ランキング1位には投資家のウォーレン・バフェットがランクイン。
(Photo by: Adam Jeffery/CNBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

フォーブスは、慈善事業の調査団体Philanthropic Research Institute(PRI)と協同で、2014年に多額の寄付をした資産家のリストを作成した。このリストは寄付の誓約や預託金ではなく、実際に寄付された金額(受け手が受け取った金額)を基にして作成されている。

上位に並ぶのはマイケル・ブルームバーグ、ウォーレン・バフェット、ビル・ゲイツ、ジム・ウォルトン(ウォルマート創業者一族)と、フォーブスの「米国で最も富裕な400名(Forbes 400)」にも選ばれた、全米トップレベルの富豪らだ。ウォルトン一族は過去2年間、多額の寄付を行ってきたが、その額は彼らが築きあげた富のわずか4%に過ぎない。

そうかと思えば、デューティーフリーショッパーズ(DFS)の共同創業者チャック・フィー二―は、自らのビリオネア生活を返上し、昨年は4億3400万ドル(約520億4000万円)を寄付している。過去何年にも渡り、学校や研究施設の建設事業に推定総額70億ドル(約8395億円)を寄付した彼は、現在は借家住まいだ。

トップ10名のうち8人はビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが立ち上げた寄付プラットフォーム「Giving Pledge」を通じ、総資産の半分以上を慈善事業に寄付することを約束している。

2012年に米医療用具大手シンセスをジョンソン・アンド・ジョンソンに213億ドルで売却したハンスヨルグ・ウィスは、2013に9500万ドルを寄付した後、2014年には更に慈善活動に力を入れ、モンタナ州とワシントン州の712平方キロメートルの森林の再建保全を目的とした1億3400万ドル(約160億円)規模のプロジェクトへの寄付をはじめ、総額2億2800万ドル(約273億円)を寄付した。

ジェームズ・シモンズ夫妻も、昨年は寄付額を増やした。ヘッジファンドのルネサンス・テクノロジーズを率いる「クオンツの帝王」は、妻と共に数学と科学教育研究のために3億3100万ドル(約397億円)を寄付した。2013年には2億7000万ドル(約323億8000万円)を寄付している。

1位:ウォーレン・バフェット
2014年の寄付額: 28億ドル(約3360億円)
累計寄付額: 227億ドル (総資産の37%)

2位:ビル & メリンダ・ゲイツ夫妻
2014年の寄付額: 13億ドル
累計寄付額: 315億ドル (総資産の41%)

3位:ジョージ・ソロス
2014年の寄付額: 7億3300万ドル
累計寄付額: 114億ドル

4位:マイケル・ブルームバーグ
2014年の寄付額: 4億6200万ドル
累計寄付額: 37億ドル

5位:チャック・フィー二―/CHUCK FEENEY
2014年の寄付額: 4億3400万ドル
累計寄付額: 70億ドル

6位:ウォルトン一族/WALTON FAMILY
2014年の寄付額: 3億7500万ドル
累計寄付額: 53億ドル

7位:ジェームズ・シモンズ夫妻/JAMES & MARILYN SIMONS
2014年の寄付額: 3億3100万ドル

8位:ハンスヨルグ・ウィス/HANSJOERG WYSS
2014年の寄付額: 2億2800万ドル
累計寄付額: 7億9300万ドル

9位:ゴードン・ムーア夫妻/GORDON & BETTY MOORE
2014年の寄付額: 2億2000万ドル
累計寄付額: 28億ドル

10位:イーライ・ブロード夫妻/ELI & EDYTHE BROAD
2014年の寄付額: 2億200万ドル
累計寄付額: 41億ドル

文=Katia Savchuk(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO