• 洗練の乗り味を堪能できる、極上のラグジュアリーネス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アウディのセリングポイントは?と聞かれれば、多くの人が“クワトロ”と答えるだろう。それほど四輪駆動の存在を強烈に印象づけたプレミアム・ブランドは珍しい。しかし、アウディの真骨頂は“軽量化”にある。その証左にネッカーズルム工場には、軽量化技術に特化した研 ...

  • 17歳のトランスジェンダーが語る「あなたは一人じゃない」という思い

    Madeline Berg , Forbes Staff

    かつてドラマ「gleeグリー」のシーズン6に、JJ・トタという名前で出演した俳優が今年8月、トランスジェンダーであることをカミングアウトした。「私の性別は女性で、正確にいうとトランスジェンダーの女性だ」と、彼女は「タイム」のオンライン版で告白した。それと同時に、彼女は今後ジョージー・トタ(Josie ...

  • PRマネージャーと映画監督 異色の兼業はなぜ実現できたのか?

    砂押 貴久 ,

    日本社会が「働き方改革」を謳うようになってから、外資系IT企業やスタートアップ企業の斬新な働き方は注目されているものの、まだまだファッションやビューティー業界の働き方は全体的に“お硬い”企業が多い。残業は当たり前、副業はもってのほか。何か別のことに挑戦したければ退職しかない。 ...

  • 外観はほとんどそのままに「激変」 進化したジープ・ラングラー

    ピーター ライオン , Official Columnist

    11年という歳月は、多くを変えてしまうに十分の長さだ。アップルストアに初めてiPhoneが登場したのは今から11年前で、それから10回以上アップグレードされてきた。映画「トランスフォーマー」は2007年に封切られ、その後11年間に続編4本が制作された。来月には6作目が上映される。自動車の世界での11 ...

  • ルルレモンが火付役の「アスレジャー」人気が続く理由

    Richard Kestenbaum , CONTRIBUTOR

    アスレチックウェア・ブランドのルルレモンが「ヨガパンツ」を売り出してから、20年が経過した。古くから行われてきたヨガには現在、適切なウェアが不可欠なものになっているようだ。調査会社NPDグループによれば、スポーツウェアの市場規模はボトムスとレギンスだけで、およそ10億ドル(約1135億円)に上ってい ...

  • 人気フレンチを閉店、世界的シェフが「四川料理」を選んだ理由

    仲山 今日子 , Official Columnist

    「今の四川料理は厚化粧をした美少女のようなものだ。その素顔の美しさを伝えたい」アンドレ・チャンの刺激的な言葉で、イベントはスタートした。アンドレといえば、去年10月、シンガポールにあるミシュラン2ツ星のモダンフレンチ「レストランアンドレ」の閉店を発表した有名シェフ。アジアのベストレストラン第2位に輝 ...

  • 週に一度のグランピング出勤? 地方創生の鍵は副業にあり

    守屋 美佳 ,

    白馬の「八方尾根開発」が運営する国内最高クラスのグランピングフィールド「FIELD SUITE HAKUBA produced by Snow Peak」(以下、「FIELD SUITE HAKUBA」)が来春、白馬八方尾根スキー場にオープンする。宿泊費は1泊2日で8万6400円となる予定だ。この事 ...

  • 自然か人工か 健康と幸福を左右する「光の選択」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    技術を活用することで、薬剤を使わない新たな興味深い治療法が生まれる。こうした治療の選択肢からは、人間の生理学的側面を維持管理する新たなアプローチが生まれることもある。光が持つ可能性については臨床診療の分野で確立されているが、デジタルヘルス分野でも面白い機会点をもたらしてくれる。私たちは光の中に生きて ...

  • 「次世代のテイラー・スフィフト」と呼ばれる14歳の少女

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    現在14歳のグレース・ヴァンダーウォールは、2016年にオーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」で優勝した。同年リリースした「パーフェクトリー・インパーフェクト」は年間で最も売れたシングルとなり、ストリーミングの再生回数は6億7500万回以上に達した。一部では「次世代のテイラー・スフィフト ...

  • 米貿易赤字が12年ぶり過去最高を更新か トランプには皮肉?

    Ken Roberts , Contributor

    米国勢調査局の最新のデータによると、米国の貿易赤字は今年、12年ぶりに過去最高を記録することがほぼ確実な見通しだ。ドナルド・トランプ大統領の任期中に記録が更新されることになるのは、皮肉だと言えなくもない。トランプは大統領候補だったころから一貫して、中国をはじめとする各国がどれほど米国を利用し、それが ...