Kori Hale

I’m the CEO of CultureBanx, redefining business news for minorities.

I am the CEO of CultureBanx covering the intersection of business, technology and innovation for minorities. I was raised in investment banking while working at UBS internationally and Goldman Sachs in the states. I’m also the first black woman to anchor a daily news show from the New York Stock Exchange. Previously, I produced TV for the number one business news network on CNBC’s top rated shows Squawk on the Street and Squawk Alley. Prior to joining CNBC, I was an international producer for Bloomberg TV and a financial correspondent for TheStreet.com. As a board member for Brooklyn Center for the Performing Arts, I’m proud to be part of a generation of emerging arts supporters.

  • アマゾン、黒人女性CEO率いる「Zoox」を12億ドルで買収

    巨大な破壊的創造者として知られるアマゾンが、その手腕を自動運転分野でも発揮し、「Zoox(ズークス)」を12億ドル(約1283億円)で買収した。今後は、アイシャ・エバンス(Aicha Evans)最高経営責任者(CEO)が率いるZooxと協力して完全自動運転のタクシー開発に取り組み、ライバルであるア ...

  • 資源供給問題打開へ、テスラ、コバルト調達でグレンコアと契約

    米電気自動車(EV)大手のテスラ(Tesla)が、コバルトの調達に関して、スイスの資源大手グレンコア(Glencore)と新たに契約を結んだ。物議を醸しているこの鉱物の使用を、テスラが段階的に減らしていると考えられていたなかでの決定だ。コバルトの世界生産量の3分の2はコンゴ民主共和国が占めており、グ ...

  • 顔認識「一時停止」のテック大手、問われる本気度

    アフリカ系米国人のジョージ・フロイドが警察官に殺害された事件を機に、米国のテクノロジー業界にも行動を求める声が強まっている。アマゾンとマイクロソフト、IBMはこれまでに、自社で開発した顔認識技術から少しばかり距離を置いてみせた。だが、はたしてその程度の対応で、大手テック企業が人種プロファイリングや人 ...

  • 米ウーバーイーツ、黒人経営店の配達料を無料に

    アフリカ系米国人に対する警察の暴力に抗議するデモが各地で行われる中、米ウーバーイーツは、配達料の無料化を通じた黒人コミュニティーの支援に乗り出した。対象となるのは米国とカナダの主要都市で黒人が経営するレストランで、年末まで配達料が無料となる。ニュースサイト「カルチャーバンクス(CultureBanx ...

  • クルーズ船運航最大手カーニバル社は倒産を免れられるか

    クルーズ船運航の最大手カーニバル・クルーズ・ライン(Carnival Cruise Lines:以下、カーニバル)の経営幹部が非難を浴びている。乗客乗員を新型コロナウイルスの感染リスクにさらす可能性を認識していながら、クルーズ船を出航させていたためだ。ブルームバーグの報道によると、同社は3月半ばにク ...

  • 上場1年で株価85%下落の「アフリカ版アマゾン」の苦境

    アフリカ版アマゾンとしてその名を轟かせた「Jumia(ジュミア)」は昨年4月、アフリカの大手テック企業としては初めてニューヨーク市場でIPOを果たした。しかし、ピーク時に30億ドルに達した同社の時価総額は、現在2億5000万ドル付近まで低下している。Jumiaは目先の収益よりも事業拡大を優先してきた ...

  • Grindr、米国当局からの懸念を受けて中国企業が株売却

    2020年3月、世界最大のLGBTソーシャルアプリのひとつ「Grindr(グラインダー)」を運営する中国企業「北京崑崙万維科技(Beijing Kunlun Tech)」は、6億ドルを超える金額で、このプラットフォームを売却した。アメリカ当局が同プラットフォームについて、情報の安全性に大きな懸念を表 ...

  • 新型コロナウイルスで、最も経済的痛手を受けるのはマイノリティ

    ほんの6週間前まで、アメリカ経済の情況はとても明るかった。失業率は50年ぶりの低水準に達し、賃金は着実に上昇。中小企業楽観指数は記録的な高さだった。だがそれも、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が米国を襲うまでの話だった。感染が広がりつつある今では、経済を支えるために、連邦準備制度理事会( ...

  • ジェイ・Zのベンチャーキャピタル、支援資金8500万ドルを調達

    「99 problems」という持ち歌のあるラッパーのジェイ・Zは、99個の問題を抱えているのかもしれない。ただし、新たに立ち上げたベンチャーキャピタルについては、多額の資金を調達しているので問題はなさそうだ。2020年2月に公表された米証券取引委員会の申告書類によると、大物実業家でもあるジェイ・Z ...

  • ヘルステック分野に注力するグーグル、米国民の救世主となるか

    検索大手のグーグルは現在、ヘルステック分野に注力し、多額の投資を行っている。「Google Health」部門の従業員は、現在500人を超えている。グーグル親会社のアルファベットも、検索サイトのグーグルを医者代わりにして医療関連のアドバイスを求める消費者たちに対し、より質の高い検索結果を提示するため ...

  • 「ヴィクトリアズ・シークレット売却」背景にリアーナの猛追

    人気歌手リアーナの手がけるランジェリーブランド「サベージxフェンティ(Savage x Fenty)」が、市場シェアを伸ばして「ヴィクトリアズ・シークレット」を追い上げるなか、ヴィクトリアズ・シークレットの親会社エルブランズ(L Brands)は2020年2月、わずか11億ドルの評価額で、ヴィクトリ ...

  • 「ブラックフェイス」問題で、プラダがNY市人権委員会と和解

    イタリアの高級ファッションブランド、プラダ(Prada)は2018年、人種差別主義の表現を連想させるブラックフェイス(黒人に扮するために黒く塗った顔)を模した猿のキャラクターを販売し、批判を浴びた。この件に関して、同社とニューヨーク市人権委員会(New York City Commission on ...

  • 英EU離脱、アフリカには好機 新協定で投資など促進へ

    英国が1月31日、欧州連合(EU)から離脱した。アフリカ諸国から見ると、これまでよりも有利な貿易協定の締結に向けて、地域全体としての政治的な影響力を振るって英国側と交渉できる、千載一遇のチャンスが訪れた格好だ。英国としては、離脱に伴う激変を緩和するための11カ月の「移行期間」中に、できるだけ多くの貿 ...

  • インポッシブル・フーズがマクドナルドとの提携を断念か

    植物由来の代替肉を製造販売する米インポッシブル・フーズは、大手ファーストフードチェーンの次なる顧客として狙っていたマクドナルドの説得を断念したと伝えられている。インポッシブル・フーズは、テニス選手のセリーナ・ウィリアムズや、俳優のジェイデン・スミス、コメディアンのトレバー・ノア、ラッパーのジェイ・Z ...

  • 持続可能な「ヴィーガン」スニーカーは、次のトレンドになるか

    ヒップホップファンのあいだでは、スニーカーの限定モデルが大きな話題だ。しかし、その次にブームとなりそうなのが、生分解が可能な素材でできた「ヴィーガン」スニーカーで、ブランドとファンの両方から熱い視線を集めている。ナイキやアディダスなどのスニーカー大手は、売上を伸ばすと同時に環境に配慮するべく、こうし ...

  • Tモバイル、スプリントとの経営統合完了後の更なる展望

    米通信会社Tモバイルの上層部が、米ケーブル最大手のコムキャスト(Comcast)との合併について、可能性を検討していたことが判明した。同業でソフトバンクグループ傘下の米スプリント(Sprint)との間で進行している265億ドル(約2兆9175億円)規模の合併が完了した後の一手として考えられていた模様 ...

  • ジェイ・Zが「音楽業界の敵」と呼んだSpotifyに復活した理由

    12月4日に50歳の誕生日を迎えたジェイ・Zの過去の楽曲が、スポティファイ(Spotify)で再び視聴可能になった。この動きに驚いたのは、ジェイ・Zが共同オーナーを務めるストリーミングサービスTidal(タイダル)の利用者らだ。ジェイ・Zは「アーティスト・ファースト」をスローガンに掲げ、ストリーミン ...

  • ヴィクトリアズ・シークレット低迷、リアーナがその一因に

    ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」は2019年11月21日、毎年恒例となっていた下着ショーの開催中止を発表した。同ブランドに打撃を与え、時代にそぐわないショーを中止に追い込んだ一因が、歌手リアーナの人気ランジェリーブランド「サベージxフェンティ(Savage x Fenty)」であ ...

  • 「アフリカ版アマゾン」と呼ばれるEコマース企業Jumiaが苦戦

    アフリカ版アマゾンと呼ばれるJumia(ジュミア)は今年4月にニューヨーク証券取引所に上場したが、Eコマース事業の収益化に苦戦し株価は77%の下落となっている。アフリカ大陸の十数カ国で事業を展開する同社は先日、カメルーンでの事業を停止すると宣言した。当面の利益よりも将来の成長を見据えるJumiaの戦 ...

  • 気球でネット接続を提供するグーグルの「ルーン」、次はアマゾンへ

    グーグルの親会社であるアルファベット傘下で、気球を使ったインターネット接続を提供する「ルーン(Loon)」。同社はそのサービス提供エリアを、アフリカから、南米アマゾン川流域の熱帯雨林へと広げようとしている。ルーンはこのたび、オープンアクセスのインフラ事業者「Internet Para Todos P ...