Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界37カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 「風通し」の良い組織はツキを呼ぶ/三井化学 淡輪敏社長

    東京ベイエリアの高層ビルの中にある社長の執務室。その中央に、三井化学の社長、淡輪敏の本棚がある。経営の本が並ぶが、彼が影響を受けた本として真っ先に挙げたのが、意外にも荻生徂徠の『徂徠訓』だった。「30代半ばごろ、飲みに行ったお店で教えてもらいました」と、淡輪は笑うが、この本が彼の人生にとって大きな出 ...

  • 安定的な成長を続けるユニリーバの「強さの源泉」

    1930年の創設以来、国や文化をまたいでビジネスを行ってきたユニリーバ。英国とオランダに本社を持つ欧州企業の同社は、現在世界約190カ国に展開。世界最大級の消費財メーカーで“真のグローバル企業”だ。2016年よりユニリーバ・ジャパン・ホールディングス代表取締役を務める山崎一秀 ...

  • 自ら道を開いた日本の女性7人に聞く「私を支える言葉」

    自ら道を切り開くリーダーたちは、必ず自分を支え、鼓舞する「言葉」を持っている。昨年のForbes JAPANアワード女性受賞者7名に聞いた「私を支える言葉」。─これまで人生で一番支えられた言葉は?「Being understood is not the most essential thing in ...

  • 起業家が「大型資金調達」するために必要なこと

    南壮一郎が2009年に創業したビズリーチは、人材領域をインターネットの力で変革するHRテック・ベンチャー。即戦力人材と5800社以上の企業を直接繋ぐ国内最大級の会員制転職サイト「ビズリーチ」をはじめ、16年6月にはAIを活用した戦略人事クラウド「HRMOS(ハーモス)」など、働き方を変革する新たなサ ...

  • 日本企業が「欧州企業」から学べることが多い理由

    早稲田大学ビジネススクール准教授・入山章栄、デロイト トーマツ コンサルティング・パートナー・日置圭介が今、注目している「欧州企業」。日本企業の変革のヒントがそこにある。世界最先端の経営学を知る早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄と、日本企業に対し、世界で勝ち抜くための提言をしてきたデロイト ...

  • 世界に「睡眠革命」を起こすピーター・ティールの愛弟子

    眠りこそが、人類共通の至福にして、永遠の悩み──。寝具サイト「Casper(キャスパー)」が7000万ドル調達するなど、今、安眠法や寝具を提供する睡眠ビジネスが注目を集めている。「Hello(ハロー)」もその一つだ。ジェームズ・プラウド(25)が立ち上げた同社は、睡眠導入デバイス「Sense(センス ...

  • ハイヒール x ITで「痛みにさようなら」

    ハイヒールは痛くて当たり前──。そう信じて疑わない女性は、きっと少なくない。松本久美が開発に力を注ぐのは、痛みを感じないハイヒールを提案するオンラインサービス。足の写真と情報を登録すると、アルゴリズムにより、フィットする靴がECサイトからピックアップされる。そんな“バーチャルシューフィッ ...

  • 世界を変えた起業家・経営者30人の「凄い言葉」 vol.1

    ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、ラリー・ペイジ、マーク・ザッカーバーグー。いつの時代も変革に挑む“ゲームチェンジャー”の発明やアイデア、情熱が世界を変え、そこには彼らを突き動かす言葉があった。現代の世界的変革者30人が発した「凄い言葉」を、3回にわたって紐解いていく。1) ...

  • 日本長者番付クローズアップ パチンコ王・里見治が挑む大ばくち

    パチンコ王で馬主の里見治が打った大ばくちが、ついに実を結ぶかもしれない。今年の日本長者番付では資産額9億3000万ドル(約1030億円)で45位につけた里見。会長兼最高経営責任者(CEO)を務める遊技機・ゲーム大手のセガサミーホールディングスは今月、韓国のカジノ運営会社パラダイスグループと共同で、韓 ...

  • トヨタ社長らを輩出、米名門バブソン大が学生に聞く「3つの質問」

    「アントレプレナーシップ教育部門」の全米一に23年連続輝いているバブソン大学。現学長のケリー・ヒーリーにゲームチェンジのための起業家精神について聞いた。トヨタ自動車社長の豊田章男、イオン社長の岡田元也、佐藤製薬社長の佐藤誠一、村田機械会長の村田純一、スパークス・グループ社長の阿部修平─、日本を代表す ...

  • 日本長者番付クローズアップ 今年注目の5人を紹介

    フォーブスがまとめた今年の日本長者番付から、上位10位には入らなかったものの、ここ1年で世界の話題を集めたり、資産を大幅に増加させたりした5人を紹介する。誇り高きコレクター、前澤友作(14位)前澤の著名美術品に対する愛は、ここ1年間で存分に示された。2016年11月のクリスティーズのオークションでは ...

  • 日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

    フォーブスがまとめた今年の日本長者番付では、株式市場の活況が追い風となり、上位50位の4分の3近くが昨年から資産を増加させた。中でも好調だったのが、通信、テクノロジー、ゲームの3業界だった。今年の番付では、ソフトバンクグループ社長の孫正義が資産総額を204億ドル(約2兆2640億円)に増やし、ファー ...

  • 日本のトップCEO、起業家ら13人に聞く「私を支える言葉」

    自ら道を切り開くリーダーたちは、必ず自分を支え、鼓舞する「言葉」を持っている。昨年のForbes JAPANアワード受賞者13名に聞いた「私を支える言葉」。─仕事において、これまで一番支えられた言葉は?「前向きな諦観と後に繋ぐ情熱」宮永俊一/三菱重工業取締役社長CEO過去に、大きなトラブルで思い悩ん ...

  • ウーバーの成長の原動力、カラニックCEOの「問題解決型」思考とは

    ウーバーはなぜ、シリコンバレー史上最速の成長を実現し、世界最大のユニコーン企業になれたのか。その原動力には、カラニック流の創造的問題解決思考があった。ウーバー社の会議室で、トラビス・カラニックが雑音を遮断して考え込んでいた。グレーのポロシャツとチノパンに、黒のスニーカーを履いた彼は席を立つと、バスケ ...

  • ビジネスに理想的な国ランキング 今年も強い北欧諸国

    今回で11度目となったフォーブスUS恒例の「ビジネスに理想的な国ランキング」。世界銀行グループや世界経済フォーラム(WEF)をはじめとした国際組織が提供する、財産権や税率、汚職、株式市場、投資家保護など、11項目に関するデータをもとに世界139カ国をランキングした。首位に立ったのはスウェーデン。デン ...

  • 大企業若手が手を組む「One JAPAN」 40社250人の挑戦

    2016年9月に発足した、日本を代表する大企業40社の若手社員が集う有志団体「One JAPAN」。彼らは何を目指し、何に挑んでいるのか。「富士ゼロックスの共創プロジェクトで生まれた『クリエイティブコミュニケーションロボット』に、One JAPANのマッキャン・ワールドグループ、日本IBM、野村総研 ...

  • 今、リーダーに求められている「脱リーダーシップ論」とは

    ラグビーの「知性」と「野性」を巡る、コーチングディレクター中竹竜二の探求心2009年1月10日の「荒ぶる」中竹竜二には忘れられない試合がある。記憶は一足飛びに、冬の乾いた空気に「荒ぶる」が響き渡る、2009年1月10日の国立競技場へと遡る。大学選手権決勝戦、この日、早稲田大学は強豪帝京大学に勝利して ...

  • クレジットカードは「神社で選ぶ」時代がやってくる!?

    「古事記」や「日本書紀」に書かれている、日本建国に挺身したとされている武甕槌大神(タケミカヅチノオオカミ)を祀る、茨城県・鹿嶋市にある「鹿島神宮」。神武天皇元年(=紀元前660年)に創建された、全国にある鹿島神社の総本社だ。この鹿島神宮が、三越伊勢丹グループのクレジットカード会社エムアイカードとの提 ...

  • “情報”を”使える知識”に変える!ニュースアプリ徹底活用術とは

    日本人のスマートフォン保有率は60%を超え、ビジネスパーソンはいつでもどこでも情報を得られるようになった。それに伴い、ポータルサイト、電子新聞、ニュースアプリなどニュースを発信するメディアも多様性を増している。さまざまな情報の取得・活用が考えられるなかで、ビジネスリーダーはどのようにそれを行っている ...

  • 「地方」を変えるのは誰だ!? ローカル・イノベーター・アワード2017一般投票開始!

    東京からのオフィス移転、伝統文化と革新技術の融合、スタートアップ企業の急増……いま、地方の現場では、次々にイノベーションの種が芽吹いています。『Forbes JAPAN』6月号(4月25日発売)では、地方からイノベーションを起こすべく挑戦している人たちを特集します。今回、 ...