CONTRIBUTOR

Christine Comaford

I write about leveraging neuroscience to create remarkable leadership.

I've lived many lives: serial entrepreneur, technology and CEO advisor, venture capitalist, engineer in the early days of Microsoft. Today I help CEOs in rapid growth and turnaround scenarios to achieve previously unheard of results through seeing into their blind spots, aligning their team and Board, changing challenging behaviors, increasing team accountability and execution. Some call me a Business Strategist, some call me an Executive Coach.

  • 従業員エンゲージメントを劇的に改善 導入すべき日々の習慣

    従来型の業績管理方法が、もはや役に立たなくなっていることは周知の事実だ。エール大学と共同で職場環境の改善に取り組むアンドリュー・ファースによれば、米国の労働者にとって最大のストレス要因の一つは、時代遅れでしばしば威圧的な年次業績評価だという。では、いったいどうすればよいのか?成長を促進するフィードバ ...

  • 私がホーキング博士と交わした「魂の握手」

    3月14日はアルバート・アインシュタインの誕生日、そして「円周率の日」であり、さらには世界脳週間にも当たる。そしてこの日は今後、世界的な物理学者・宇宙科学者のスティーブン・ホーキング博士が、この美しく神秘的な星を去った日として知られるようになるだろう。ホーキング博士死去の知らせを聞いた私は、博士と会 ...

  • 聞き上手になるための3つのステップ

    あなたは次の言葉をかけられたことがあるだろうか?「全然分かってくれないな」「何回言えばいいの?」「気が散っているのか、どうでもいいと思っているのか分からない」こうした言葉は全て、あなたが聞き下手だというサインだ。人の話を聞く能力がないと、関係性が損なわれ、時間やエネルギーを無駄にし、組織の重要人物の ...

  • 目標達成のプロセスを変える「ゲーミフィケーション」活用法

    あなたはチームが目標を達成するのを手助けするために“ゲーム”を利用しているだろうか。ゲーミフィケーション(ゲームではない状況でゲームのデザイン手法を利用すること)は健全な競争や学習、コミュニケーションやインセンティブをもたらす。適切に利用すれば目標達成方法を一変させ得るのだ。 ...

  • 職場いじめ、米国では75%が経験 有効な対策は?

    職場いじめは恐ろしいほどよくあることだ。職場にも大きな損害をもたらす。ある調査によれば、働く米国人の75%近くが、いじめの「被害に遭った」、あるいは「目撃した」経験がある。職場いじめは一人、または複数の従業員によって繰り返される問題であり、標的となった人たちの健康に被害をもたらす。この問題の解決を目 ...

  • テクノロジーが人間をダメにする マルチタスクの弊害とは?

    私たちがテクノロジーに接する時間は増え続けるばかりだ。その反面、他者と直接的に接する時間は減り続けている。また、テクノロジーを利用する割合が増す中で、私たちは一層、「マルチタスク」を課されるようになっている。こうした状況は、人間にとっては問題だ。一度に複数の作業をこなすマルチタスクは、認知と感情を制 ...