Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界38カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 悪い成功、良い失敗[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    以前、元西武監督の広岡達朗氏が、プロ野球のテレビ中継で、解説者を務めていたときのこと。その試合中に、ある外野手が、大飛球を見事なダイビングキャッチでアウトにするという、素晴らしいファインプレーをした。それは、素人目には、まったく見事なプレーであり、アナウンサーも、「ファインプレーでしたね!」と、解説 ...

  • リスクテイクは脳へのご褒美か?[Forbes WATCH〜時の進化〜]

    英国のフリストン教授は、脳は未来に対する予測の誤差を最小にするように働いているという。脳はこれから起きることを無意識に予測し、神経細胞はその予測誤差を計算する。予測といっても何時間も先は予測できないが、常に先を予測してその誤差を小さくするよう生物は行動しているという。鳥や犬もちょっと先のことを予測し ...

  • ザッカーバーグを魅了! 「仮想現実端末」で未来を創る男

    数年前までバーチャル・リアリティ(VR)は、まだ小説や映画、アニメのなかの世界と思われていた。しかし昨年、IT大手「フェイスブック」が弱冠21歳の青年が起こしたVR端末の開発会社を買収。そして、大手電機メーカーも試作品を公開し、さまざまな産業がVRの製品開発に乗り出している。もう空想な ...

  • 大塚家具 大塚久美子代表取締役[10年後のリーダーたちへ]

    東京・有明にある大塚家具本社の広大なショールームを社長の大塚久美子と一緒に歩いていると、テーブルを見ていたカップルが「あっ」と声をあげた。「テレビに出ていた人だ」視線に気づいた大塚が、「いらっしゃいませ」と会釈する。経営方針を巡る一連の報道ですっかり有名になった大塚家具だが、いま、「新たに生まれ変わ ...

  • モンクレールを紐解く数字 3,951,384m[紳士淑女の豆知識]

    登山家たちの夢物語を演出したダウンジャケット。そこに隠された真実と、驚きの数字とは?3,951,384m/冒険家がダウンジャケットを着て踏破した総距離「そこに山があるから」。登山家がよく口にするセリフだ。カラコルム山脈に位置するK2は、世界第2位の高さながら、最高峰であるエベレストよりも登ることが難 ...

  • 日本人起業家がDNAシーケセンサー業界に革命を起こす!

    シリコンバレーで旋風を巻き起こす日本人起業家がいる。彼が起こそうとしている「破壊的イノベーション」とは。「いまはシリコンバレーに8割、日本2割の滞在バランスですね。製品開発のステージが進むと市場はアメリカにあり、開発経験のある優秀な人材もたくさんいますから」クオンタムバイオシステムズCEOの本蔵俊彦 ...

  • 人生を変える「無料MBAプログラム」講座 虎ノ門で開催中

    世界に羽ばたくビジネスエリートに必須の条件と言えるのがMBAの取得。欧米においては、日本以上にMBAの価値が認識されており、外資系企業の多くはMBAホルダーを経営のトップレベルに起用する。また、MBA取得後に起業する人々も多く、グローバルに活躍する仲間らと情報交換が出来ることも、MBAスクールに通う ...

  • 新世代の起業家100人に聞く「この人が凄い!」

    かつての日本には世界にその名を知られた「起業家」がたくさんいた。松下幸之助、本田宗一郎、盛田昭夫らはその代表だ。日本経済成長の原動力となった彼らは、われわれの生活を便利なものに変えながら、グローバル企業に成長した。今の起業家たちが目指すものもそれと同じだ。新世代の起業家が「凄い!」と思う起業家たちは ...

  • ソラコム 玉川 憲ーヒトとモノが共鳴する世界を!

    いま、大きく脚光を浴びているIoT向けプラットフォーム「SORACOM」。その背景には、創業1年目の起業家が描く、未来を変えるための強い思いがあった。「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)上にIoT(モノのインターネット)向けのプラットフォームがつくれればすごいのではないか」2014年、ソラコムCE ...

  • 「日本の起業家ランキング2016」特別賞は?

    Forbes JAPANでは、「日本の起業家ベスト10」の選定とともに4つの特別賞を設けた。「ビジネスモデル賞」「経営者賞」「成長ポテンシャル賞」「社会貢献賞」である。これら4つの特別賞も「日本の起業家ランキング2016」と同様に、ランキング評価委員会のメンバー8人の投票によって決定された。【ビジネ ...

  • 「未来の孫正義」を目指す若者たち〜20代起業家最前線〜前編

    自動車の走行ビッグデータを収集・解析し、自動車保険などのサービスへ展開するプラットフォーム事業を手がける「スマートドライブ」を2013年に起業した北川烈(26)の履歴書は、まるでエリートコースへの滑走路のようだ。慶應義塾大学商学部で金融工学を学び、見聞を広めるためにボストンへ留学、さらに東京大学大学 ...

  • 通貨の世界に大革命をもたらす「正当なる異端児」

    村口和孝(日本テクノロジーベンチャーパートナーズ)>> 朝山貴生(テックビューロ)私がこの起業家に投資した理由朝山貴生が創業したテックビューロは、暗号通貨サービスの開発・提供を行う企業。2014年6月に先端技術を開発するラボ企業として設立後、15年3月の1億円の資金調達と同時に、ビットコインとモナー ...

  • [時の哲学]vol.5 Breguet

    無駄のない洗練されたデザインは、残すべき“本質”を知らずして成り立たないもの。1775年創業のブレゲがいまなお守る「クラシック」シリーズには、時計の本質が息づいている。BreguetCLASSIQUE 5177手彫りのギヨシェ模様。8.8mmという薄いケースで紳士の腕にそっと ...

  • フォーブス・ランキング評価委員会「これからの起業家に求められる3つのこと」前編

    日本のスタートアップ業界に詳しい8人のランキング評価委員が講評した「日本の起業家ランキング2016」の結果から、いまの起業家の潮流と現在地を読み解く。「大型資金調達が近年相次ぐのは、これまでの日本にはなかった光景だ」(マネックスグループ・松本大社長) リーマン・ショック以降、冷え込んでいた日本のスタ ...

  • ベンチャー・キャピタリスト座談会「世界で戦う起業家」の種は蒔かれている!

    Under30の起業家をテーマに、East Ventures松山太河、ANRIジェネラルパートナー 佐俣アンリ、Skyland Ventures 木下慶彦、3人のベンチャー・キャピタリストが語る。松山:最近、日本の若い起業家には大きな期待が集まっていると感じます。それに合わせて若い人のマインドも変わ ...

  • スタイリスト高橋靖子[イノベーション女子]

    古希過ぎてなお、進化は止まらない!彼女こそ、“イノベーション女子”の先駆けだろう。74歳、現役スタイリストの高橋靖子、通称“ヤッコさん”。1960年代、確定申告書の職業の欄に、日本で初めて「スタイリスト」と記した。「あなたがスタイリストという言葉で申告 ...

  • 「研究開発型ものづくり」に挑む日本の星

    「ものづくり」こそ世界に誇る日本の本丸だ。これまで日本では、インターネット系の起業家が主流だったが、サイバーダインやユーグレナなど、大学発・研究開発型ベンチャーが成功を収め、ついに本丸で第2のソニーやホンダを目指す動きが始まった!研究開発型ベンチャー最前線ついに動き始めた「リアルテック・エコシステム ...

  • 「日本の起業家ランキング2016」1位は世界に羽ばたくメルカリ

    使わないモノを売って、そのお金でまた買う―。若者から高齢者まで支持を広めるフリマアプリの「メルカリ」が堂々No.1。ついにアメリカの攻略も実現間近か!?ーメルカリはスマホを使って、消費者同士が売り買いをする「循環型の新しい消費スタイル」を提供、2014年9月からアメリカでも開始しました。アメリカへの ...

  • フォーブス ジャパン厳選!スタートアップ有望株20社

    今後の活躍に期待の有望株20社をフォーブス ジャパンが厳選。現時点で未上場企業の中から、資金調達額、起業家・イノベーターとしての視座の高さ、成長・拡大が狙える経営陣、大企業との連携、事業の成長性を基準に選定した。Spiber関山和秀設立: 2007年9月従業員数: 97名(15年10月時点)資本金: ...

  • 2015年スタートアップ評価額ランキング

    近年、シリコンバレー発のスタートアップが次々と既存のサービスをデジタル化・効率化し、世界を席巻している。なかでも注目されているのが、非上場企業ながら、ベンチャー投資会社から10億ドル(約1,200億円)以上の評価を得ている企業だ。こうした企業は“希少で価値が高い”ことから伝説 ...