OFFICIAL COLUMNIST

坂本 雅志

センスのいい「個人情報」の使い方

顧客と企業との関係性を構築する「CRM戦略」を核とする経営コンサルティング会社、株式会社スマートウィル オーナー社長。1993年、日本生命に新卒入社し、12年間リテールマーケティング戦略に従事。2005年、PE投資を中心とした投資会社に参画し、主にリテールビジネス領域の投資先経営支援を担当後、テレマーケティング事業のリーディングカンパニー、株式会社ベルシステム24の専務COO等に従事。日本テレマーケティング協会常任理事等兼任。

2010年より現職にて、外資系アパレルブランドや化粧品、ライフスタイル、メディア関連業界の企業を中心にCRM戦略をサポート。最近の関心事は、販売現場の情報武装化。ヒューマンタッチを前提に、最先端のITソリューションを組み合わせたハイブリッドな売場作りなどに力を注いでいる。

2012年からは青山学院大学大学院 MBAコースで講師も務める。主な著書「この1冊ですべてわかる『CRMの基本』」(日本実業出版社)。

  • 「情報銀行」 個人情報がリアルなお金にかわる時代へ

    総務省は10月2日、いわゆる「情報銀行」に求められる情報信託機能の認定に関する説明会を開催する、と発表しました。遡ること7月、三菱UFJ信託銀行の「個人データ銀行」構想が報じられたのを皮切りに、情報銀行(情報利用信用銀行)に関する動きが活発化していますが、そもそも「情報銀行」とはどんな銀行なのでしょ ...

  • ​個人情報の使い方にも「センス」が問われる時代へ

    この1、2カ月の間に、登録しているSNSから利用規約やプライバシーポリシーの改定に関するメールがたくさん送られてきたかと思います。新聞などでも盛んに取り上げられていましたが、それらはEU(一部非加盟国も含む)で5月25日に施行された個人情報データに関する保護を強化するための新たなルール「EU一般デー ...