畠山 理仁

常識にとらわれない挑戦者たち

フリーランスライター。1973年愛知県生まれ。早稲田大学在学中の1993年より、時事問題から政治分野まで幅広く取材・執筆活動を開始。有名か無名かに関わらず、挑戦を続ける人々の人生を追う。2017年11月、『黙殺 報じられない"無頼系独立候補"たちの戦い』(集英社)で第15回開高健ノンフィクション賞受賞。他の著書に『記者会見ゲリラ戦記』(扶桑社)、『領土問題、私はこう考える!』(集英社)などがある。

  • 農村を疲弊から救え 大分県の「小さな巨人」利他の思考

    Forbes JAPANが主催した「スモール・ジャイアンツ」大賞、「CUTTING EDGE」部門(最先端技術)で高得点の評価を得たエネフォレスト。日本で唯一世界基準をクリアした空気清浄機「エアロシールド」を世に送り出した「小さな大企業」だが、地元を活性化するためのもうひとつの事業も進めている。 本 ...

  • 空気環境も選ぶ時代に「小さな大企業」がつくった世界基準の装置

    今年、Forbes JAPANが主催した「スモール・ジャイアンツ」大賞。キラリと光る「小さな大企業」を選ぶ選考過程において、大分県大分市に本社を置くエネフォレストは「CUTTING EDGE」部門(最先端技術)で高得点をマークした。評価の対象は、空気感染対策の世界基準を日本で唯一クリアした同社開発の ...