• 「おせっかい4.0」で突破せよ! イノベーション女子

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    きっかけは、ほんの小さな気づきだった。「なんで」「どうして」「こうしたらいいのに」―。 考えだしたら止まらない彼女たちは、ひた走りながら、味方を見つける。仲間に引き込む。この巻き込み力が起こす高次元の化学反応を私たちは、「おせっかい4.0」と名づけようと思う。 「FOVE」とは、目の動きでコンピュー ...

  • マンU 株放出で480億円の資金調達

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    マンチェスター・ユナイテッド(以下、マンU)の時価総額は、英国サッカーの商業的成功と、プレミア・リーグの英国での新規テレビ放映契約により、2013年から17%伸びた。マンUは発行株式を増やして4億ドル(約480億円)を調達する意向だと、AP通信は報じている。 マンUはグレイザー一族が保有している球団 ...

  • アップル株は「買い推奨」 ウォール街アナリストらが分析

    Maggie McGrath , Forbes Staff

    アップルがiOS9のアップデートを9月16日に公開以来、ネット上にはiPhoneユーザーらの苦情が相次いだ。動作が遅くなったという声もあれば、端末がフリーズしてしまうという声もある。しかし、そんな問題はさておき、ウォール街はアップルの将来に楽観的だ。 9月18日に公開された2つのリポートによると、間 ...

  • 中国版ウーバー、「滴滴快的」創業者はアリババ出身

    Liyan Chen , Forbes Staff

    多くの中国人のホワイトカラーたちと同様、Cheng Wei は路上でタクシーを拾うことの面倒さに悩まされていた。アリババに8年間勤務した彼は、北京から杭州のアリババ本社に出張する途中、タクシーが拾えず飛行機に乗り遅れることが度々だった。 3年前にアリババを退社した彼は中国で勃興期にあったタクシー配車 ...

  • 熊谷正寿 GMOインターネット代表取締役会長兼社長・グループ代表 [CEO’s LIFE]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「一切ブレずに、ぶっ飛んだ生き方を」 日本初の独立系ネットベンチャーとして36歳の若さで株式公開。以来、第一線を走り続け、本誌ビリオネアでも常連に。GMOインターネットグループ代表・熊谷の“常識にとらわれない”生活とは? ―グループ84社を束ね、日々お忙しいかと思います。どの ...

  • スタバの成功を生んだ 「感性」と「ロジック」のキャッチボール

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「梅本龍夫・定説を覆したチーム力」 「コーヒーは男性の飲み物」「全面禁煙なんてムリ」―。1995年に日本に進出したスターバックスは、そんな定説を次から次へと覆してきた。 スターバックス コーヒー ジャパンの立ち上げプロジェクト総責任者を務めた梅本龍夫(59)は、逆転の背景には「感性とロジックの絶妙な ...

  • 中国主席と並んだIT業界29名 フェイスブックCEOは北京語で懇談

    Liyan Chen , Forbes Staff

    一枚の写真が、語り尽くせないほどの事実を語っている。今週、中国の国家主席・習近平が米国を訪問したが、そこで撮影された集合写真は中国のハイテク外交にかける期待の大きさを表している。 9月23日、習近平はシアトルで開催された8回目の米中インターネット産業会議のためにマイクロソフト社を訪れた。インターネッ ...

  • キューバで始まったAirbnbブーム 米国との国交正常化に期待

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    大抵のキューバ人がそうであるように、アレンハデロ・ポルティレスは人生の大半、政府が管理する仕事に携わってきた。獣医として、政府所有の農場で勤務した後、政府が運営するフードサービス事業の管理者となった。 数年前にオールド・ハバナでフードサービス事業の運営を引き継ぐよう求められた彼は、公務員を退職してキ ...

  • ソフトバンクも参戦中 世界の「配車アプリ」出資競争 

    Ellen Huet , FORBES STAFF

    ライドシェアリング・サービスの大手企業たちが、共通のゴールに向けて手を組み始めた。そのゴールとは、業界最大手のUberを倒すことだ。 9月16日、Uberのライバル企業のLyftとの提携を発表した中国企業、ディディ・クアイディはこれまで、密かにグローバルネットワークの構築に取り組んできた。8月には、 ...

  • 日本の開業率が12%だった頃

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    川村雄介の飛耳長目 昭和34年の盛夏であった。商店街のラジオからは、おなじみの歌謡曲が流れていた。零落感のあるセリフが挟まる。「うふ…、平ひら手て造み酒きも、今じゃやくざの用心棒人生裏街道の枯かれ落おち葉ばか。」(大利根無情、猪又良作詞)。 平手造酒はもともと江戸の名門、千葉周作道場の俊英だったが、 ...