CONTRIBUTOR

Liz Ryan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

I was a Fortune 500 HR SVP for ten million years, but I was an opera singer before I ever heard the term HR. The higher I got in the corporate world, the more operatic the action became. I started writing about the workplace for the Chicago Sun-Times in 1997, but it took me ages to find my own voice. Now I write for the Huffington Post, Business Week, LinkedIn, the Harvard Business Review, the Denver Post and Forbes.com and lead the worldwide Human Workplace movement to reinvent work for people. Stop by and join us: http://www.humanworkplace.com

  • 就活者の「無礼でプロ意識に欠ける行為」5選

    以下は読者のショーンから寄せられた便りと、私からの回答だ。プロ意識に欠けるリクルーターや面接担当者についての記事を頻繁に書いていらっしゃいますが、その理由が私にはよくわかります。私は長い間、人事の仕事をしており、就職希望者がひどい仕打ちを受けるのを何度か目にしたことがあります。就職あっせん会社や募集 ...

  • これを言う上司は信用するな 小心者が発する5つのせりふ

    職種にかかわらず、上司というのは仕事で最も重要な人間だ。部下は上司を信頼し、尊敬しなければならない。そうでなければ、薄氷を踏むことになる。職場でもどこでも、“恐れ”は強い動機となる。もしあなたの会社の上司が恐れを抱いている人だった場合、必要と感じたらすぐにあなたを犠牲にするだ ...

  • 自分はフリーランスに向いている? 見分けるための10のサイン

    以下は読者のムケシュから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は多国籍企業で働いていますが、今の仕事には本当に嫌気が差しています。今は自営業になることばかり考えていて、タイミングが合えばコンサルタントとして独立したいと思っています。私の業界で働くコンサルタントの知り合いが数人いますが、私よりはるかに高 ...

  • 上司に嫌われていても仕事で成功する方法

    以下は読者のハリーから寄せられた便りと、私からの回答だ。今の仕事は、全てが理想的と言ってもいいほど素晴らしいのですが、唯一の例外が上司との関係です。上司の「フィル」は私のことが気に入らないようで、それを隠そうともしません。私が今の部署に異動したのは1年前で、その約1か月後にフィルも現場でのポジション ...

  • 名目だけの「匿名」社員調査 回答が上司にばれたらどうする?

    以下は読者のアーネストから寄せられた便りと、私からの回答だ。私の会社は毎年「匿名」の従業員調査を実施しています。ここで「匿名」とかっこ付きで書いたのは、私が今まで会話した同僚の中で、この調査回答が本当に内密にされていると考えている人はいなかったからです。そのため、私は今まで調査に回答したことはありま ...

  • 侮辱的な採用条件を提示された時の対処方法

    以下は読者のエブリンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は10月から職探しをしています。ある商用不動産会社のプロパティマネジャーの職に応募し、これまで2度面接を受けました。プロパティマネジメントの仕事は以前経験があったので、採用のチャンスがあると思ったのです。そして実際にオファーを受け ...

  • 使ってはいけない「陳腐なビジネス英語」10選

    私は「新年の抱負」という概念があまり好きではないが、それでも毎年新たな習慣を身につけて悪習を断つのは素晴らしいことだと思う。やめた方が良い習慣を5つ挙げると次の通りだ。1. 喫煙2. 睡眠不足で活動を続けること3. 自己批判4. 自分のことを他人に決断させること5. 自分の夢が現実的でない、自分には ...

  • 優秀過ぎる社員が受ける10のひどい待遇

    以下は読者のロンダから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は10年間、専業主婦として子育てをしていましたが、2016年8月に現在の職場に就職しました。従業員としてまた働けることがうれしく、最初の1年ほどは仕事にも非常に満足し、毎日出勤が楽しみでした。長期間仕事から離れていたため、現職は初心者レベルと ...

  • 採用で最も大切な資質は「業界経験」ではない

    私は以前、急成長中のテック企業で人事部長を務めていた。会社では、数か月で300人もの従業員を採用したこともある。ある日、社長から「知り合いの男性の履歴書を渡すので、良い採用枠がないか見てくれ」と言われた。「もちろんです。どのような経歴の方ですか?」と聞くと「私の通うジムの責任者だ」という答えが返って ...

  • 出会った瞬間に「この人の下では働けない」と思ったら

    以下は読者のバージニアから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は人事マネジャーで、勤めていた会社が買収されたので転職活動をしています。これまでいくつか面談し、先週もリクルーターの紹介で、ある会社の人事担当副社長のチャールズと面接をすることになりました。人事部アシスタントの案内でチャールズのオフィスに ...

  • 夢の仕事を手に入れる方法 必要なのは「恐怖心」の克服

    人は子どもが小さいときには「何でも好きなものになりなさい」と言うのに、成長して中学に入学するころには、現実的になるよう説教を始める。こうやって大半の子どもは少しずつ、どんな大きな夢でもかなうことを信じなくなる。それでも、年齢を重ねてから夢をかなえることはできる。才能や個性、情熱を生かせて、やりがいも ...

  • その仕事、もう1年続けるべき? 答えが「ノー」である10のサイン

    年末年始は決断の時だ。同じ仕事をあと1年続けるか? それとも2018年はより良い仕事を探すべきか──?「この仕事を続ける価値があるか」を自問するには、今が最高のタイミングだ。心に留めておくべきなのは、人は実証済みの事柄に固執し、不慣れなものを避けがちだということ。転職は骨が折れる作業だ。今の仕事が自 ...

  • あなたが在宅勤務をさせてもらえない本当の理由

    以下は読者のマーカスから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は3月に新たな街に転居して以来、「週40時間オフィス勤務」のような従来型の仕事しか見つけられません。昔住んでいた街では、今よりずっと簡単に在宅勤務のポジションが見つかりました。なぜ管理職は、従業員が各自の好きな場所で働くのを嫌がるのでしょう ...

  • キャリアで前進できない人が持つ5つの悪習

    以下は読者のレジーから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約4年前から、将来性のない仕事を辞められないでいます。上司はマネジャーとしての資質がない人ですが、最高経営責任者(CEO)のいとこです。上司は自分が解雇されないことを知っています。私は彼の半分の給与で、彼に代わって仕事をしています。CEOの ...

  • 面接で「問題を解決した経験」を聞かれたときの答え方

    以下は読者のサイモンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は求人サイトに履歴書を登録して数社に応募しました。すると、選考のため自動応答電話がかかってきました。自動応答の質問に答えるのは少し怖くもありますが、続けました。質問の1つは「仕事で直面した問題と、それをどのように解決したかを教えてください」 ...

  • あなたをだましこき使う悪徳企業 見分ける10のポイント

    以下は読者のグロリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。どうしても就きたい職があり、これまで4回面接を受けました。将来有望なスタートアップ企業です。ところが一向に内定をもらえません。初回の面接から2回目までは4週間も待たされました。その後さらに、従業員らの前でプレゼンをしました。3回目の面接だった ...

  • 低すぎる現給与額、リクルーターに伝えたら一生薄給のまま?

    以下は読者のマリアから寄せられた便りと、私からの回答だ。現在転職活動中ですが、うまく行っていません。スキルはあるので、リクルーターからの問い合わせは多く受けます。普通は最低6万ドル(約670万円)の年収をもらえるはずの仕事なのに、私が現在4万2000ドル(約470万円)しか稼いでいないことが分かると ...

  • 優秀な社員が解雇される10の理由

    私たちは大昔から、仕事に一生懸命取り組み目標を達成すれば成功が保証される、と教えられ、大半の人はそれを信じてきた。だがこれは間違いだ。組織で最も重要なものは、その企業の戦略や製品・サービス、株価ではない。これらはどれも「結果」にすぎない。どんな組織においても、最も重要なのは、最上層から最下層まで職場 ...

  • ネット求人応募で「直近の年収」を聞かれたら 記入を避ける裏技

    ネット上で興味のある求人に応募するとき、ある問題に直面することが多い。ネット上でのエントリーではほぼ毎回、今までの職務の年収を書かなければならないことだ。この情報は共有しない方が良い。そもそもこれは、私的で個人的な情報だ。それに会社は、同部署内の他の従業員にどれだけの給与を支払っているかを明かそうと ...

  • 面接で緊張する人に贈る10のアドバイス

    採用面接では、ほぼ誰もが緊張するものだ。面接の場は人工的な状況だ。実生活では、相手のつまらない冗談に力いっぱい笑ってみせたり、赤の他人にうやうやしい態度を取ったりすることなどない。面接では、質問に答えて良い印象を与えつつ、自分が本当にこの会社に入社したいかを判断するための情報も集めなければいけない。 ...