Official Columnist

柴田 菜々子

「踊る広報」の副業論

1990年生まれ。静岡出身。8歳より新体操を始め、中学時代には県指定強化選手として全国大会に2度出場。桜美林大学に入学後、ダンス専攻でコンテンポラリーダンスを始める。
2013年4月〜主婦に特化した人材サービス会社ビースタイルに新卒入社。以来、現在まで企業広報を担当。
2015年7月〜ダンス活動を充実させるため働き方を週3日勤務に変更。「踊る広報」としてダンスと仕事の両立を目指す。週3日勤務になってからダンスは東京に限らず地方や海外にて公演。またPV出演など幅広く活動。

  • 相乗効果の渦を作る 副業に不可欠な「信頼貯金」

    私はいま週3日は会社に勤務、週4日はダンスという二足のわらじを履いた生活を送っている。週3日勤務を初めて1年が経った頃から、ちょっと面白い感覚を得た。仕事の1つはオフィスワーク、もう1つは身体表現のダンスと全く異質な2つ。しかし私の中で、その2つの仕事がどんどん距離を縮めはじめ、ゆったりと渦をまくよ ...

  • 「制度」よりも「現場の理解」、副業を3年間続けて気付いたこと

    働き方の議論の中で、副業(複業)やパラレルキャリアという言葉は徐々に浸透し、自らその働き方を体現する人たちも増えてきた。私は「踊る広報」として、週3日は主婦に特化した人材サービス会社「ビースタイル」にて通常勤務、残りの4日は、20年間続けているコンテンポラリーダンスのダンサーとして活動している。この ...