• 「黒田バズーカ」で吹き飛ばされる人たち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日銀の金融緩和で衝撃を受けるのは、何も市場関係者だけではない。すでに、その余波が一般の消費者や大企業の経営陣を襲おうとしている。 (中略)黒田総裁は、その動きをあざ笑うように突然、金融緩和をした。市場に資金を供給するということは、少なくとも短期的には日本株の上昇要因になる。すなわち、日本 ...

  • “HP史上最高のCEO”メグ・ホイットマン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    苦境にあえぐ老舗大企業ヒューレット・パッカードに、三顧の礼で迎え入れられたCEO、メグ・ホイットマン。問題山積の2年を乗り切り、すでに同社史上最高のCEOとも評される彼女の「突破力」とは。 イーベイの最高経営責任者を経て、現在、ヒューレット・パッカード(以下HP)の舵を取るメグ・ ...

  • 安倍昭恵・ファーストレディ外交で目撃した「女ならではの働き方、生き方」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    Most active First Ladyといえば、この人だろう。嫌韓の罵詈雑言に臆せず、日韓友好を訴える。被災地からミャンマー、そして防潮堤への異論を唱えに自民党本部にも乗り込む。 長靴姿で水田にも入る、かつていない首相夫人の特別インタビューをお贈りする。  「震災後、横の連携を使 ...

  • 横田響子 私は女性社長たちの “パシリ”なんです!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    小渕優子は大臣室で横田響子に会うと、「ウェブ飲み会私も参加できるじゃん!」と喜んだ。子育てをしながらビジネスを始める女性たち。その姿を語る横田に、大臣は身を乗り出した! 小渕優子が経済産業大臣を辞任する前、大臣室に10人の女性起業家を招いたことがあった。政府が女性の起業を支援し ...

  • 小林りん 新しい価値観を子どもたちと! 軽井沢で花開くISAKの夢

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    炎天下のフィリピンで小林は疑問を感じた。ストリートチルドレンの識字率向上プロジェクトに関わりながら、「これで貧困の再生産を解決できるのか」と。 社会を変えるにはどうすべきか。到達した答えとは 「社会構造を変えるには、世の中にインパクトを与 えられるリーダーを育成するしかあり ...

  • スプツニ子! “常識”をアップデートする! 世界を虜にする、リケジョの挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    本人の言葉を借りると「もともと引きこもり」だった。だがYouTubeで作品を発表し続け、それらがキュレーターの目に留り、気づけば理系の最高峰MITメディアラボからラブコールを受けるまでになっていた。そのエネルギーは、いったいどこから生まれるのか。 昨年、スプツニ子!が発表し ...

  • 山本典子 母性とバイタリティで生み出す 「看工連携」イノベーション

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「これって、子どもたちが喜んでくれるかな」。小児病棟、急性期病棟で働いてきた看護師が患者のことを思ってつくる商品。国際交流基金が、「新現代日本のデザイン100選」として世界への出展を決めた、人の心に触れる、温かなイノベーション! 「看工連携」をご存じだろうか。メディカル企業 ...

  • イネステーラー笠章子 仕事を続けたいなら結婚しなさい! 「グローバル企業広報」の伝道師

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「最近の若い女性社員は地味な子が多い」と嘆く彼女が見せてきた「悪目立ちたがる生き方」とは何か「ファイブミニ」「ポカリスエット」を大ヒットさせながら、大塚製薬を辞めて、外資系の異なる職種を渡り歩いた彼女の成功と挫折からは、多くのヒントが見えるはずだ。 (中略)彼女の最初の成功は、大塚 ...

  • 長谷川閑史 「女性力」を活用しなければ 会社も社会も滅びる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    豊富な海外経験を有し、陣頭指揮を取って自社のグローバル化を進めつつ、「経済界きっての論客」として経済同友会代表幹事も務める。そんな国際派が危機感を持って推進しているのが「女性の活用」である。 そして、それは企業だけの問題ではなく、日本全体に関わる問題でもある。 (中略)私は2003年 ...

  • 新井紀子 人工知能のスペシャリストが観る 「人類×機械」の創造的未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    掃除機からネット上の広告まで、人間の痒いところに手を伸ばすように、 いまや生活に人工知能があふれている。 この学習する機械は、いずれ多くの職業を奪うだろう。 そんな危機感の中、新たな未来社会を紡ぎ出そうとするのが、新井紀子教授だ。 優しさにあふれた未来社会を創る数学者― 。そんなキャ ...