Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • ヒューマノーム研究所が考える、未来の人間の姿、価値観とは?

    「人間とは何か」という究極の問いに魅せられ、ヒューマノーム研究所を起ち上げた、リバネス副社長 井上浄。研究の先にみえてくる、未来の姿・価値観とは──。──自らの研究領域を超え、「人間を科学する」というかなり挑戦的なテーマに取り組んでいる現在、慶應義塾大学先端生命科学研究所の特任准教授として、山形を拠 ...

  • 第3新創業市、ソトものツアーズ 「関東・甲信越」を救う人、事業

    「地域を救う人、事業」。毎年、この特集で気づかされる「人間の本能」がある。小さな可能性を見つけて、それを広げる努力ができることだ。環境は千差万別。忘れ去られた伝統や習慣から最先端のテクノロジーまで、ヒントは全国に落ちている。アドバイザリーボード10組が推薦・投票した全国の事例から、得票数が高かったも ...

  • 来たる信用経済、わたしたちの生活はどう変わっていくのか?

    あなたは「貨幣が取って代わられる未来」を想像できただろうか──。中央銀行などの国家を主体として発行するわけではない仮想通貨や、不特定多数の人から少額の資金を調達するクラウドファンディングの台頭。ある人はお金よりも、所属するコミュニティでの承認を求め、貨幣の本来の機能であった「価値の交換」の概念が近年 ...

  • サッカーもビジネスも同じ 新興国のクラブ経営から学ぶ「プロ意識」の育て方

    先日開幕した2018 FIFAワールドカップロシア大会。開催地であるロシアの大勝から始まり、優勝候補との呼び声高いブラジルやドイツが初戦から苦戦を強いられるなど、刺激的な戦いが連日続いている。結果を左右するのは、当然ながら選手だけでなく、監督やスタッフ、フロントなどチームに関わるすべての人達によって ...

  • サッカーロシアW杯、VAR導入でレッドカードは増えるのか?

    2014年のFIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会で出されたレッドカードは、10枚だった。8枚にとどまった1986年のメキシコ大会より後の大会では、最も少ない数だ。また、ブラジル大会までに退場処分となった選手の総数は、160人に上っている。6月14日開幕したW杯ロシア大会では、前回大会より多くの ...

  • 「人間の生き方」を科学する、ヒューマノーム研究所の挑戦

    医療・ヘルスケア技術の進歩により、人の健康が約束される未来がやってきたら─。そのポストヘルス時代に向け、超異分野の研究者たちによる究極の問いを追究する旅が始まった。人間の設計図である遺伝子全体を意味するゲノム、タンパク質の総体を示すプロテオーム、さらには、神経回路全体を意味するコネクトーム&hell ...

  • 地域通貨、シェアビレッジ 「北海道・東北」を救う人、事業

    「地域を救う人、事業」。毎年、この特集で気づかされる「人間の本能」がある。小さな可能性を見つけて、それを広げる努力ができることだ。環境は千差万別。忘れ去られた伝統や習慣から最先端のテクノロジーまで、ヒントは全国に落ちている。アドバイザリーボード10組が推薦・投票した全国の事例から、得票数が高かったも ...

  • 海外VIPご用達、抜群の好立地|ザ・キャピトルホテル東急

    皇居の緑地に近い贅沢なロケーションに位置し、クオリティの高いサービスとプライバシー性の高さから、日本や海外のVIP客が頻繁に訪れる場所として知られる。 丸の内や日比谷、永田町といったビジネス、官公庁街にほど近くまた六本木の繁華街に隣接する抜群の立地が魅力だ。251室の客室は、すべて和モダンデザインで ...

  • 「成功した自分をイメージしよう」は科学的根拠のない自己啓発だ

    「成功した姿を思い浮かべる」という手法の自己啓発がある。しかし、富豪になった自分を想像したからといって、誰もが高所得者になるわけではない。もっと現実的な方法が古代にはあった。ポリネシア諸島やミクロネシア諸島の先住民は、多くの島を船で行き来していた。遺伝子の分析から、島民は台湾人との共通点があった。ま ...

  • 「野心」についての15の格言|格言録 vol.4

    成功に「野心」は欠かせない。しかし、足を引っ張るものにもなり得るだろう。未来への欲求、渇望、意思と人間はどう向き合ってきたのか。古今の洞察者たちの名言を見てみよう。At age 6 I wanted to be a cook. At 7 I wanted to be Napoleon. And my ...

  • 全米最難関のエリート大学生も解けない「電通の入社テスト」とは

    入試合格率は1.9%、現在世界で最も入学するのが難しいと言われているミネルバ大学の学生たちが、夏休みを生かして来日中だ。ブラジル、スイス、南アフリカ、パキスタンなど国際色豊かな20人の生徒が、東京で4週間のインターンシップを体験する。6月7日、来日5日目の彼らは汐留の電通本社にいた。2015年の世界 ...

  • 東京中心地の夜景を一望|ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

    エレベーターが36階のロビー階に到着して開いた瞬間、大きく広がるドラマティックな東京が目に飛び込んでくる。9mの高さの窓には横浜のアーティスト、野口真里によるネオンの滝のインスタレーションが映り、東京タワーの夜景に彩りを添える。 赤坂プリンスホテルの跡地、36階建ての東京ガーデンテラス紀尾井町の最上 ...

  • アイルランドの歴史を体験できるゴルフコースの魅力

    1997年に開場したばかりの新鋭、オールド・ヘッド・ゴルフ・リンクスは、大西洋に囲まれたダイヤモンド型の半島の先端にある。かつて地域を支配していたケルト人の影響を色濃く残す、アイルランドの歴史満載のコースの魅力に迫る。アイルランド南西部のコーク州、キンセールにあるこのオールド・ヘッド・ゴルフ・リンク ...

  • W杯開催地・ロシア 実はスタートアップ大国だった?

    ついに開幕した2018FIFAワールドカップ ロシア。ロシア代表チームは開幕戦のサウジアラビア戦で5-0と幸先良いスタートを切り、サポーター達はより一層盛り上がった。ロシアというと、何を想像するだろうか。米露関係のニュース、日本との領土問題、はたまたフィギュアスケートの話題など、ロシアに関して日常的 ...

  • 「地域と世界を混ぜる」最新のブランディング戦略

    地球規模でアイランダーを呼び込む石垣島の観光デザイン、世界の新潮流SBNRにフィットした伊勢市の「The Study of ISE」、地域から海外へと発信する最新のブランディング戦略。渡邉賢一は地域活性化のプロフェッショナルだ。独自の手法で地方創生のプロジェクトをいくつも成功に導いてきた。「自分のい ...

  • 起業都市トロントは「コミュニティ力」で生き残りをかける!

    伝統的に製造業で発展してきたカナダ・オンタリオ州とその州都トロント。今、その地がAIを基点に激変しつつあると聞き、カナダに飛んだ。「カナダに帰ってきたのは2003年、シリコンバレーのドットコムバブルがクラッシュした直後でした」 そう語るロイ・ペレイラは、トロントに拠点を置くAI秘書サービスZoom. ...

  • 料理のつくり方を教わらなくても、ミシュランシェフになれた理由

    フランス ニースに店を構え、世界を舞台に活躍する料理家・松嶋啓介と、SXSWなど海外の展覧会にも多く出展し注目されているメディアアーティスト・後藤映則との対談。第1回では、ふたりの原体験に基づくインスピレーションの受け方、作品の創造プロセスから、時間と空間の関係性について話を聞いた。対談第2回では、 ...

  • 見えないものを見えるようにする メディアアーティストと料理家の思考法

    「サントス ドゥ カルティエ」が生まれた理由。それは20世紀初頭、まだ懐中時計が主流だった時代に遡る。飛行家アルベルト・サントス=デュモンの「飛行中に時間を確認できる時計がほしい」との要望から、ルイ・カルティエがインスパイアを受け、世界初の実用腕時計として完成した。そして、テクノロジーが進歩し、アイ ...

  • 異色の直接金融「ドーガン」のカネ、ヒト、情け

    福岡・九州経済圏を「情」で支える、地域特化型の投資ファンド会社ドーガン。直接金融をいち早く地域に導入し、育ててきたエコシステムが花開こうとしている。ITバブルの真っ只中、2000年夏。その後ドーガン社長となる当時31歳の森大介は、夜中12時に福岡の繁華街、中洲のクラブに呼び出された。 相手は地元の大 ...

  • 「will」がないビジネスパーソンの問題点|松嶋啓介 x 岡島悦子

    年間200人の経営者のリーダーシップ開発を手がけ、“経営者のかかりつけ医”の異名を持つ岡島悦子氏と、フレンチの世界で早くから頭角を現し、フランス芸術文化勲章を授与された松嶋啓介氏。旧知の仲の2人が、松嶋氏の新刊『「食」から考える発想のヒント』(実業之日本社)を肴に、俯瞰した視 ...