Sansan / PR

Share & Connect 〜共創する組織のつくり方〜

Sansanは、企業内にある全ての名刺を「価値ある資産」に変える、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって正確にデータ化され、名刺情報を企業内で管理・共有することが可能になります。2017年7月現在、導入企数は7,000社を越えています。

  • 最も腑に落ちる言葉を持つドミニク・チェンが語る組織のシナジー

    共創する組織のつくり方|#3 ドミニク・チェンさまざまな学問領域をまたぐ豊富な知見と人脈、鋭い考察で時代を俯瞰する情報学研究者のドミニク・チェン。起業家としての顔も持つ彼に、名刺が持つ可能性と組織にシナジーを起こす情報の共有化と効率化について語ってもらった。「この白い箱を持ってみてください」早稲田大 ...

  • 愛され球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」の胸熱シナジー

    共創する組織のつくり方|#2 立花陽三2017年の観客動員数が177万人に達し、138億円の売上高を記録した東北楽天ゴールデンイーグルス。地元に愛され、チームの成績に左右されない黒字経営を実現した球団の組織力は、いかにして生まれたのか。楽天野球団 代表取締役社長の立花陽三に「シナジーを生み出す組織づ ...

  • 元Google人材領域のプロフェッショナルが日本の組織にシナジーを与える

    共創する組織のつくり方|#1 ピョートル・フェリクス・グジバチ会社組織と個人の関係性は従来のそれとは大きく変わってきている。シナジーが生まれ、成果を上げる強い組織を築くために必要なものは何か。元Googleで、プロノイア・グループCEO、「0秒リーダーシップ」「世界最高のチーム」の著書でも知られるピ ...

  • 日本と中国で顧客基盤を共有 社内のコミュニケーションが変わる

    Sansan 導入事例 #2|電巧社電気機器・電気設備の販売、配電盤等の製造、電気・空調工事やソフトウエア開発などを幅広く手掛ける株式会社電巧社。「電気のコンシェルジュ」と標語を掲げ、モノだけでなく技術込みのサービス提供に努めている。2014年には、中国・上海にDENKOSHA SHANGHAI T ...

  • 新規顧客情報の登録数が3倍 全社員のつながりが会社の資産に

    Sansan 導入事例 #3|神戸デジタル・ラボ株式会社神戸デジタル・ラボは、1995年10月に創業されたIT企業で、Webシステムの開発・運用・保守、先端技術開発、情報セキュリティーサービスの提供などを行う。顧客情報の一元管理や手動で行っていた顧客データベースへのデータ入力作業の簡素化、営業機会の ...

  • クレディセゾンの「2本柱」が新規契約数前年比30%増を実現する理由

    Sansan 導入事例 #1|クレディセゾンクレジットカードビジネスをはじめ総合的なノンバンク事業を展開する株式会社クレディセゾン。社をあげて取り組む働き方の革新の軸のひとつである全社法人営業では、Sansanの活用で成果を出している。「働き方革命」に取り組む株式会社クレディセゾンは、2014年11 ...