• アディダスも認めた3Dプリンター企業「Carbon」の技術力

    Amy Feldman , FORBES STAFF

    3Dプリンター業界のユニコーン「カーボン(Carbon)」は11月12日、3種類の樹脂製品の価格を大幅に値下げした。同社の狙いは3Dプリント技術をさらに普及させることだ。共同創業者兼CEOのJoe DeSimoneは次のように述べている。「3Dプリンターはもはやプロトタイピング向けではなく、量産向け ...

  • 売れ残りの商品の廃棄、それはブランドを守るのか?

    福屋 剛 ,

    今年7月、英高級ブランドのバーバリーが、2017年に売れ残った自社製品(服やアクセサリー等)、総額2860万ポンド(約42億円)相当を焼却処分していたニュースが話題となった。バーバリーは「過剰在庫を最小限にするための慎重なプロセスを行っている」と説明し、「商品の廃棄が必要な際には責任ある方法で行って ...

  • 創業時からのスピリットを受け継いだ、カール F. ブヘラらしい腕時計

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    レトロ調の最新モデルここ数年、時計界のトレンドのひとつに復刻モデルがある。過去にあったモデルを現代の技術で蘇らせた腕時計である。だからデザインは、どこか懐かしい感じで、スーツスタイルなどにあわせやすい。レトロ調の最新モデルといったところだろうか。カール F. ブヘラにも復刻ではないが、過去のモデルか ...

  • 消費財メーカーは大手より「小規模」に強み M&A増加の一因に

    Andria Cheng , Contributor

    顧客の獲得において消費財(CPG)メーカー大手はもはや、従来の優位性を失っている。170億ドル(約1兆9300億円)を超える米国のCPGメーカー全体の売上高のうち、小規模企業が占める割合は2013年以降、増加し続けている。市場調査会社IRIが10月に発表した報告書によれば、年間売上高が1億ドルに満た ...

  • 元難民が創業、チャットボットが「かかりつけ医」になる日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国発のスタートアップ、バビロン・ヘルスが提供する医療相談チャットボット。英国民保健サービスやルワンダが採用、米国やアジアでの展開もしている。身体の不調を感じた時、まずは医師ではなくチャットボットに相談、必要なら医師とのビデオチャットや医療機関での診察を予約。処方薬を近所の薬局で受け取ることもできる ...

  • 困難こそが人生を彩る 起業家に必要な3つの素養とは?|塩田元規

    Venture Navi ─ドリームインキュベータ ,

    2010年の創業以来、モバイル/スマートフォン向けゲームでヒット作を数多く手がけ、成長を遂げてきたアカツキ。2016年3月に東証マザーズ上場、2017年9月には東証一部への市場変更も果たした。同社を牽引する代表取締役CEO 塩田元規氏に、起業家の素養や組織づくりのポイントなどについてドリームインキュ ...

  • 15億円以上を調達した「30歳未満」のスタートアップ5社リスト

    Alexandra Wilson , FORBES STAFF

    フォーブスは先日、毎年恒例の「30アンダー30」リストを公開。20の業界で活躍する、30歳未満のイノベーターや起業家ら600名を選出した。ここではその中から、資金調達額の点で際立った存在感を誇る企業と、その創業者たちを紹介してみたい。レストラン業界に革命を起こすスタートアップとして注目なのが、米ボス ...

  • ラクスル松本恭攝「現状を否定できる会社が成長していく」#STARTUPAWARD

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これからの日本を動かす起業家は誰か──Forbes JAPAN創刊時から毎年開催し、恒例企画となっている「日本の起業家ランキング」。その2019年版が11月22日に発表される。「日本の起業家ランキング」に選出されてきた、起業家の多くは上場もしくはM&Aによるイグジットなど、次なるステージへと ...

  • 大人になっても鍛えられる 「地頭の良さ」とは何なのか

    尾原 和啓 , Official Columnist

    これまでの時代において「学歴」は、人の能力を保証する資格として機能するものでした。しかし変化の時代に突入した今、アメリカではすでに10代の若者が、大学に入ることなくグーグルにスカウトされるようなことが起きています。もはや学歴ではなく、本人の能力そのものが評価される時代がきたということです。そこで最近 ...

  • 「秀でた才能」を伸ばす! ジョンズホプキンズ大学の名物プログラム

    小林 りん , Official Columnist

    そのプログラムは、一人の好奇心旺盛な少年との出会いから始まった──。1979年、ジョンズホプキンズ大学の教育学研究に端を欲したCenter for Talented Youth(以後CTY)プログラムは、これまでに述べ150万人の才能ある生徒たちの好奇心に火をつけてきた。きっかけは、創業者の教授が一 ...