Kris Holt

Consumer Tech

I'm a freelance writer who covers technology for Forbes.
I've also written about tech, streaming, games, esports, internet culture and more for Engadget, The Daily Dot, The Daily Beast, Tech News World, Paste and others. Before that, I spent a couple of years as a sub-editor on my hometown paper.
I'm a Scottish expat who lives in Canada with my partner and many, many plants. Email me tips (or just to say hi) at kris [at] krisholt.net and follow me on Twitter @krisholt

  • 「ポラロイド」が本格復活、新機種が100ドルで発売

    インスタントカメラの代名詞として知られた「ポラロイド」は、デジタルカメラが普及する以前の時代に一世を風靡したが、2000年代に入り経営破綻した後、様々な企業にそのブランドが受け継がれてきた。そのポロライドが本格的な復活を果たし、オートフォーカス機能つきの新たなインスタントカメラとしてよみがえった。新 ...

  • TikTokを追撃する動画アプリ「Byte」が報奨金プログラム始動

    ツイッターは2012年に動画アプリ「Vine」を買収し自社アプリとして公開したが、トップクリエイターが他のプラットフォームに流出したのを受け、2016年に公開を終了していた。Vineの共同創業者のドム・ホフマンは後継アプリの「Byte」を今年1月に立ち上げ、クリエーターに対価を支払うパートナープログ ...

  • グーグルが業務用チャットアプリ開発中、ドライブと連携視野

    グーグルがメッセージアプリと生産性向上ツールを統合した、オールインワン型の業務コミュニケーションサービスを開発中であるとの情報が浮上した。ニュースサイトThe Vergeによると、このサービスはGメールやグーグルドライブ、ハングアウトMeetやChatを統合したものになるという。グーグルは既に、アプ ...

  • グーグルCEO、「AI導入のための国際的ルールづくり」を提唱

    グーグルとアルファベットのCEOを兼任するサンダー・ピチャイは、AI(人工知能)の運用に適度な規制が必要だという考えを明らかにした。ピチャイは英フィナンシャル・タイムズ(FT)に寄稿した論説記事で、顔認証やディープフェイクなどの新たなテクノロジーが不正に利用される危険性について論じた。彼は、これらの ...

  • アレクサの声に複数の「感情」が追加、ゲームなどで活用へ

    アマゾンのAI(人工知能)アシスタントの「アレクサ」は、現状よりも人間味のある会話を行おうとしている。アマゾンは11月26日、開発者向けブログで、米国ユーザー向けにアレクサのボイスに様々なトーンを加えるとアナウンスした。このアップデートで開発者は、アレクサの声の調子をハッピーな感じやエキサイトした感 ...

  • アップルのデザイン責任者、ジョニー・アイブが正式に離脱

    アップルのデザイン最高責任者だったジョニー・アイブは今年6月に、年内に同社を離れると宣言していた。当時は明確な時期を示していなかったが、アップルの役員一覧から彼の名前が削除されたことを11月28日のニュースサイトThe Vergeの記事が伝えた。これにより、アイブが正式にアップルを去ったことが確認さ ...

  • アレクサが医療データと連携、AIで「処方薬の管理」が可能に

    アマゾンの音声アシスタント「アレクサ(Alexa)」に、医師から処方された薬を飲む時間をリマインドする機能が追加された。この機能は米国で11月26日から利用可能になった。サービス開始時点では、米国で200カ所以上のファーマシーを運営するジャイアントイーグル(Giant Eagle)の顧客が対象で、ユ ...

  • 米国でレイプ事件多発のウーバー「車内の会話録音」を開始へ

    ウーバーは利用客の安全性を高めるために、車内の音声の録音を開始しようとしている。昨年4月のCNNのレポートによると、米国ではドライバーが女性客をレイプする事件が少なくとも100件以上発生しており、有罪を宣告されたドライバーも30人以上に達している。ウーバーは車内の録音のテストプログラムをブラジル及び ...

  • グーグルの「自動電話応答システム」コールジョイの実力

    グーグルは今年春の開発者会議Google IOに先がけ、自動電話応答システムの「コールジョイ(CallJoy)」を発表していた。同社は2018年にロボットが電話をかけるDuplexを発表していたが、コールジョイはスモールビジネスの運営者を顧客と想定する自動応答システムで、自ら電話を発信する機能は持た ...

  • ロシアの科学者が「パケ死」寸前、渡り鳥の観察にSMS利用で

    鷲(わし)の行動を観察していたロシアの科学チームが、一部の鳥たちがイランやパキスタンまで飛んで行ったため、多額の通信コストの支払いに直面したことが明らかになった。10月25日のBBCの記事によると、科学者らは13羽のソウゲンワシに通信デバイスを装着し、SMSを用いて渡りのルートを調査していたという。 ...

  • インスタがプライバシー保護強化、外部アプリの管理機能を追加

    インスタグラムはユーザーに対し、より大きなプライバシーのコントロール権限を与えようとしている。これは、アカウントに接続したサードパーティのアプリが入手可能なデータを制限するものだ。ユーザーは従来よりも簡単な操作で、アカウントに接続した外部アプリの動作を、管理可能になる。アプリの設定メニューの「セキュ ...