Caroline Castrillon

I write about career, entrepreneurship and women’s advancement.

I’m a business and life coach who helps people escape their 9-5 jobs, so they can find fulfillment working for themselves. As the founder of Corporate Escape Artist, I made the leap to entrepreneurship after a successful 25-year corporate marketing career and have never looked back. Prior to Corporate Escape Artist, I held executive leadership roles in small tech firms as well as Fortune 500 companies like AMD, Dell, and Sony. I have an MBA from the Thunderbird School of Global Management and am a Certified Professional Coach (CPC) and Energy Leadership Index Master Practitioner (ELI-MP). In addition to Forbes.com, I also contribute to Thrive Global and enjoy inspiring others through my weekly Facebook Live show and my blog on CorporateEscapeArtist.com.

  • 独立労働者の重要性 今こそ認めるべき理由

    米国は「機会の国」として知られており、これは4000万人以上の人々にとって、自由と充実感を与えてくれる仕事を求めることを意味する。こうした労働者は、請負人、フリーランサー、ギグワーカー、コンサルタント、自営業者と呼ばれる。そしてこれらを包括した言葉が、独立労働者(インディペンデント・ワーカー)だ。米 ...

  • 副業をフルタイムの仕事にする5つのコツ

    夢を実現させるための経済的な自信が欲しい人は多いはずだ。多くの米国人は現在、副業を育てることで自由と充実感を得るようになっている。金融情報サイト「バンクレート(Bankrate)」の新たな調査では、働く米国人の半分近く(45%)が本業の他にギグ(単発や短期の仕事)をしていると報告している。また、米銀 ...

  • 常に謝る女性たち 不要な謝罪をやめて力を取り戻すには

    あなたは、気づいたらいつも「すみません」と言っていないだろうか? 誰かのメールに返信し忘れたとき、スーパーで意図せず人にぶつかってしまったとき、会議の途中でくしゃみをしてしまったときなど、まるで終わりのない謝罪のサイクルに陥っている状態だ。必要以上に謝罪を繰り返すと、あなたの権威は損なわれ、キャリア ...

  • 1日に100回スマホをチェックするのをやめる方法

    スマートフォンに生活を乗っ取られていると感じることはあるだろうか? あなたが夜寝る前、最後にすること、そして朝起きて最初にすることは? そう、スマホのチェックだ。私たちは車の運転中(願わくば信号待ち中)も、スターバックスで列に並んでいる時も、美容院、空港、バス停、会議、列車でも、さらには旅行中もスマ ...

  • キャリアに行き詰まったとき 打開のための5つのステップ

    あなたは、満足できないキャリアで表面的に成功しているように感じるだろうか? 振り返ってみると、大学卒業後最初の仕事を受けた理由は給与の高さや福利厚生の手厚さ、あるいは安全な仕事に見えたことであって、その仕事に情熱を持っていたからではないことに気づく人は多い。あなたは、常識的ではなく取るに足りないもの ...

  • 満足できないキャリアから自分を解き放つ4つの方法

    人生が偶然に進んでしまったように感じることはあるだろうか? 一つの仕事が次へと続き、5年、10年、20年後、特に満足感も得られないキャリアを積んでいる。もしかしたら、自分が何をしたいのか、どのようにそれを達成するかをきちんと考える時間を取らず、偶然によって今の仕事に就いていると感じるかもしれない。こ ...

  • 起業において大切なのは断ること 「ノー」と言う3つの方法

    「イエス」と言うのは簡単だが、「ノー」と言うのは難しい。子どもを持つ人であれば、「ノー」を学ぶのが子どもにとってどれほど簡単なことか理解できるだろう。子どもはいつもこの言葉を使っている。しかし成長するにつれ「ノー」という言葉が遠い記憶となり、「イエス」が日常化する。これは不思議なことだ。人を喜ばせた ...