Forbes Staff

Susan Adams

キャリアと仕事、リーダーシップ全般を担当。

1995年、法律コラムのライターとしてフォーブス入社。スタッフに大きな自由が与えられる社風を生かして書籍から億万長者まであらゆる分野を取材してきた。南アフリカ初の黒人億万長者を取材した際は、ケープタウンのショッピングモールで大勢のファンが彼を囲む光景を目撃した。サンフランシスコのテレグラフヒルの丘の頂上で、武器や鎧専門の古物商の家にある隠し部屋を訪ねたこともあれば、フランスの大富豪François Pinaultがベネチアに建てた美術館で、ピカソの孫の一人とシャトー・ラトゥールを飲んだこともある。また、ライフスタイルのコーナーと、John BogleやGordon Bethuneらが執筆する論説コーナーを編集した。現在はリーダーシップコーナーの副編集長として、主にキャリアやCSRに関する記事を書いている。「PBSニュースアワー」に出演依頼をした縁で知り合った聡明な自由主義のエコノミスト、Susan Leeの紹介でフォーブスでの職を得る。それより以前は、口うるさいジャーナリストにして厳しい上司、若い記者にとっては最高の指導者でもあったSteven Brillの下で法律関連の記事を執筆していた。

  • 世界で最も“高評価な大学” 20校リスト

    イギリスの高等教育専門雑誌「The Times Higher Education(略称THE)」が今年も、“世界で最も高評価な大学リスト”を発表した。今年もトップはハーバード大学だが、英国のケンブリッジとオックスフォードがMIT(マサチューセッツ工科大学)やスタンフォードを押 ...

  • 「女の給料は安すぎる」論争がアメリカで勃発

    3月に放送された米人気テレビ番組「ザ・デイリー・ショー」で、司会のジョン・スチュワートは女性政策研究所(IWPR:注)による新しい研究結果を紹介した。それによると、女性が男性と同等の給料をもらえるようになるのは、43年後の2058年とのこと。これに対しコメンテーターのクリステン・シャールはこんな冗談 ...

  • 面接で聞かれる10のバカげた質問とその模範解答

    エリス・チェース氏は人材派遣ビジネスに36年間関わってきた。チェース・マンハッタン銀行人事部などへの勤務を経て独立した氏はこれまで、あらゆる業種向けの面接指導をしてきた。そんなチェース氏に「面接でよく聞かれるバカげた質問とその模範回答」を訪ね、その具体例を以下に列挙してみた。 1. 仕事で好きじゃな ...