強化する――。フェイスブックは5月16日、記事内やストリーミング動画に表示する動画広告を「オーディエンスネットワーク」で提供することを発表した。「オーディエンスネットワーク」とは、フェイスブック上でユーザーに表示している広告を外部のモバイルアプリやウェブ上に提供す ...

  • フェイスブック、「言論操作は無い」と反論 掲載ポリシーを公開

    フェイスブックが「トレンド」機能から保守的ニュースを排除するよう操作していたとして物議を醸した問題で、同社は「トレンド」の掲載ポリシーを公表。記事のレビュアーらに「そのような指示は出していない」と改めて反論した。フェイスブックは公式ページ上で「トレンド」に掲載する記事の選び方について説明し、28ペー ...

  • インスタグラムが導入する「ダイナミック広告」の破壊的パワー

    フェイスブックは、特定のウェブサイトを訪れたユーザーに対しそのサイトの広告を表示するリターゲティング広告をインスタグラムにも導入する。フェイスブックは5月10日、傘下のインスタグラムにおいて広告主のサイトを訪れたユーザーに対し関連製品を宣伝できる「ダイナミック広告」を数か月以内に導入すると発表した。 ...

  • 急成長の動画SNS「フリッパグラム」、42億PV/日を達成 スナップチャットとも連携

    動画SNSアプリ「フリッパグラム(Flipagram)」の閲覧数が1日あたり42億回に達した。この数値はアプリ内での閲覧とインスタグラムやフェイスブック経由の閲覧数を合算したもので、前年同期の16億回から急激に増加した。フリッパグラムは動画や写真、テキストと60秒以内の音楽クリップを組み合わせた&l ...

  • Google X創設者 オンライン教育「ユダシティ」で中国事業開始

    オンライン教育のスタートアップ「Udacity(ユダシティ)」は昨年のインド進出に続き、中国で事業展開することを明らかにした。カリフォルニア州マウンテンビューに本拠を置くユダシティは、グーグルX創設者でスタンフォード大学の特任教授を務めるセバスチャン・スランによって4年前に設立された。4月20日、同 ...

  • ピンタレスト、広告ビジネス世界展開を加速 英Curator買収で 

    ピンタレストは4月21日、英国のデザインアプリCuratorを買収し、創業者のダニエル・ノルド(Daniel Nordh)がプロダクトデザインの責任者に着任したことを発表した。ピンタレストが買収した企業はこれで10社目となり、そのうち米国以外の企業は2社目となった。ノルドが担当するのは、コンテンツの ...

  • フェイスブック副社長 セコイア・キャピタルに移籍

    フェイスブックの検索や開発者向けプロダクト部門の副社長、マイク・バーナル(Mike Vernal)が4月18日、ベンチャー投資会社セコイア・キャピタルに移籍することをフェイスブック上で発表した。マーク・ザッカーバーグの直属の部下であるバーナルは、フェイスブックで約8年間働いており、コマースツールも担 ...

  • リンクトイン「就活用アプリ」を新公開 学生らの職探しを支援

    米国のミレニアル世代の間でリンクトイン(LinkedIn)の活用が増加している。リンクトイン側としてもこの流れをビジネス拡大のチャンスと捉えているようだ。4月18日、リンクトインは新アプリ「リンクトイン・スチューデント(LinkedIn Students)」を公開。就職活動を控えた学生らの職探しや、 ...

  • フェイスブック「自撮りアプリ」と連携始動 プロフ投稿を促進 

    フェイスブックは4月12日、F8カンファレンスで6つの外部アプリとの連携を発表した。ユニークな動画や自撮り写真が撮れるアプリとの連携で、ユーザーらのプロフィール欄をより楽しくキュートな場にしようとしている。パートナーに選ばれたのは下記の6アプリ。・Vine(iOS版):ツイッター傘下の動画アプリ・B ...

  • リンクトインが教育事業に参入 修了証をプロフィールに表示

    ビジネス向けSNSのリンクトイン(LinkedIn)は2015年、オンライン学習サービスLynda.comを同社としては過去最高額の15億ドル(約1,670億円)で買収し、投資家を驚かせた。同社はどうやら本気でLynda.comを一大教育ビジネスに育て上げる気のようだ。リンクトインは3月31日、Ly ...

  • インスタグラム 「動画60秒化」に隠された緻密な計算

    フェイスブック傘下のインスタグラムは3月29日、投稿できる動画の長さをこれまでの15秒から60秒に拡大した。今後数か月で全てのユーザーが利用できるようになる。広告主向けには2か月ほど前から60秒の動画広告メニューが提供されていたが、一般ユーザーが60秒動画を投稿できるようになるのは今回が初めてだ。「 ...

  • DAU1億人のスナップチャット ミレニアル世代がハマる「チャット2.0」に進化

    スナップチャットは3月29日、チャット機能を大幅に刷新した。新機能では、テキストの会話を中断することなく、ビデオチャットや音声通話への切り替えができる。また、会話の途中でも写真やスタンプを送信できる。フェイスブックメッセンジャーやWhatsAppにも似た機能はあるが、スナップチャットは会話を続けなが ...

  • フェイスブックがKLM航空と提携 メッセンジャーで搭乗可能に

    フェイスブックは3月30日、KLMオランダ航空とのパートナーシップを発表。KLMの搭乗者にメッセンジャーアプリからのチェックイン、フライトの確認、搭乗券の表示やリマインドを行える仕組みを提供する。アプリ上のチャットでKLMのカスタマーサービスと会話を行い、フライトの変更を行うこともできる。この機能は ...

  • インスタグラム「表示順変更デマ」を否定 一部でパニックに

    インスタグラムが従来の時系列表示をやめ、明日にもアルゴリズム表示を開始する――、そんな噂が3月28日、インターネットを駆けめぐった。これに反応した多数の有名モデルや歌手たちが、ファンたちが投稿を見逃すことを避けるため、通知機能をオンにするよう呼びかけた。一種のパニックとも言える状況は、根拠の無い噂が ...

  • 米大統領選 「SNS支持率」が高いのはトランプよりサンダース

    米大統領選の候補者の中で、SNSのフォロワー数が最も多いのはドナルド・トランプ(共和)だが、フォロワーのエンゲージメントが最も高いのはバーニー・サンダース上院議員(民主)であることが、ソーシャルメディアの分析を手掛ける「Captiv8」の調査で明らかになった。Captiv8は昨年5月中旬から今年2月 ...

  • インスタがアルゴリズムを導入、投稿の「見逃し」防止へ

    インスタグラムは間もなく時系列順の投稿表示を改め、投稿の関連性に基づいた表示を導入する。この動きは同社の親会社、フェイスブックに続く動きだ。3月15日、インスタグラムはアルゴリズムの変更をアナウンスし、個人に合わせた投稿表示のテストを開始したと発表した。ユーザー数が増加し、有名アカウントのフォロワー ...