Dan Reed

I write about airlines, the travel biz, and related industries

I wrote my first airline-related news story in May 1982 – about the first bankruptcy filing of Braniff International Airways. That led to 26 years covering airlines and related subjects at the Fort Worth Star-Telegram and USA TODAY. I followed the industry through the entire arch of deregulation: expansion, disruption, and consolidation. I’ve also written two books on the subject: American Eagle: The Ascent of Bob Crandall and American Airlines, published in 1993, and (with co-author Ted Reed) American Airlines, US Airways and the Creation of the World’s Largest Airline, published in 2014. Today, I operate my own consulting firm and work as a freelance journalist covering aviation, faith, travel, business, IT, education, and sports. I’m a graduate of the University of Arkansas (Woo Pig Sooie!) and Southwestern Baptist Theological Seminary.

  • 欧米諸国「夏休み」調査 米国人は約半数がキャンプ志向

    米国人がこの夏過ごす休暇の日数は、欧州10カ国やブラジルの人と比べて少ない。ただ、米国人が休暇に費やす予算は最も多いことが判明した。これは、調査会社イプソスが旅行保険会社ジェネラリ・グローバル・アシスタンス(Generali Global Assistance)のため今年3~4月に行った19年目とな ...

  • 出張先の空気に注意 アジアや中東で危険な大気汚染進む

    デリーやカイロ、北京、リヤド、ジッダ、ドバイなど、急速に成長を遂げるアジア・中東の大都市に出張する人は、小さい粒子をほぼ除去することで肺を保護するマスクの持参を考えよう。2日以上の滞在を計画している場合、マスクをいくつか用意した方がよいかもしれない。もちろん、出張に向かう人が多いこうした都市に就航す ...

  • 旅行業界で高まり続ける中国の影響力 言語習得が必須に?

    人口動態や人口分布の変化が将来に決定的な影響を及ぼすと思うなら(全ての人がそう考えるわけではないが)、中国語を学び始めるべきだろう。韓国語もいいかもしれない。旅行業界で働くなど、将来はホスピタリティー産業に関わりたいと思っているなら、なおさらだ。中国の消費者が国外への旅行に使った金額は昨年、2580 ...

  • 羽田空港の発着枠の拡大、米デルタと出張者に最大の恩恵か?

    過去41年間、米国の都市と東京を結ぶ空の便について主に不満な点とされてきたのは、12~15時間かかるフライトの後に、さらに約2時間をかけて移動しなければならないことだった。それは1978年から2010年まで、東京行きの便が到着する唯一の空港が、都内からおよそ72㎞離れた成田国際空港だったからだ。東京 ...

  • 「出張は負担ではなく特典」、働く米国人の考えに変化

    あなたは出張時の宿泊施設やサービスのアップグレードのために、自腹を切ってもいいと考えるだろうか? 答えが「ノー」なら、いまやあなたは少数派のようだ(多数派との差はわずかだが)。出張については従来、家族や友人と過ごす時間を減らしたくないという理由から、少ない方がいいとされてきた。だが、最近ではそうした ...