• モンクレールを紐解く数字 3,951,384m[紳士淑女の豆知識]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    登山家たちの夢物語を演出したダウンジャケット。そこに隠された真実と、驚きの数字とは?3,951,384m/冒険家がダウンジャケットを着て踏破した総距離「そこに山があるから」。登山家がよく口にするセリフだ。カラコルム山脈に位置するK2は、世界第2位の高さながら、最高峰であるエベレストよりも登ることが難 ...

  • アベノミクスの行方[グレン・S・フクシマの知彼知己]

    グレン・S フクシマ , CONTRIBUTOR

    知日派のアメリカ人の間では、日本経済の行く末について懸念が高まっている。「アベノミクス」は、安倍晋三政権発足直後の2012年12月の発表時には、アメリカ国内で、エコノミストや産業界、オバマ政権から幅広い支持を受けていた。持続的な経済成長達成のための大胆な金融政策、機動的な財政政策、成長戦略からなる「 ...

  • アップルが買収の「感情認識」技術 出会い系サイトでも活用

    Brian Solomon , Forbes Staff

    近い将来、アップルはiPhoneのカメラを使ってユーザーの喜怒哀楽を判別できるようになるかもしれない。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、アップルは顔認識システムを開発したスタートアップ、Emotientを買収した。Emotientの技術が優れているのは、顔を認識するだけでなく、人の顔の表情か ...

  • 血液検査だけでがんを発見? Illuminaの新会社にビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾスも投資

    Matthew Herper , FORBES STAFF

    血液検査だけで初期がんを発見する――そんなSFのような話を数年内に実現することを目指しているのが、時価総額240億ドル(約2兆8,300億円)のバイオテクノロジー企業、Illuminaだ。低コストで効率の良いDNAシーケンスのパイオニアである同社では、1億ドルを投じて新会社GRAILを設立、汎用がん ...

  • ゆとりある老後は実現不可能? 米フィデリティが調査

    Ashlea Ebeling , FORBES STAFF

    退職後に向けた蓄えは人並みに準備できているだろうか?アメリカ人の多くがこれについて、「C」判定の状況にあることが分かった。投資会社フィデリティはこのほど、退職後のための準備状況をインターネット上で判定できるサイトを開設した。所得が同じ他の人たちと比べ、自分の準備がどの程度進んでいるかをA~Cの判定で ...

  • 世界のM&Aにみられる今年の傾向

    Forbes.com CONTRIBUTORS , CONTRIBUTOR

    世界各国で今年も昨年と同様、非常に活発な買収取引が行われると見込まれている。米イントラリンクスが企業の買収・合併(M&A)を専門とする680社を対象に行った調査結果をまとめた「ディール・フロー・プレディクター」(DFP)によると、回答者の50%が買収に関する現在の環境を「楽観視」しており、4 ...

  • 食中毒で売上急減の米、チポトレ 株価は既に40%下落

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    メキシコ料理店をチェーン展開する米チポトレ・メキシカン・グリルで昨年発生した、大腸菌、ノロウィルスによる集団食中毒事件はその後も尾を引いている。食の安全性への不信感は拭われず、顧客の足はますます遠のいているようだ。チポトレは、規制当局に対する報告書で、昨年12月の既存店ベースの売上高が30%急落した ...

  • 百貨店メイシーズがリストラ&店舗閉鎖 暖冬で売上低下

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米百貨店大手メイシーズは、低迷する売り上げと第3四半期の減収減益を受けた経費削減策の一環として1月6日、一連の店舗閉鎖と人員削減について発表した。メイシーズは、昨年閉店した4つの店舗に続き、全米の770店舗中36の店舗を今春にも閉鎖する計画だと言う。人員削減策では、全米に36店舗を構える傘下の高級百 ...

  • リーマン並みの危機が到来? ソロスの予言を点検してみた

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    著名なヘッジファンド・マネージャー、ジョージ・ソロス氏は静かに警告を発している。1月7日、ソロスは「現在の市場の混乱は2008年のリーマン危機を思い出させる」と語った。その日、中国市場の下落は制限幅の7%に達し、取引は停止。原油価格は18カ月連続の下落で、1バレル33ドルとリーマン危機の際を下回る水 ...

  • 日本人起業家がDNAシーケセンサー業界に革命を起こす!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーで旋風を巻き起こす日本人起業家がいる。彼が起こそうとしている「破壊的イノベーション」とは。「いまはシリコンバレーに8割、日本2割の滞在バランスですね。製品開発のステージが進むと市場はアメリカにあり、開発経験のある優秀な人材もたくさんいますから」クオンタムバイオシステムズCEOの本蔵俊彦 ...