CONTRIBUTOR

Liz Ryan

I write about bringing life to work and bringing work to life.

I was a Fortune 500 HR SVP for ten million years, but I was an opera singer before I ever heard the term HR. The higher I got in the corporate world, the more operatic the action became. I started writing about the workplace for the Chicago Sun-Times in 1997, but it took me ages to find my own voice. Now I write for the Huffington Post, Business Week, LinkedIn, the Harvard Business Review, the Denver Post and Forbes.com and lead the worldwide Human Workplace movement to reinvent work for people. Stop by and join us: http://www.humanworkplace.com

  • そばにいてほしい5つのタイプの人たち、今一番必要なのは誰?

    フルタイムで働くことは、簡単なことではない。職探しも楽なことではない。働くことは精神的に疲れることだし、複雑なことだ。仕事のうち、机に向かっていることはまだ気楽な方で、「人」を相手にすることはまた別の話だ。私たちは色々な問題について自分で考えることができるし、ほとんどの人はそうしている。だが、他人の ...

  • 新時代の有能なリーダーに不可欠な7つの資質 アメとムチはもう効かない

    私たちは仕事や働く人たち、それらの関わり方についてより多くを学び、知識を積み重ねている。そして、以前とは異なり、職場のリーダーたちの資質に関する事実──彼らの多くには、不可決なスキルが備わっていないということ──について率直に語り始めている。リーダーたちの多くは、他の従業員たちとどのように話し、どの ...

  • 人事が嫌われる10の理由

    私が初めて人事担当者の職に就いたのは1984年。休暇明けに上司から突然、「君は今日から人事部長だ」と告げられた。それまで率いてきたカスタマーサービス部門を去るのは悲しかった。というのも、人事担当者になれば、これまでのように顧客や営業担当者と話すことができなくなると思ったからだ。だが幸いにも、私は素晴 ...

  • こんな職場は願い下げ! 初日に辞表を出すべき悪環境の5つの例

    自分の感情が一日のうちにどのように変化するか、注意を向けてみてほしい。不安感、あるいは何かに対する信頼感など、さまざまな感情が一気に押し寄せくることもあるだろう。ついさっきまで良い気分だったのに、急に恐怖心やパニック、焦燥感に襲われることもある。こうしたことが起きるのは、あなたが何かを恐れていること ...

  • ダメな上司の「素質」を見破る10項目、身近に該当者はいる?

    「強いリーダー」になるために必要なことは何か──この問題については数えきれないほどの本が出版され、さまざまなことが言われてきた。だが、私たちはリーダーシップについて、別の見方もしてみる必要がある。それは、素晴らしいリーダーになるのは本当に難しいという点に注目してみることだ。企業や組織の枠組みは、物事 ...

  • 採用面接のあり方を変える? 米で質問を制限する新法成立

    マサチューセッツ州が米国で初めて、雇用主が就職志望者に対して過去の給与を尋ねることを禁じる法律を成立させた。同州のチャーリー・ベーカー知事が8月2日、新たな同一賃金法案に署名した。多くの雇用主は、新規採用者の給与水準を、その人物の以前の給与水準を基に決めてきた。だがマサチューセッツ州の各企業の人事・ ...

  • 可能性を制限しているのは自分自身? 確認するためのチェックリスト

    人生は不公平だ。なぜ私は幸運をつかめないのだろう──きっと誰でも、そう思ったことがあるだろう。よくあることだ。だが、そう思った瞬間に、私たちは別の誰か、組織、あるいは状況に、より大きな力を与えてしまっていることになる。つまり、それらに「負けて」いるのだ。あなたの力をそぐこうした感情は、負けにつながる ...

  • ダメな上司だけがする10の発言

    いい上司を見分けるのは簡単だ。いい上司は、「よくやった!」や「調子はどう?」と常に声をかけ、部下の話に耳を傾け、士気を高めることが上司にとって一番重要であることを心得ている。ダメな上司はそれが分からない。中には、ある日フレンドリーだったかと思えば、翌日には罵声を浴びせてくる人もいる。能力のない上司の ...

  • 「自分に厳しすぎる自分を捨てる」、批判の声が聞こえたらすべきこと

    自分で自分を責めてしまうことは、誰にでもよくある。だが、自分を批判する声が頭の中で聞こえてきたら、その声に対して、こう問いかけてみよう──「本当に私を批判しているのは誰なのか?私はなぜその批判を聞いてしまうのか?」その声はきっと、あなた自身のものではない。ずっと昔に記憶に刷り込まれた誰かの声が、勝手 ...

  • 「求められる人材」になる5つの方法

    企業が求める人材とは、どのような人なのだろうか?雇用市場にあまり長くとどまることなく、容易に次の仕事をみつけられる人だ。つまり、コミュニケーションをうまく取ることができる人だ。こうした人たちは、自分の関心事や経験について、応募先の採用担当者に適切に伝えることができる。どうすれば、企業が採用したい求職 ...

  • 顧客対応に使ってはいけない5つの言葉──問題解決のカギは「共感」

    カスタマーサービスは嫌な仕事だという人たちがいる。それがなぜなのか分からずにいた私は、“現代の”コールセンターの様子をみて初めて、そう言われる訳を理解した。そのオフィスはまるで、地獄に落ちた宇宙船「エンタープライズ」の操舵室のようだった。昔は従業員と顧客との通話時間を記録した ...

  • 職場で「洗脳」されていない? 見極めるための10項目

    私たちは働くなかで、簡単に何かに洗脳されてしまう。同じ場所に毎日通い、同じ言葉を何度も繰り返し耳にする。その言葉は、私たちの頭に染みついてしまうのだ。そして、まったくの間違いかもしれない考え方(例えば、あなたの働き方に関する上司の意見は“非常に”大切だ、など)を内在化させてし ...

  • 有害な人と過ごす時間を減らす5つの方法──大切なのは「自分」だ

    私たちは年齢を重ねるにつれ、誰と一緒に時間を過ごすかということの重要さを身にしみて理解するようになる。一緒にいると嫌な思いをする人と長い時間を過ごせば気がめいるし、自己嫌悪に陥ったりもする。そしてその気分は、その人と別れた後まで残ったりもする。一緒にいるべきでない人と近い間柄でいなくてはならないとい ...

  • その態度、同僚に嫌われるかも──チームワークにおいて気をつけたい5つのこと

    私たちのほとんどは、チームの中で仕事をしている。それなのに、チームメートやチームワークとは何かということについて、話すことがない。これはおかしなことだ。だが、話さない理由は分かっている。人間くさい厄介な話は、誰も話し合おうとしないから厄介なのだ。そうしたなかで、私たちが気を付けておきたい5つの習慣的 ...

  • 転職活動で「資格や書類より大事」なこと5つ

    求人広告はあなたの自尊心を傷つけかねない。それらを見ていると、自分の素晴らしい経験も才能も全く意味がないように思えてくる。それは雇用主たちが“ないものねだり”をしているからだ。求人広告には、誰も満たすことのできないような条件がずらりと並んでいる。それは採用プロセスに問題がある ...

  • 会社があなたを大事にしていないことが分かる10の兆候

    多くの従業員が、雇用主からの“不当な扱い”に声を上げられずにいる。しかし、仕事においても家庭においても、状況は自分で変えるしかないのだ。不平を言うのは確かにリスクがあるかもしれない。だが、リスクを取らない人よりも取っている人の方が成功していることに、あなたも気づいているはずだ ...

  • 自分のエネルギーを浪費しないための9つの行動

    自分自身に「内なる力」があり、それを賢く使うことも、無駄にすることもできると気づくころには、すでに40代に入っていたという場合もある。他人を魅了したり、嫌悪感を抱かせたりするその内なる力は、誰にでもある。私たちは皆、できる限り互いに共鳴し合える人と共に時間を過ごしたいと考える。だが、誰とでも気が合う ...

  • 就職面接で強い印象を残すには

    喉から手が出るほどほしかった仕事の面接で次点に終わったら、その時、あなたは目が覚めるだろう。面接者の質問に従順な子羊のように答えているだけでは、仕事は手に入らないと気づくだろう。 質問にことごとく「正しく」答えて、あとは黙って次の質問を待っているようでは、仕事のオファーは来ない。 面接者の注意を引く ...

  • 「あなたは自分を正しく評価出来ていますか?」低過ぎる自己評価を5つのパターンで考える

    最高に充実した状況であれば、仕事はただ報酬を得る機会というだけでなく、もっと大きなものになる。仕事は、専門性と個性を伸ばすことが出来る場だ。また創造性や知性という筋肉を鍛えることが出来る場所だ。仕事を通して自分のバッテリーを充電したいものだ。それは無理だろうか?この地球に存在する仕事に電力を供給する ...

  • 転職活動の型破りな切り札

    ここ数年アメリカで求職活動をした人ならば、採用プロセスがおかしなことになっていることにお気付きだろう。求人企業の採用ポータルサイト経由で100社に応募しても、1社からも返信がないということが日常茶飯事になっているのだ。返信が来たと思えば決まって「ご縁があればまたご連絡させていただきます」という簡潔す ...