Alice Broster

I have a particular interest in the changing cultural attitudes

around periods, endometriosis, contraception, and menopause and the research that's being done to better the lives of people who identify as women. I'm a reporter and feature writer, my work has been published in Bustle, Metro, Restless, HuffPost, among others. From the side effects of contraception to why you sweat more when you're on your period, I think every situation is made better when you talk about it (preferably over a cup of tea.)

  • 産後のうつ症状 実は数年続く可能性示す調査も

    新たに子どもを持つ女性の70~80%が出産後、気分の落ち込みを経験すると推測されている。これは、産後の軽い鬱(うつ)症状である「ベビーブルー」から重度の産後鬱まで、程度はさまざまだ。子どもが生まれることは、身体にとって非常に衝撃的な出来事であるだけではなく、毎晩の睡眠不足やホルモンの変化、生まれたば ...

  • コロナ禍で増加する不安障害に「ジェンダーギャップ」も

    心の健康やストレスをめぐる会話は、ここ数年でかなりオープンになってきた。パンデミックの発生以来、「セルフラブ(自分を大切にすること)」や「ウェルネス(全体的な健康)」といった言葉が流行している。今年は多くの人にとって、信じられないほど困難な年であり、不安や気分の落ち込みを訴える人の数も増えている。し ...

  • 新型コロナウイルスに感染した妊婦に早産のリスク

    新型コロナウイルスのパンデミックのあいだ、全世界の病院は、分娩室や妊娠エコー検査の規制の強化を余儀なくされた。これにより、妊娠女性のパートナーの多くは立ち会いを禁じられ、妊婦は1人で出産しなければならなくなった。妊娠はただでさえ大きな変化の時であり、ストレスや不安を抱えやすい。さらに新型コロナウイル ...

  • 心の健康もむしばむ新型コロナ 女性の間で特に危機的状態に

    一部政府がロックダウン(都市封鎖)の実施を発表してから、半年以上がたった。世界中の人々は屋外で過ごす時間や家族など愛する人に会う機会が減ったことに慣れなければならなかった。屋内に長時間閉じこもることで生じる閉所性発熱が深刻な問題となり、不安のレベルが急上昇していると語る人が多いのも意外ではない。しか ...

  • 女性フリーランサーはメンタルヘルスの問題を抱えやすい

    フリーランサーとして働く人が急増している。起業やビジネス運営に関する個人の行動を研究する「グローバル・アントレプレナーシップ・モニター(GEM)」がまとめた「女性の起業に関する2018年/2019年報告書」によれば、世界には推定で2億5200万人の女性起業家がおり、さらには女性のスモールビジネス所有 ...

  • パンデミックにより、世界各地で「生理の貧困」が悪化

    新型コロナウイルスのパンデミックが発生して学校が閉鎖され、多大な悪影響が及んだが、そのひとつに「生理の貧困(Period Poverty)」がある。国連女性機関は過去6カ月間、新型コロナウイルス感染症に関連した規制によって、生理用品の入手に苦心する人たちがどのような影響を受けたのかを検証した。そして ...

  • 月経周期とメンタルヘルス、その密接なつながり

    一般的にいうと、気分が落ち込んでいたり、無性にいらいらしたりするときに、女性がいちばん聞かれたくないのが「いま生理中?」という質問だ。そんな質問に、明るく愛想のよい返事を返したいという気持ちは湧いてこない。月経周期のせいで起こる体調悪化に対処するだけでも、十分につらい可能性がある。出血、乳房の痛み、 ...

  • 「不妊治療のバーチャル化」はコロナ後も続く見込み

    ここ数か月のあいだ、不妊治療を受けている人たちの人生設計は一時停止の状態にあった。クリニックや医師に対して、新たな通知があるまですべての治療を中止するように勧告が出され、専門家たちは従わざるを得なかったからだ。一般の人々に対しても、新型コロナウイルスに感染する可能性が高い医療現場に出向くことは可能な ...

  • タンポンを長時間変えなかったら何が起きる?

    どれほど多くの生理を経験しても、どれほど準備を入念にしていても、バッグに予備の生理用品を用意していなかったときに生理が来てしまった経験はあるはずだ。タンポンを使っている場合には、これはさらに大きな問題だ。朝起きたときにタンポンを挿入し、1日が終わるまで持てばよいと思っているだろう。それでも、タンポン ...

  • 「生理の貧困」と心の健康につながり 解決のための取り組み

    生理と月経周期は体の物理的なプロセスかもしれないが、人間としての本質に大きな影響を与えることがある。毎月の生理と一緒に、生理前の緊張や筋肉のけいれん、気分の落ち込みを経験することがあるからだ。5月25日から31日は月経貧困啓発週間で、5月28日は月経衛生デーだった。世界的な支援プラットフォームとして ...

  • 新型コロナで生理が来ないかもしれない理由

    女性が一生のうちに経験する生理の数は約500回だ。平均的な生理周期は28日だが、21~40日までは幅がある。自分の生理周期が友人のものとは全く違う時間枠にあるように思うかもしれないが、一度として同じ生理はない。今のような非常に不透明な時期には、生活の中で確実に起きると言えるものは生理くらいしかないと ...