Contributor

Christina Troitino

I write about the big business behind food & agriculture.

I am a food and agriculture business writer. My work has been featured in Mashable, The A.V. Club, Culinary Institute of America, SF Chronicle, Yahoo, The Huffington Post and more. I am a MasterChef Top 100 finalist. I created food site Pâté Smith, as well as run music news site Mind Equals Blown. I am currently studying at the Stanford Graduate School of Business. Previously I studied economics at NYU and have lived in NYC, Seattle and SF. Contact me at christinatroitino@gmail.com.

  • 肉汁も再現した「インポッシブル・バーガー」、FDAが安全性を確認

    植物由来の肉を製造・販売する米インポッシブル・フーズは先ごろ、同社製品に使用される主要な成分の大豆レグヘモグロビンについて、食品医薬品局(FDA)から安全性に問題はないとの見解を示す通知を受け取ったことを明らかにした。「インポッシブル・バーガー」は、肉を使ったバーガーの味や食感を大豆で再現したことで ...

  • ビッグマックに対抗可能? ロボットが作るバーガー店が近く開業

    何年も前から繰り返し話題に上り、そのたびに注目を集めてきた「完全自動化された」ハンバーガー店が近く、サンフランシスコのソーマ地区にオープンする。クリエイター(旧社名モメンタム・マシンズ)の最高経営責任者(CEO)であるアレックス・バーダコスタスが開発した「ハンバーガー・ロボット」が最初に関心を呼んだ ...

  • 「西洋型の食事」が生んだ複雑な問題、解決策はあるのか

    米国の消費者は毎日、1人当たり450g近い食品を廃棄しているという。持続可能性の重要性を訴える人たちにとっては、非常に残念なことだ。米農務省(USDA)が主導した調査によれば、同国で1年間に廃棄される食品の量は、1人当たり約100~130kg。食卓に並ぶ食品は毎年、その20%以上が廃棄されている計算 ...

  • スナック菓子の未来について、業界大手が注目する5つのこと

    米飲料・食品大手ペプシコのスナック菓子部門であるフリトレーほど、おいしい製品ポートフォリオと知名度の高さを持った食品会社はほとんどない。大人気の「チートス」や「ドリトス」などを手掛けるフリトレーは、世界最大のスナック菓子メーカーの地位を維持してきた。それは、戦略的買収だけではなく、消費者の好みの変化 ...

  • 「エリート主義」イメージの払拭へ、米代替食メーカーの新戦略

    ミールリプレイスメント(代替食)メーカー、米ソイレント(Soylent)は今年4月、小売業最大手ウォルマートの450以上の店舗で、ドリンクタイプの代替食の販売を開始すると発表した。ソイレントは、一連のリコールやインターネット上に投稿された同社製品に関するありがたくない動画をきっかけに悪評を買ったこと ...