Bridget Shirvell

I’m a NY-based freelance writer covering food, technology and the environment. My work has appeared in Martha Stewart Living, Civil Eats, PBS NewsHour and more. As the former digital strategy at Edible Brooklyn I worked closely with the Editor-in-Chief to develop editorial content around the magazine’s annual Food Loves Tech event, reporting on urban farms, food waste and other issues relating to how technology is changing our food system. When not editing, reporting or writing, you will often find me exploring new places through their food markets, dreaming about the beach and attempting to wrangle my golden retriever into proper behavior.

  • 廃棄物ゼロ目指すNYのケータリング企業 CO2削減にも貢献

    私たちが非常に多くの食べ物を無駄にしているのは全く隠しごとではない。米国では、食べられる食品の最大40%が毎年捨てられていることを示す調査が増えるにつれ、消費者や非営利団体、企業が食品廃棄物の削減に関心を寄せるようになってきた。ニューヨーク市のケータリング業者、パースレーン(Purslane)は、こ ...

  • 肉の消費が昨年減の米国人は25%近く 健康や環境問題が背景に

    食べる肉のサイズを小さくする、あるいはステーキをカリフラワーに、またはチキンサンドイッチを植物性サンドイッチに切り替えることなどにより食べる肉の量を減らしている米国人はますます増えている。米調査会社ギャラップの調査によると、4人に1人近く(23%)の米国人が、以前と比べて昨年は肉の消費量が減ったと報 ...

  • ホールフーズが予想 来年フード分野で見込まれる10のトレンド

    アルコールなしのカクテルや西アフリカ料理、食べ飽きた面白みのないキッズメニューの改善まで、米食品大手ホールフーズ・マーケットは先日、2020年に到来するフード関連のトレンド10選を発表した。その中でトップに輝いたのが、環境を意識した食べ物だ。今回のランキングは、地元の商品を調達する役割を果たすローカ ...

  • 半数以上が植物由来食品を取り入れ 環境意識高いミレニアル世代

    食生活が現在、大きな注目を集めている。食品ブランドやレストラン、食事配送キット、公立の学校、あるいは米大統領候補まで、あらゆる人が植物由来の食品を話題にしている。英世論調査会社ユーガブ(YouGov)と米アマゾン傘下の高級スーパー、ホールフーズ・マーケットによる新たな調査では、ミレニアル世代の63% ...