• コーヒーが好まれるのはなぜ? 興味深い「心理的」影響が明らかに

    Alice G. Walton , CONTRIBUTOR

    コーヒー好きなら誰でも、その豊かな香りや気分が安らぐ温かさ、いれたてのコーヒーを入れたカップを手に腰を下ろす習慣がもたらす感覚などから、コーヒーを飲むことが複雑でニュアンスに富んだ経験であることを知っている。だが、コーヒーは苦く、必ずしも「最もおいしい」と感じられる味ではない。実際のところ、私たちは ...

  • 日本のサイバー担当大臣は「コンピュータが使えない」

    Davey Winder ,

    日本政府のサイバーセキュリティー戦略を担う桜田義孝大臣は、これまでコンピューターを使った経験がないという。大臣は自身でそれが事実であると認めている。バンコクポストは、11月14日の国会で桜田大臣が「25歳の頃から従業員や秘書に任せてきた。自身ではコンピューターを使用しない」と発言したと報道した。英紙 ...

  • 米スタバがアリババ提携で狙う「4億人の中国ミレニアル層」

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    米国のスターバックスと中国のアリババは今年8月、中国で事業提携を行ない、アリババ傘下のフードデリバリー「ウーラマ(餓了麼、Ele.me)」を活用し、コーヒーの宅配を開始すると宣言した。両社の提携は中国で高まる新たな小売業のかたち「ニューリテール」の台頭に備えるものだ。ニューリテールとは小売分野にAI ...

  • マクラーレンで鈴鹿を激走、日本初「ホット・ラップ」体感。720S特別試乗体験、受付開始

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    英国に本拠を置くF1のトップコンストラクター「マクラーレン」。2009年を境にレース界だけでなく、ロードカー(市販車)市場にも本格参入し、現在はF1での地位の奪還とともに、スーパーカーの販売で、「McLaren」というブランドを再構築している。今回、Forbes JAPAN編集部は、まさにF1が開催 ...

  • 脱・コピー機 「課題解決型のサービス企業」を目指す富士ゼロックスの戦略

    久世 和彦 ,

    富士ゼロックスの玉井光一社長は11月15日、新型デジタルカラー複合機の発表会で、創業から56年を経て、コピー機メーカーからオフィスの課題をトータルで解決するサービスを提供する企業へと進化させていく姿勢を強調した。「複合機はこれから飛躍的に伸びていく事業ではありません。しかし、複合機を中心に、AIなど ...

  • キャリアチェンジしたいと思ったら 自問すべき3つのこと

    Ashira Prossack , Ashira Prossack's Forbes Blog Contributor

    キャリアチェンジは社会人として最も大きな決断のひとつだ。今選ぶ変化が、将来に影響を及ぼす。どうすれば、自分は正しい決断をしたと確信できるだろう? 検討すべき重要な要素はいくつかある。1. なぜキャリアを変えたいのか自分がしようとしていることの理由を理解すれば、ぶれずに前へ進み、より良い決断を下すこと ...

  • 無能だった私を変えてくれた凄い人たち──クリエイティブディレクター 横尾嘉信さん(前編)

    松尾 卓哉 , Official Columnist

    このコラムでは、私の仕事の仕方、向き合い方を根本から変えてくれた恩人を紹介します。業種は違っても、何かを極めた一流の人たちの言動は、きっと、皆さんの仕事に役立つこともあると思います。6人目の今回は、クリエイティブディレクター(CD)の横尾嘉信さんです。アヒルのテレビCMでお馴染みのアフラックの担当C ...

  • 知的障害者が造るワインに、人々が酔いしれる理由

    なかの かおり ,

    新酒の季節。栃木県足利市に、山の急斜面を切り開いた畑でブドウを育て、ワインを造る「ココ・ファーム・ワイナリー」があります。国際線のファーストクラスやサミットでも採用されるワインを造るのは、併設の施設「こころみ学園」で過ごす知的障害のある人たち。11月にはブドウ畑で新酒を味わう収穫祭が開かれ、全国から ...

  • ラグジュアリーEC「ファーフェッチ」、流通総額10億ドル超の見込み

    Andria Cheng , Contributor

    いまどきの高級志向の消費者は、オンラインでも平気で高額の買い物をするようになっている。例えば、2万9400ドル(約330万円)もするエルメスのヴィンテージのバーキンもポンと買ってしまう。そんな中、ラグジュアリーファッションに特化したECプラットフォーム「ファーフェッチ(Farfetch)」の流通総額 ...

  • ミラティブが「NEXTメルカリ」と断言できる理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    赤川隼一が2018年2月に設立したミラティブは、スマホ向けライブ配信プラットフォーム「Mirrativ(ミラティブ)」を運営。同社は、赤川が執行役員を務めていたDeNAの新規事業をMBO(経営陣による買収)して立ち上げた。ゲーム実況・生配信で成長を続け、8月にはユーザーがアバターを操作しながらライブ ...