Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界37カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • 読んで良し、飲んでなお良し、贈っても良し!秋の美酒2選

    「白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」──若山牧水。すでに暦の上では初秋のいま、酒がよりおいしく感じられる季節となった。この秋おすすめの美酒を5つのキーワードで読解、ご紹介する。古来、酒は修道院や貴族など限定された富裕な人々によってつくられ、またそのつくり方は ...

  • ビッグデータで主治医を探すとこんな「革命」が起こる

    2011年の創業から調達額は1億ドル超、コストコやウォルマートも顧客。アメリカで急伸する、患者×医師マッチングサービスとは。グランド・ラウンズが提供するのは、「患者をベストな医師に引き合わせる」サービスだ。ベースとなるのは医師のビッグデータ。全米の医師数の96%に相当する約70万人のデー ...

  • 世界のIT長者100、日本からは3人がランクイン

    フォーブスは8月23日、世界のテック業界で自力で成功した人物を100人を選出する「テック業界の世界の長者リスト」を発表した。今年で3回目となる今回の番付では、上位100人の資産総計は昨年から21%増加し、1兆800億ドルとなった。その増価額(1890億ドル)の約半分は、株価が上昇したアマゾン(ジェフ ...

  • 急成長スタートアップCEOに聞く!データ経営が「社会的責任」である理由

    「なぜ、企業経営における『データ活用』が重要なのか。それは、『労働生産性向上』という国家レベルの課題解決に繋がるからです」そう指摘するのは、フロムスクラッチ代表取締社長の安部泰洋だ。2010年4月に創業された同社は、マーケティングプラットフォーム「b→dash」の開発・提供を中心に事業を展 ...

  • 口癖は「4倍速」 フィリップス堤社長の異色の経歴

    底抜けに明るく、礼儀正しい人だ。フィリップス・エレクトロニクス・ジャパンの社長・堤浩幸に会ったとき、多くの人はそのような印象を抱くのではないだろうか。丁寧なお辞儀をし、真っ直ぐに相手の目を見据えて明快に喋る。一つの質問に対して、10のキーワードを熱く返してくるような男である。「僕が自分について『ポジ ...

  • 組織を「家族」にする、セールスフォースの独自施策

    1999年の創業から、わずか18年。クラウドコンピューティング革命を牽引してきたセールスフォース・ドットコムは、これまで世界15万社以上に顧客管理(CRM)システムを導入した実績を持つ、言わずと知れた“CRM界の王者”だ。米フォーブスの「世界で最も革新的な企業」100社ランキ ...

  • ラーメンを世界へ、日本酒を宇宙へ 若き経営者の夢

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 海外展開か門外不出か、大チャンス時代の経営戦略とは

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 良い行動を習慣化させる、スターバックス流のフィードバック

    従業員満足度を高めることが、顧客満足度を高める──この考えを大切にしているのが、日本でもお馴染みのコーヒーチェーン「スターバックス」だ。同社は従業員のことを“パートナー”と呼ぶなど、一緒に働く人を大切にする。実際、同社が掲げる「6つの原則」での優先順位は、顧客よりも従業員のほ ...

  • クレームは会社にとって「ビタミン剤」のようなもの

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • 「業界研究」より「自社研究」 旭酒造と麺屋武蔵の共通点

    今や大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統の継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武蔵の矢都木二郎 ...

  • グーグルが掲げる「最高の上司」の8つの条件

    米Fortune誌が毎年発表している、米国版「働きがいのある会社ベスト100」。2017年の第1位にランクインしたのは、グーグル。同社は11年間で8度も1位を獲得。従業員エンゲージメントが高い、世界有数の企業だ。グーグルといえば、卓球台やボーリング場、マッサージルームが完備された独創的なオフィスに、 ...

  • 跡を継ぎたいと思ったのは「獺祭のうまさ」に気づいたから

    いまや大手企業をも揺るがす深刻な事態となっている後継者問題。二代目が見つからない、創業者との間に深い亀裂が生じるなど、大勢の経営陣が頭を抱えている。しかし飲食業界に、数多の経営者が苦悩する伝統や企業DNAの継承をサラリと行い、次なる挑戦を楽しんでいる2人の若き社長がいる。旭酒造の桜井一宏氏と、麵屋武 ...

  • 作りたい人と観たい人をつないだ「お金」の仕組み

    観客動員200万人を突破した映画『この世界の片隅に』は、クラウドファンディングの仕組みがなければ世に出ていなかったかもしれない。プロデューサー真木太郎が映画化プロジェクトに参加した13年の時点で資金調達の目途は立っておらず、14年暮れにはある投資家と破談。「内実はどうしようもなくなったから」(真木) ...

  • 米ローカルスーパーの店員がみなイキイキしている理由

    1916年に創業。100年以上の歴史を持つ、スーパーマーケットチェーンの「Wegmans(ウェグマンズ)」。同社はニューヨークなど6州に92店舗を展開している。ウェグマンズは米フォーブスが2017年に発表した「America’s Best Employers」で、10位に選ばれている。ウ ...

  • 全世界「160兆円市場」を狙え!「EC Camp2017秋」で学ぶ、越境ECの勝ち筋

    インターネットの普及とともに、拡大を続けているEC市場。野村総合研究所の予測によれば、国内におけるB2CのEC市場は2022年度までに26兆円規模に成長する見込みだ。最近では、ネットショップ作成サービスの登場など、ECサイトが手軽に構築できるようになったことで、中小企業・小規模事業者がEC事業に取り ...

  • ふたりの経営者が読み解く鬼才、レイ・クロックは「英雄か、怪物か」

    米ハンバーガーチェーン、マクドナルドの創業者レイ・クロックを描いた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』が公開されている。レイ・クロックといえば、冴えないセールスマンから一転、52歳のときに出会ったハンバーガーショップを世界最大のチェーンに創り上げた男だ。Forbes JAPANは7月27日 ...

  • マイクロソフト×NPOの「若者支援」が成功している理由

    マイクロソフト、JPモルガン・チェース、ウォルマート、リクルート、新生銀行──グローバル企業をはじめ、多くの大企業が手を組む、若者支援NPOがある。認定NPO法人育て上げネットだ。若年者就労基礎訓練プログラム「ジョブトレ」を基盤に、多角的な若者支援事業を実施する同団体は、2004年のNPO法人化以来 ...

  • 「海賊とよばれた男」主人公から読み解く、働く喜びのある会社の作り方

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、昨年東京証券取引所マザーズ市場に上場したアトラエの新居佳英CEOが「海賊とよばれた男」を紹介する。「なぜ、アーティストやスポーツ選手のように、情熱や誇りを持って仕事をしているビジネスマンは少ないのか ...

  • パフォーマンスの高い社員を昇進させるのは間違い?

    パフォーマンスのいい社員とパフォーマンスの悪い社員、どちらを昇進させますか? あなたがマネージャーだったとして、パフォーマンスのいい社員を昇進させるとすれば、もしかするとその判断は間違っているかもしれません。それは「ポテンシャル」という観点を全く考慮していないからです。とはいえ、マネージャーは、&l ...