OFFICIAL COLUMNIST

田中 宏和

ネーミングが世界をつくる

同姓同名収集家。1994年よりはじめた田中宏和運動で、同一性と偶然性についての哲学研究を行う。現在は米国マーサ・スチュアート氏の164人以上の世界記録を上回るべく、タナカヒロカズの同音同姓同名の集いを目指す。一般社団法人田中宏和の会の代表理事。一般社団法人東北ユースオーケストラの監事/事務局長。電通Bチーム所属。1969年京都市木屋町生まれ。

はじめに名前ありき。名付けられたるヒト、モノ、コトから世界はつくられる。この連載では、人間の名指し行為であるネーミングから立ち現れてくる現在とその行く末を「ネーミングが世界をつくる」と題して考えていく。

  • eスポーツは「体育会系会社員」を絶滅させるのか

    TOKYO2020を2年後に控え、日本選手の活躍が目立ったインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア競技大会。わたくしが注目したのは、「eスポーツ」と「頭脳スポーツ(マインドスポーツ)」だ。「eスポーツ」とは、コンピューターゲームの対戦競技「エレクトロニック・スポーツ」の略称であり、今回の大会では正 ...

  • 「トークンエコノミー」が切り拓く未来に繁栄はあるのか?

    わたくしは、これまでに139人の同姓同名の田中宏和さんに会ってきた。1994年から始めたこの「田中宏和運動」では、全国の田中宏和さんたちが一堂に集う全国大会を行っている。昨年の第3回大会では、北は北海道から南は鹿児島まで、87名の田中宏和さんが東京に集まった。4年前には「一般社団法人田中宏和の会」と ...

  • Z世代の居場所は、おっさんの「リカレント教育」の場となるか?

    「会社の中で居場所を見つけられなかったんだよ」1年ほど前、早期退職したコピーライターの先輩から、もの悲しげな言葉を聞いた。社内でも遠巻きに敬意を抱いていた職人タイプの方だっただけに、その心情吐露は胸に響くものがあった。先月、政府は「人生100年時代構想会議」での検討を経た「骨太の方針」として、社会人 ...

  • 「ベビーテック」はイヤイヤ期の子育ての救世主となるか?!

    まさか齢50を迎えんとして2歳児のオムツ替えをするとは。まったく20歳の自分に教えてやりたいものだと、「明るい家族計画」性を欠く、我が人生に微笑する朝だ。2歳児を保育園に強制連行し、ひと息ついた通勤電車で、いまや同じ車両に乗り合わせた誰ひとりとして持っていない、紙の新聞なるものを縦ふたつ折りにして開 ...

  • TOKYO2020を「インクルージョン」な多様性の祭典に

    「インクルージョン」という言葉を初めてニュースで耳にして、眼を見開かされたのは3年前だ。しかも、その言葉の発話主体がタレントの菊池桃子さんと知り、とっさに「まさかイリュージョンではあるまいな」と疑った自分の非礼は恥じるほかない。第3次安倍内閣の肝入り政策を検討する「一億総活躍国民会議」の民間議員メン ...