日本株式会社人事戦略委員会

「日本株式会社」への提言

日本には様々な課題が山積しています。
"働き方改革" "人づくり革命" "HR Tech"
取り組むべきテーマは次々と生まれつつあるものの、
人が働く現場の変化に繋がっているとは言い難い状況があります。
世界は変化し、様々な分野の技術は進化していく中で、資源に乏しいこの国にとって
最大の資源となりうる人と組織の課題が、置き去りにされています。
企業が変わらなければ、日本は変わらない。人事が動かなければ、企業は変わらない。
この国にとって希望となる人・組織の未来を創るのは、人事である。
私たちはそんな意志を持ち、リンクアンドモチベーションとForbes JAPANは共同で、
「日本株式会社人事戦略委員会」を立ち上げました。

日本株式会社人事戦略委員会は、この国が直面する難局を希望へと導く
「人事の特別委員会」となるべく活動していきます。

  • 育成にベストプラクティスはない。人事はマネージャーをどう育てるべきなのか?

    不確実性が高く、変化の激しい時代において、企業の競争力の源泉となるのが「人材」だ。優秀な人材を揃える方法は「外部からの採用」もあるが、「内部で育成する」方法もある。多くの日本企業は形式ばった研修や施策に固執するあまり、なかなか人材の育成が上手ではない。では、どのように育成を行なっていくべきか。201 ...

  • 研修のための研修は終わり。人材育成はこれからどう変わっていくべきなのか?

    終身雇用、年功序列といった旧来の雇用制度が崩壊し、企業と社員の関係性がフラットになった今の時代において、人材育成はどうあるべきなのか。「人生100年時代」とも言われ、働き方に対する考え方が大きく変わっている中、企業は個人とどのように関係を築き、どのようにして人材を育てていけばよいのだろうか?2018 ...

  • 経験や勘による採用の脱却へ。データ活用で採用はどう変わるのか?

    自社にふさわしい人材を採用するには、どうすればいいのか──これまで人事担当者の経験や勘によって策定されていた採用基準も、近年はビッグデータやAI(人工知能)といったテクノロジーによって、定量的に判断できるようになっている。昨今、人事関連の業務をテクノロジーの技術で効率化する「HR Tech」の可能性 ...

  • HR Techの可能性を討論!人事はテクノロジーをどう活用すべきなのか?

    クラウドやビッグデータ解析、人工知能(AI)などのテクノロジーを活用して採用・育成・評価・配置といった人事関連業務を効率化する「HR Tech」に近年、世界的に注目が集まっている。企業の組織人事領域における新たなテクノロジーは従来の人事関連業務をどう変えるのか。また、人事は新たなテクノロジーをどのよ ...

  • 人事の視点で考える「働き方改革」。日本企業が向かうべき方向とは?

    ここ数年、日本中で議論が巻き起こっているテーマが「働き方改革」だ。「残業時間の上限規制の導入」「同一労働同一賃金の適用」「高度プロフェッショナル制度の創設」という3つの法案が成立し、少し進展を見せている「働き方改革」だが、実のどころ、どうあるのが理想的なのだろうか? 2018年8月2日に行われた「H ...

  • イノベーションを生み出す組織を人事はどう作るべきか

    変化のスピードが早く、不確実な時代において、企業が生き残っていくために必要なことは「イノベーションによる新たな価値創造」だ。しかし、日本はイノベーション後進国と言われており、アメリカや中国から遅れをとっている。そうした中、「人事が組織の変革を担う立場になることで、イノベーションを生む組織がつくれる」 ...

  • 目指すべきは「働き方改革」ではなく「経営改革」~ネスレ日本のマネジメント・イノベーション

    7年間で売上は27%増え、利益は78%増えたネスレ日本。その一方で一般管理費は年間9%抑えられている、という。人員減のなか増収増益を達成できた理由はどこにあるのか。「働き方改革ではなく、経営改革を目指した」そう語るのは、ネスレ日本代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏だ。終身雇用をはじめ、給与体系や企業 ...