Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • ビジョン先行が生んだ「世界を変えた」イノベーション12選

    「窓口時間に関係なく現金を引き出すにはどうすればいいのか」との問いから誕生した銀行ATM、「1000曲をポケットに」を叶えたiPod。世界を変えたイノベーションの多くは、テクノロジーありきではなく、問題ありきで生まれている。人と向き合うことで問題を見つけ、それを解決するというミッションやビジョンがあ ...

  • 首相になるには時間がかかる、だから「ビジネス」という道を選んだ

    ともに大学中に起業、東大出身、名前が高橋……1400万人に1人という共通点を持つ、ジーンクエスト高橋祥子とナイル高橋飛翔。なぜ、起業という一見リスクの高そうな道を選んだのか。また、経営で大切にしていることは何なのか聞いた。(前回記事はこちら>>)祥子:京都大学 ...

  • 三菱ケミカルが新チームで挑む「脱・茹でガエル」作戦

    2017年4月、三菱ケミカルに新しいチームが発足した。そのメンバー、全員、化学以外。異色のチームは、これから何をなすのか。茹でガエルになりかけている社員を目覚めさせるのは、それほど難しいことじゃない。ビーカーの中に、蛇を放てばいい─。現会長の小林喜光からそう勅命を受けた越智仁は、2015年4月、社長 ...

  • 1400万分の1の確率で出会ったふたりが「起業」を選んだワケ

    唾液を採取するだけで、疾患リスクや体質の特徴など約300項目についての遺伝情報が得られるサービスを提供するジーンクエストの高橋祥子と、デジタルマーケティング事業と情報サービス「Appliv」などのスマートフォンメディア事業を展開するナイルの高橋飛翔。東大在学中に起業した二人に、起業を考えるようになっ ...

  • アメリカ中古不動産の流動性を支える2つの安心

    日本で不動産投資を行う場合、物件の価値は築年数によって大きく左右されるが、アメリカでは、築年数よりもその物件が建てられている周辺環境によって不動産の価値が決まる。ゆえに都市開発が進み、治安に優れたエリアは、築20年、30年の物件がリフォーム、リノベーションの繰り返しにより、新築物件と何ら変わりない価 ...

  • ユーザー数はスラック以上、ゲーマー向けチャット「ディスコード」

    登場からわずか2年で爆発的に広まったチャットアプリのディスコード。人気の火付け役となったゲーマーたちのあいだで、圧倒的な評価を得ている理由とは?週6日、自分がゲームをしている様子を170万人のフォロワーに向けてストリーミングで中継する通称リリク(26)は、ゲーム界のスターだ。プレー中、彼の画面にはひ ...

  • ビジネスクラス以上が似合う、TUMIの上質トロリーケース

    持ち物にはその人の品格が出る。よい物には理由があるのだ──。ファッションディレクターの森岡弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第9回は、トゥミのトロリーケースをピックアップ。小暮昌弘(以下、小暮):今日はビジネスマンの間で圧倒的な人気を誇るバッグブランドのトゥミで ...

  • 「デル」創業者兼CEOに聞く成功の秘訣

    まさに、機を見るに敏な会社である──。1984年、パソコンの保守管理会社として生まれた「デル」だったが、90年代に企業や一般家庭が当たり前にパソコンを持つようになるや、製造販売に進出。注文生産の直販スタイルによる低価格路線がウケて、瞬く間に市場を席巻したのだ。だが勢いが徐々に鈍化するにつれ、一般消費 ...

  • ムスリム・ファッションの魅力を世界へ、マレーシア人女優の挑戦

    母国マレーシアの美少女コンテスト、Dewi Remajaで優勝したのは2010年のこと。その4年後、ノール・ネロファ・モド・ノールは「ヒジャブ(ムスリム女性が頭を覆うスカーフ)」を身にまとうことを決め、それがオシャレに敏感なムスリム女性たちを触発するファッションブランド、「Naelofar Hija ...

  • ドイツ自動車産業を襲う「三重苦」は産業の未来をどう変えるか?

    高品質で安心。ドイツ製のクルマは、時代を超えて高い評価を受けてきた。ところが2015年9月、VWは不正行為を認め、世界に衝撃を与えることに。それから2年。ドイツ在住の記者が見た自動車業界が歩む“いばらの道”とは。ドイツを支える自動車産業は今、第2次世界大戦後、最も深刻な危機を ...

  • アマゾンやグーグル、企業を伸ばす米国「トップCxO」8人

    企業の経営課題を解決する役割を担う、CxO。アップル、グーグルをはじめとした米トップ企業で活躍するCxOとは──ジョナサン・アイブ|アップルCDO(チーフ・デザイン・オフィサー)年齢:50才(在籍年数 25年)出身:イギリス チングフォード学歴:ニューカッスルポリテクニック(現・ノーサンブリア大学) ...

  • 「日本の起業家ランキング2018」表彰、高校生対象の特別賞も

    フォーブス ジャパンは12月1日、みずほ銀行の協賛のもと、アワードセレモニー「JAPAN’s STARTUP OF THE YEAR2018」をパレスホテル東京で開催。「Forbes JAPAN」1月号で発表した「日本の起業家BEST10」ほかランキングを表彰した。本ランキングは、外部評 ...

  • 数字で読み解く「不動産投資でアメリカが選ばれる」3つの理由

    不動産投資の潮流が、日本国内への投資から海外を含めた分散投資へと変わりつつある。海外への不動産投資先として、まずは人口の増減、経済成長率が投資判断の一つの目安となるが、リーバンス・コーポレーションCHAIRMAN & CEOであるNICK ICHIMARU は、そこにこだわり過ぎてはいけない ...

  • 経営課題を「働き方」で解決する、日本で唯一のCWOの姿

    「働き方改革」が注目されるはるか前から、「ワークスタイル」を経営の重要戦略と位置づけた企業があった。その企業に4年前に誕生した、CWOとは。「ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する」をミッションに掲げるSansanには、日本で唯一の変わった役職がある。CWO(チーフ・ワークスタイル・オフィサ ...

  • 東南アジアを席巻する「回転寿司チェーンの王様」

    マクドナルドにケンタッキー──。だが、マレーシアにはもう1つ人気のファストフードチェーンがある。回転寿司チェーンの「SUSHI KING」だ。同国に113店舗、ベトナムに4店舗を展開するSUSHI KINGを立ち上げたのが連続起業家の小西史彦(73)である。小西は、東南アジアを船で回る日本政府の企画 ...

  • 日本の起業家ランキング2018、66歳・33歳の起業家がダブル1位

    「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが本当に世界を変えているのだから」──かつてアップルのTVCMで流れていた印象的な言葉、スティーブ・ジョブスが大事にしていた哲学。あれから20年、日本、そして世界には、あらゆる領域で本気で世界を変えようと壮大なビジョンに挑んでいる人たちがいる。フォーブ ...

  • いま、日本のクラウドファンディングが大きく変わる

    日進月歩のテクノロジーとともに加速するIT新時代のスピード。これまで分業が当たり前だった業務改革・システム開発・組織/ファイナンス設計・バックオフィスを含めた運用体制の構築までOne-Stopで手がける集団が現れた!まず業務改革を行い、それを基に要件定義やシステム開発、運用設計、組織やファイナンス面 ...

  • 伝説の杜氏・農口尚彦84歳が最後に挑むSAKEイノベーション

    日本酒の世界では伝説とまで称される農口杜氏が帰ってきた。「菊姫」や「常きげん」など数々の銘酒を生み出すも、高齢のため引退していた杜氏・農口尚彦さんが、新しい酒蔵「農口尚彦研究所」を舞台に酒造りに復帰するという。84歳の杜氏にとっておそらく最後となるこのチャレンジに、彼を駆り立てるものとはいったい何か ...

  • 企業価値向上のために エーザイCFO独自のファイナンス理論

    「企業価値創造と説明責任を果たす、企業価値に貢献する重要な部門」──。海外の機関投資家からの評価も高く、独自のファイナンス理論を持つ、日本でも特異なCFO(最高財務責任者)、製薬大手・エーザイの柳良平・常務執行役CFOによるファイナンス部門の定義だ。2014年に発表された「伊藤レポート」の執筆も手が ...

  • 働き方改革は「ゆとり労働」と同義ではない

    2016年9月、内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置された。以降、政府主導で「働き方改革」が推進され、多くの企業が労働時間の見直しやテレワークの試験的な導入などを始めている。 長時間労働の是正、ワークライフバランスの尊重といった言葉が叫ばれる中、働く人、そして企業はどうあるべきなのか――。 現状 ...