Close RECOMMEND
山田敏弘

山田敏弘|Official Columnist 国際ジャーナリスト

講談社、ロイター通信社、ニューズウィークなどを経て、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のフルブライト研究員として国際情勢やサイバー安全保障の研究・取材活動に従事。帰国後はフリーとして、国際情勢全般、サイバー戦争やサイバー安全保障、米政治・外交・カルチャー、テロリズム、IT(デジタル分野)やSNSなどについて世界各地で取材し、連載など多数。テレビやラジオでも活躍している。訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文芸春秋)、『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)。近著に、『サイバー戦争の今』(KKベストセラーズ)、『世界のスパイから喰いモノにされる日本』(講談社)。

国際ジャーナリストのアメリカ深層メモ "Eye-opener"