Sam Shead

I'm a staff writer covering tech, startups and AI in Europe.

I'm a staff writer covering tech, startups and AI in Europe. Previously, I was a senior technology reporter for Business Insider UK and I worked as startups and innovation editor for Techworld and The Daily Mail. My writing has also appeared in The Financial Times, The Telegraph, The Guardian, The Independent, City A.M., and elsewhere. I have also appeared on the BBC, Sky News, Al Jazeera, Channel 5, Reuters TV, and spoken on Russia Today and Shares Radio. In 2015, I was shortlisted for Technology Journalist of the Year by the UK Tech Awards and in 2016 I was nominated as one of the 30 young journalists to watch by MHP Communications.

  • フェイスブックのAIが「ポーカー世界王者」に勝利

    フェイスブックとカーネギーメロン大学が開発したAI(人工知能)を活用したボットが、ポーカーの一種である「テキサスホールデム」で、人間の世界チャンピオンらに勝利した。ポーカーはこれまで、AIの活用が難しい領域とみなされてきた。チェスや囲碁はルールが明確なボードゲームだが、ポーカーでは相手の手が分からず ...

  • AIで新薬開発の英企業「BenevolentAI」が、ユニコーンから転落の危機

    AI(人工知能)を活用して、創薬を行うロンドンのスタートアップが「BenevolentAI」だ。昨年4月に1億1500万ドルを調達したBenevolentAIの企業価値は20億ドルとされたが、次回の調達にあたり同社は大幅に評価額を引き下げると英紙タイムズが報道した。フェイスブックの欧州支社長を務めた ...

  • アマゾンが英「倉庫作業員」1800人採用、ブラック労働の指摘も

    アマゾンは今年、英国で2000人の従業員を新たに雇用し、イギリスでの雇用者数を合計2万9500人以上に増やす計画だ。7月3日、アマゾンはプレスリリースで英国で多岐に渡る分野の人材を雇用し、同社の英国本社やR&Dセンター、AWS部門のオペレーションを拡大すると宣言した。英国のフィリップ・ハモン ...

  • 国際会議GLOBSECで世界のトップが議論した「気候変動」への対処

    6月上旬、夏を迎えたスロバキアの首都ブラチスラバに、世界各国の政界とビジネス界のリーダーらが集まり、安全保障に関する国際会議「GLOBSEC」が開催された。そこで話し合われたのは、人類が今後直面する様々な危機にどう対処するかだ。気候変動に対処するためのビジネスや政府、市民の役割を話し合うパネルディス ...

  • フェイスブックが英国で採用強化、チャイナタウンにAI部門

    ロンドンはシリコンバレー企業にとっての第2の我が家になった。フェイスブックもロンドンを第2の拠点として整備しており、先日はチャイナタウンに一風変わったオフィスを開設したばかりだ。チャイナタウンのオフィスはロンドンにおける同社の3つ目の拠点だ。これまでの2拠点の収容人員のキャパシティが超えたため、フェ ...

  • 米CIAが支援のデータ企業「Palantir」が英国で業務急拡大の理由

    ビリオネアのピーター・ティールがシリコンバレーで共同創業した、秘密主義で知られるビッグデータ企業「Palantir」は今や、米国よりも多くの社員をロンドンで雇用している。米国のCIAからも資金援助を受けているPalantirは、政府の諜報機関などが利用するデータマイニングソフトを開発し、不審者を検知 ...

  • 欧州の起業家は米国の10倍働け、英大物経営者が若手に喝

    英国の旅行サイト「Lastminute.com」を1988年に共同創業したブレント・ホバーマンは6月7日、若手の起業家らを前に、スタートアップを成功に導くための心構えについて語った。スロバキアの首都ブラチスラバで開催されたフォーブスの「Under 30 Global Retreat」の会場で、ホバー ...

  • スポティファイ効果で急伸する「欧州のユニコーン」企業ら

    一般的な認識とは異なり、ヨーロッパの企業価値10億ドル以上のユニコーン企業は、米国の競合よりも早いペースで成長を遂げていることが明らかになった。テック業界では長年に渡り、グーグルやフェイスブック、アップルやアマゾンなどの米国企業が覇権を握ってきた。欧州のユニコーンの成長速度が米国の競合を上回りつつあ ...

  • ファッション企業の「在庫処分」担うスタートアップOtriumの挑戦

    アパレル企業らが売れ残り商品を売却できるオンラインプラットフォームの「Otrium」が、780万ドル(約8億7000万円)の資金調達を実施した。今回の調達はIndex Venturesが主導した。フォーブスの「30アンダー30」にノミネート歴を持つMilan DanielsとMax Klijnstr ...

  • 競争激化の欧州「フードデリバリー」、大手5社の勢力地図

    英国のフードデリバリー企業「デリバルー(Deliveroo)」は5月17日、アマゾンの主導で5億7500万ドル(約633億円)を調達したとアナウンスした。スイスのUBS銀行は2018年6月のレポートで、フードデリバリー市場が2030年までに3650億ドル(約40兆円)規模に拡大すると述べていた。アマ ...

  • 英AIエンジニアの25%が「仕事を辞めたい」と考える理由

    急速に進歩を遂げるAI(人工知能)領域で働くエンジニアの多くが、現在の職場を離れたいと考えていることが明らかになった。彼らは自分たちが作り上げるプロダクトが、人々に脅威を与えることを恐れている。ツイッターの取締役で、旅行サイトlastminute.comの共同創業者のマーサ・レーン・フォックスが設立 ...

  • グーグルがドイツに「プライバシー保護」拠点を開設の理由

    グーグルはドイツのミュンヘンに新たな拠点を開設し、ユーザーのプライバシー保護に向けた施策を強化する。データ保護に関わるプレッシャーに直面する同社は5月14日、バイエルン州の州都ミュンヘンに、「グーグル・セーフティ・エンジニアリング・センター(GSEC)」を開設するとアナウンスした。GSECはプライバ ...

  • 450億円調達の電動キックボード「Bird」が直面する法規制の壁

    米ロサンゼルス本拠の電動キックボード企業「Bird」は、本国と同様のサービスを英国ロンドンで展開しようとしたが、現在はロンドン五輪跡地の公園のみで運営を行っている。昨年11月に英国に乗り込んだBirdは先日、1分間あたりの利用料金を40ペンス(約56円)に引き上げる実験を行ったが、現在は25ペンスに ...

  • 名門VC「アクセル」が600億円のファンド組成、欧州投資を加速

    フェイスブックやSlackの初期出資元として有名なベンチャーキャピタル「アクセル(Accel)」が、新たに5億7500万ドル(約630億円)のファンドを組成し、欧州やイスラエルのスタートアップを支援しようとしている。かつて「アクセル・パートナーズ」の社名で知られた同社は、今回のファンドの組成で運用総 ...

  • ベルリンの旅行企業GetYourGuide、ソフトバンク主導で500億円を調達

    ベルリンの旅行系のスタートアップ「GetYourGuide(ゲット・ユア・ガイド)」が、ソフトバンク・ビジョンファンドの主導で4億8400万ドル(約530億円)を調達した。同社の累計資金調達額は6億5000万ドルを突破した。GetYourGuideの評価額は明かされていないが、同社の企業価値は10億 ...

  • 英調理ロボット「カラクリ」が10億円調達、食品分野に革新

    英国のオンライン専業スーパーマーケットの「オカド(Ocado)」が同社としては初の、ロボティクス分野のスタートアップへの出資を行った。オカドはカラクリ(Karakuri)と名乗る企業の、900万ドル(約9.9億円)の資金調達を主導したと5月9日、アナウンスした。カラクリは日本語で「メカニズム」を意味 ...

  • 英フィンテック界に新ユニコーン、Checkout.comが企業価値20億ドルに

    英国の国際送金を手がけるフィンテック企業「Checkout.com」が5月2日、2億3000万ドル(約256億円)の資金調達を実施し、企業価値は約20億ドルに達した。欧州のフィンテック分野では過去最大規模の同社のシリーズAラウンドは、Insight PartnersやDST Global、シンガポー ...

  • ワッツアップが「決済機能」導入へ、ロンドンで100名を採用

    フェイスブックはフィンテックのハブである英国のロンドンで、「ワッツアップ」のモバイル決済機能を開発しようとしている。このニュースは英フィナンシャル・タイムズで報道され、フェイスブックの広報担当はこれが事実であるとフォーブスの取材に対し認めた。決済機能の開発に向けて約100名が新たに雇用されるが、その ...

  • テンセントが英国で医療データ収集、パーキンソン病治療の試み

    中国のテンセントはロンドンの医療系スタートアップ「Medopad」と共同で、パーキンソン病の治療の臨床試験を開始した。Medopadは患者の医療データを収集し、医師の診断に役立てるアプリを開発している。英フィナンシャル・タイムズの報道によると、テンセントとMedopadはAI(人工知能)を用いた医療 ...

  • IPO目前のウーバー、英国で「公共交通の乗り換え情報」に対応

    ウーバーが地下鉄やバスなどの公共交通機関の乗り換え情報を表示する機能を追加した。新機能は現在、英国のロンドンや米国のデンバーで利用可能だ。公共交通機関を含めた検索が可能になったことで、ウーバーのアプリはグーグルマップやアップルの地図アプリ、乗り換え情報アプリのCitymapperらと競合することにな ...