CONTRIBUTOR

Liz Ryan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

I was a Fortune 500 HR SVP for ten million years, but I was an opera singer before I ever heard the term HR. The higher I got in the corporate world, the more operatic the action became. I started writing about the workplace for the Chicago Sun-Times in 1997, but it took me ages to find my own voice. Now I write for the Huffington Post, Business Week, LinkedIn, the Harvard Business Review, the Denver Post and Forbes.com and lead the worldwide Human Workplace movement to reinvent work for people. Stop by and join us: http://www.humanworkplace.com

  • 求職者が「する資格のない」5つのこと

    以下は読者のモーガンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私はあなたの人を勇気づけるような視点が好きです。これまで、就職先で何かと嫌な目にあってきました。現在、転職活動中ですが、全く自信が持てません。同じ求人に応募した他の人の方が、自分より適格ではないかと思えてならないのです。自分にはスキルも資格も ...

  • 求職者が「出るくい」になるためにできること

    求職者が犯す大きな過ちの一つは、無難な道を選ぶことだ。名前のないクローンのように振る舞い、就職活動で遭遇するあらゆるいじめに耐え、雇用主からの不快な要求を許していれば、雇用主に認められず就職活動は長引き、やる気はそがれ、ひどい仕事しか手に入らない。私の息子が飼っているハリネズミは、怖がるとボールのよ ...

  • 部下に決して頼んではいけないこと10選

    以下は読者のノラから寄せられた便りと、私からの回答だ。私はこのコラムがおおむね好きですが、「上司に自分の秘密を話さないように」というアドバイスだけは例外です。私はリーダーとして、部下が業務外で抱えている問題の手助けをするため、部下の状況を把握しておく必要があります。以前、優秀な部下の成績が突然低下し ...

  • 決して上司に言ってはいけない、自分に関する10のこと

    以下は読者のサバンナから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は先週、上司と一緒に、あるネットワーキングイベントに参加しました。運転役は私で、自分の車に上司のシェリを乗せる機会はほとんどないので、それに気を取られていたんだと思います。口を滑らせて、言うべきでないことを口にしてしまいました。 ...

  • 転職時の給与額交渉 絶対口にしてはいけない10のこと

    私はある大学で講演したとき、入学事務局で働く若い男性と知り合った。彼は次のように話した。「私は1年前にこの仕事に就きました。他にも1社から内定をもらっていましたが、給与の交渉で失敗しました。今の仕事の方が自分には合っていたので良いのですが──」。私は「どんな交渉をしたのか、ぜひ教えてください」と言っ ...

  • その高給求人、裏があるかも? 避けるべき企業が持つ10の特徴

    以下は読者のロスから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は11月から就職活動をしていますが、ようやく最近各社が年末年始モードから抜けたため、調子が上がってきました。現在3社の選考過程に残っていますが、すでに1社からは内定をもらい、もう1社からも内定が出そうです。3社目はどうなるか分かりませんが、この ...

  • 劣悪な職場からついに転職 退職面談ではどこまで正直に話すべき?

    以下は、読者のJJから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。私は新しい仕事を見つけました。今の会社へは来週知らせようと思います。早く辞めたくて仕方ありません。新たな仕事場で、新しい上司のカレンと仕事を始めるのが待ち遠しいです。彼女は今の上司であるテッドとは大違いです。テッドは本当に性格が悪い ...

  • 「なぜ前職を辞めたのですか?」への答え方5選

    以下は読者のゴードンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は面接で「なぜ前職を辞めたのですか?」と聞かれるのが嫌いです。聞いて当然の質問だとは思いますが、答えが複雑になってしまうことが多いです。私が前職を辞めた理由は、上司の財務担当副社長が別の管理職と社内恋愛していたせいで、職場環境が劣悪になって ...

  • 内定取り消しを恐れて交渉を我慢、求職者が払う代償は

    以下は読者のコールから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は4か月の転職活動の末、つい最近内定をもらいました。内定を承諾する前に、提示された条件を交渉したいです。自分には、より高い基本給と役職をもらう価値があると思います。低い役職で新たな役割に就いてしまうと、なかなか成功できないのではないかと思いま ...

  • 失敗からのみ学べる人生の教訓10選

    以下は読者のキャムから寄せられた便りと、それに対する私からの回答だ。2017年は私史上最悪の年でした。1月に私はある会社から解雇されました。私と会社のアートディレクターの間には、クリエイティブ面での意見の相違がありました。アートディレクターは私の上司ではありませんでしたが、とても大きな地位のある人で ...

  • 採用面接で避けるべき「最悪な行動」5選

    就職希望者のほとんどは、面接での「パフォーマンス」が気になるものだ。質問に答える際にあたふたしてしまうのではないか、面接官が聞く特定の採用条件を自分が満たしていないのではないかと心配する。だが、面接官からささいなこと(例えば、その企業が使用している特定のツールの使用経験について)を尋ねられたとしても ...

  • 「優秀さの呪い」 デキる社員が会社を辞める理由

    以下は読者のコリンから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は最近、10年勤めた会社を辞めました。最初は腰を据えて働けるような職場でしたが、しばらくすると状況は悪化しました。勤務を続けながら5か月間密かに転職活動を行い、やっと今の会社に就職できました。今の方がはるかに幸せで、変化を起こす意欲 ...

  • 部下に嫌われる上司が取る10の行動

    新年を迎え、皆さんは職場や色々な場面で、今年は何を変えたいか考えていることだろう。もし部下を持つ立場にあるなら「今年はどうしたら去年より良い上司になれるか」を考える良い機会だ。部下の立場に立って考えてみよう。部下はあなたに今年、どんなことを改善してほしいと言うだろうか? 以下に、部下をいら立たせる上 ...

  • 2018年「もっと自信のある自分」になるための9の方法

    以下は読者のマルグリットから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさん私はリズさんの記事を読んで、非常に多くのことを学んでいます。どれも素晴らしいアドバイスばかりですが、自分に自信がない今の私には実行できないものばかりです。私は、自分に自信が持てないことが問題だと最近気づきました。今まで働いたことの ...

  • 面接で「5年後の自分」を聞かれたら

    以下は読者のロビンから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は面接で聞かれる「5年後の自分は何をしていると思いますか?」という質問が嫌いです。ばかばかしい質問だと思います。5年間の雇用を保証するつもりもないくせに、なぜ私の5年後の自分についての考えが知りたいのでしょう?私が思い描く5年後の姿は、企業に ...

  • 絶望的な職場が持つ10の特徴

    以下は読者のカイルから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は約2年前、今の職に就きました。最初の1年間は順調でしたが、以降は悪化の一途になっています。状況が好転してくれることを願ってきましたが、その願いは今のところかなっていません。新しい副社長が就任しましたが、6か月も経たずに退任しました。辞任した ...

  • 「あなたの理想の仕事は?」 面接で聞かれたときの答え方

    以下は読者のアネットから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は「あなたの理想の仕事は何ですか?」という面接時の質問が嫌いです。こんな質問に、どうやったら正直に答えることができるのでしょうか?私の理想は、収入のためにしている今の仕事よりも、ずっと創造的な仕事に就くことです。この質問は引っ掛け問題だと思 ...

  • 転職先選びに必要な「10の絶対条件」

    以下は読者のブレットから寄せられた便りと、私からの回答だ。私は今の仕事をやめる決心がつき、昨年9月から転職活動をしています。現在2社から内定をもらったほか、2社で選考が進んでいます。選択肢がいくつかあるため、転職先は厳しい基準をもって選びたいです。今既に仕事には就いているので、転職するなら今よりはる ...

  • 無意味で侮辱的な人事評価、企業がいまだに続けるのはなぜ?

    以下は読者のヘイズから寄せられた便りと、私からの回答だ。リズさんへ私は昨年7月、成長中の製造企業に人事部長として就職しました。最高経営責任者(CEO)で上司の「ジェイク」と面談をした際、私が年1度の人事評価制度の廃止を考えていることを伝えました。全社員に評価表を記入させ、毎年ミーティングを行う評価プ ...

  • 給料が既に頭打ち、この先どうすれば?

    以下は読者のギルバートから寄せられた便りと、私からの回答だ。先日、上司から衝撃的なことを告げられました。上司いわく、私は受け取れる給与額の上限に達しているとのことでした。今後望める昇給は年1度の生活費増加分だけだそうで、その額は微々たるものです。別の役職への昇進を目指すべきかと尋ねましたが、「給与水 ...