CONTRIBUTOR

Michael Lynch

I analyze petroleum economics and energy policy.

I spent nearly 30 years at MIT as a student and then researcher at the Energy Laboratory and Center for International Studies. I then spent several years at what is now IHS Global Insight and was chief energy economist. Currently, I am president of Strategic Energy and Economic Research, Inc., and I lecture MBA students at Vienna University. I've been president of the US Association for Energy Economics, I serve on the editorial boards of three publications, and I've had my writing translated into six languages.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • テスラがCEO報酬に「完全」成果連動制を導入、本当の狙いは?

    米テスラが先ごろ発表した創業者イーロン・マスクの新たな報酬体系が、いくつかの理由で大きな注目を集めている。関心が向けられている原因の一つは、その体系を完全な「成果連動制」としたことだ。マスクは一定の目標を達成できない場合、一切の報酬を受け取らないことになる。一方、非常に野心的な目標を実現すれば、数百 ...

  • クリーンテックバブル終焉?太陽光発電の渋い現実

    ソーラー発電推進派の人々は、電力コストについて語りたがらない。発電コストが低下傾向にある、発電コストが安い時期もある、あるいは発電施設の設置数が急増しているのだから成功している、といった論点ではぐらかすのだ。しかし、残念ながら、こうした推進派の人々は自分たちの置かれている現状について無知であるか、無 ...