中竹 竜二

自分自身の育て方

日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター、株式会社チームボックス 代表取締役、一般社団法人日本ウィルチェアーラグビー連盟 副理事長、一般社団法人スポーツコーチングJapan代表理事。
1973年福岡県生まれ。早稲田大学人間科学部に入学し、ラグビー蹴球部に所属。同部主将を務め全国大学選手権で準優勝。卒業後、英国に留学。レスタ―大学大学院社会学修士課程修了。三菱総合研究所等を経て、早稲田大学ラグビー蹴球部監督を務め、自律支援型の指導法で大学選手権二連覇など多くの実績を残す。2010年退任後、日本ラグビー協会初代コーチングディレクターに就任。U20日本代表ヘッドコーチも務め、2015年にはワールドラグビーチャンピオンシップにて初のトップ10入りを果たした。2014年、企業のリーダー育成トレーニングを行う株式会社チームボックス設立。2018年、コーチの学びの場を創出し促進するための団体、スポーツコーチングJapanを設立、代表理事を務める。著書に『新版リーダーシップからフォロワーシップへカリスマリーダー不要の組織づくりとは』(CCCメディアハウス)など多数。

  • 夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ

    「5年後の目標はある?」上司との定期面談でそう聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるだろうか? もし、同じ質問をされたら、正直、私はうまく答えられない。おそらく、この手の質問に迷いなく言葉が出る人は、今どき少ないように思う。変化スピードが年々速く感じられる世の中において、“中長期的 ...

  • 「石の上にも3年」の呪縛から脱する、正しい判断軸の作り方

    「石の上にも3年」これは昔から聞き慣れたことわざで、忍耐や継続に美学を見出す日本社会では、事あるごとに引用される言葉だろう。その頻出シーンとしてまず浮かぶのが、就職したての若者に向けた餞(はなむけ)だ。「どんなに冷たい石でも、3年座り続けたらあたたまる。同じように、仕事も、少しやってみて自分に向かな ...

  • 人には強みも弱みもない、あるのは「特徴」だけだ

    順調なキャリアを歩むために“強み探し”は重要である。これはよく言われていることであり、私もまったく異論はない。他者との差別化ポイントを自分自身がよく分かっていることは、心地よく無理なく人生を楽しむために必要な戦術だ。ただし「強みはいつでも弱みに転換される」ということは覚えてお ...

  • 今日のランチ選びから実践 「好きなこと」を見つける感性トレーニング

    個人が「こうしなさい」と言われるままにキャリアのレールに乗るのではなく、自分で自分の志向を見極めてスキルを磨く時代へ。この流れの中で、突然「好きなこと探し」が奨励される、大きな転換期に差し掛かっていることは前回の記事でお伝えした。多くの人にとって、“初めての挑戦”となるであろ ...

  • 「好きなことが見つからない」は正しい 肯定から始める新時代の捉え方

    長時間労働削減、副業解禁、リカレント教育──。働き方改革を推進するキーワードとして、ここ1年でよく見聞きするようになったこれらの言葉を、皆さんはどう捉えているだろうか。残業が減って、早く帰れるようになって嬉しい。本業以外に、好きなことでお金を稼げるのは大歓迎だ。働きながら学べる柔軟な社会が早く実現し ...