CONTRIBUTOR

Robert W. Wood

I focus on taxes and litigation.

I’m a tax lawyer based in San Francisco (www.WoodLLP.com), but I handle tax matters everywhere. I enjoy untangling a tax mess from the past, disputing taxes with the government or planning taxes for the future. One of my specialties is advising about lawsuit payments. Whether you’re receiving or paying a legal settlement, you can probably improve your tax position. I write frequently about taxes, from expatriation to sales tax, from selling your company to restitution. I’ve written over 30 tax books, but my best seller is still Taxation of Damage Awards and Settlement Payments. Contact me at wood@WoodLLP.com.
The author is a Forbes contributor. The opinions expressed are those of the writer.

  • 王子とマークルの婚約、「米政府」を英王室の頭痛の種に?

    米国の女優が英国の王子に嫁ぐ──心温まるような話のようにも聞こえる。英王室は先ごろ、ヘンリー王子と婚約したメーガン・マークルが結婚後、英国籍を取得することになると発表した。税務を専門とする弁護士らはこれを受けて早速、マークルが米国籍であることの問題点を指摘している。英王室にとっての頭痛の種になる可能 ...

  • 脱税で有罪確定のメッシから学べる2つのこと

    脱税の罪に問われていたスペインのサッカー1部リーグ、FCバルセロナのリオネル・メッシに有罪判決が言い渡された。スペインの最高裁判所は5月24日、メッシの上訴を棄却。下級審が昨年7月に下した禁錮1年9月の刑とする判決が確定した。メッシと父親のホルヘ・メッシは複数のペーパーカンパニーを設立し、脱税に利用 ...

  • トランプの納税申告書 ウィキリークスが暴かなくても……

    内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジは、8月5日に放送された米HBOのインタビュー番組に出演。同サイトがドナルド・トランプの納税申告書の入手に「取り組んでいる」と発言したが、ウィキリークスはその直後、そのような計画はないと否定した。番組司会者のビル・メイハーが苛立った様子でア ...

  • 米国籍を捨てる人が急増中、「トランプ大統領」とは無関係?

    これを“新たな通常”と呼ぶのはばかげたことのように思える。だが、米国では再び、過去最多となる国民が市民権を「放棄」しようとしている。米財務省は毎年3か月に一度、国籍を離脱した人たちの氏名を公表している。政治的な目的ではなく、2010年に施行された税法、外国口座税務コンプライア ...

  • 納税問題は政治家の息の根を止め得るか──「パナマ」が消えることはない

    米国では大統領選の前に、候補者がそれぞれの納税申告書を公開することが選挙戦の「呼び物」になっている。英国ではそうでもないが、デービッド・キャメロン首相が最近学んだように、納税は一年のうちのどの時期であっても、またどの国においても、軽々しく扱ってはいけない問題だ。「パナマ文書」と自身の関わりについての ...

  • トヨタの人工知能研究会社TRI、新拠点を開設 自動運転の研究を加速

    トヨタ自動車の人工知能技術研究・開発会社「Toyota Research Institute(TRI)」は4月7日、同社3か所目となる研究施設をミシガン州アナーバーに開設すると発表した。ミシガン大学近くに位置するこの施設は、デトロイト西方の準郊外と呼ばれる地域にある。知識集約型の産業拠点を目指してシ ...

  • 英国が「砂糖税」を導入へ、健康への好影響も期待

    英国の人気シェフ、ジェイミー・オリバーは以前から、子どもたちの健康に大きな変化をもたらすはずだとして、政府は「砂糖税」を導入すべきだと繰り返し訴えてきた。これに対し、デービッド・キャメロン首相が砂糖税を断固として否定したのは、そう昔の話ではない。首相の決意は相当に固く、考えを変えるようにはみられなか ...

  • カニエがザッカーバーグから10億ドルを無税で受け取る方法

    米ラップ歌手カニエ・ウエストが5,300万ドル(約60億円)の負債を抱えているという爆弾ニュースにはいささか圧倒された。いくら才能があるとはいえ、個人の負債としてはゾッとする金額である。もっとも、物事は何事も相対的ではある。おそらく、マーク・ザッカーバーグ・フェイスブックCEOにとっては、5,300 ...

  • 米国・内国歳入庁にパスポート取り消しの権限、法成立

    オバマ大統領が向こう5年間のインフラ歳出法案に署名したことを受け、内国歳入法に新たに7345条が加えられた。これは「H.R. 22 – Fixing America’s Surface Transportation Act, the (FAST法)」の一部として成立したもので ...

  • 米 国内線でパスポート提示が必要に

    パスポートが必要なのは国際線だけだと思っていませんか?2016年には、アメリカ国内線の搭乗にパスポートが必要となるケースが出ると予想されている。税金の滞納があると、IRSがその人のパスポートを無効にすることもできるようになりそうだ。リアルID法によって、州政府が発行する身分証に関する統一的な基準が定 ...

  • ウェズリー・スナイプス氏、23億5,000万円の追徴課税を巡り米国IRSを訴える

    ウェズリー・スナイプスが米国内国歳入庁(IRS)を相手に再び法廷へ戻ってきた。今回はスナイプス氏が原告の立場だ。同氏は2008年に3件の所得税の虚偽申告容疑で告発され有罪となったが、そのときは最も重大な脱税容疑について無罪が言い渡されるなど、スナイプス氏の全面敗訴とはならなかった。しかしながら、その ...